徹夜で限界だと思った時に一発で目が覚める5つの方法

徹夜で限界だと思った時に一発で目が覚める5つの方法

勉強や仕事で徹夜になったとき、ただひたすらに没頭していると徐々に眠気が限界に達し、もうふらっふらになってしまいます。

無意識に前へ後ろへと頭が激しく揺れ始め、”起きなきゃ”という気持ちとひたすら戦います。そして気がついたらそのまま何時間も眠ってしまって、あわてて飛び起きる!なんてことも。

徹夜って実際にはとても過酷なんですよね。眠気、集中力、体力、気力のどれもが限界に達してしまいます。眠気に襲われるだけでなく、やるべきことが進まなくなってしまっては徹夜する意味がなくなってしまいます。

この記事では、そんな徹夜で限界だと思った時に一発で目が覚める5つの方法をご紹介します。乗り越える自信がない・・・と不安に思っている方も、これを読んで貴重な一日にお役立てください。



 

徹夜で限界だと思った時に一発で
目が覚める5つの方法

 

30分未満の仮眠


徹夜で眠気が限界に達してしまったら、少し仮眠を取るというのが実はとっても効果的です。眠気や疲労感がリセットされてすっきりします。ただし眠る時間は15分から30分にしましょう。それ以上だと眠りが深くなり、目覚めたときに逆にだるくなります。また、アラームをかけた途端眠れなくなるというタイプの方もいると思いますが、大丈夫です。目をつぶっているだけでも十分疲れは取れますので、無理に眠ろうとしなくても良いということを頭の片隅に置いておいてください。

眠気覚ましドリンク


眠気をとる効果があり、徹夜のお供とされているエナジードリンクや眠気覚ましドリンク。眠気が限界に達した、ここぞというときにはやはり効果的です。このドリンク系は種類が豊富なのでいろいろ試してみてお気に入りの一品を決めておくのも良いでしょう。

リップクリーム&クール系目薬


“ミントやメントールが配合されているリップクリームを目の下に塗る”。実際にわたしも受験勉強で徹夜をしたときによくやっていた方法です。瞬間的に目が覚めます。パチッと。やや涙も出ます。しばらくするとまた眠気はきますので、何度か塗る必要がありますがとても効果的な方法です。刺激が強すぎる場合は鼻先に塗っても効果がありますよ。また、クール系の目薬は目の疲れを取り、一瞬で目が覚める効果があります。情報のほとんどは目から脳に入ってくると言われています。目をリフレッシュさせることで脳まで一気にすっきりとします。ただし疲れていればいるほど、さしたときに思わず”あぁーーー”と声が出てしまうのでオフィスで使用する際は要注意です。

アップテンポの音楽


しーんとした部屋やゆったりめの音楽が流れる部屋ではあっという間に眠気に襲われます。気分転換にダンスミュージックやロックなどの自分の好きなアップテンポの音楽を聞いてみてください。気持ちが高まって、”よし、頑張るぞ”という気持ちになります。ただし音が大きすぎると集中できなくなりますので、休憩のタイミングで聞いてその後は小さな音量で流しましょう。

一石二鳥のアイスクリーム


“一気に体を冷やすと眠気が覚める”と”甘い物を食べると血糖値が上がり脳が活性化される”という2つの効果を併せ持つのがアイスクリームです。ちょっとしたブレイクタイムに是非取り入れてみてください。甘い物好きな方には気分転換のリフレッシュにもなります。

いかがでしたでしょうか。
徹夜をしながらもう限界!と思ったときに刺激する場所はとにかく目と脳です。目と脳の疲れをすっきりさせて、気分が高まる音楽を聞く。それだけで限界から脱出できます。ずっと同じ姿勢でいるのなら、少し体を動かしてみるのも効果的です。他にも、マッサージやツボを刺激するなど個人差はありますがリフレッシュできる方法はたくさんあります。どれも簡単に実践できそうな内容ばかりなので、徹夜で限界を感じたらいろいろ試してみて自分にぴったりの目覚まし方法を見つけてください。

まとめ

徹夜で限界だと思った時に一発で目が覚める5つの方法

・30分未満の仮眠
・眠気覚ましドリンク
・リップクリーム&クール系目薬
・アップテンポの音楽
・一石二鳥のアイスクリーム

 

彩~Sai~