誰でも隠し持つからこそ知りたい毒母の特徴とその子どもの末路

誰でも隠し持つからこそ知りたい毒母の特徴とその子どもの末路

最近ドラマやバラエティなどメディアでもよく耳にするようになった「毒母」という言葉、自分には無関係だと思っていませんか?

この言葉のイメージはとても重く、暗いですよね。「私は毒母ではない。」と思っている人も多いでしょう。しかしながら「子どもにとって毒である」という可能性は誰しも必ず持っているのです。

子どもに対する自分の振る舞いを今一度見直してみてください。思い当たる点はありませんか?「もしかして私も毒母かもしれない。」と感じたあなたは、落ち込むのではなく今後の育児を見直すよい機会だと思ってください。

人間ですから、自分のことを客観的に見るのはとても困難です。少しでも毒母についての理解を深め、子どもにとって安心できる母でありたいですね。 続きを読む・・・