気になる相手に送る飲み会のお礼メールで喜ばれる5つのフレーズ

気になる相手に送る飲み会のお礼メールで喜ばれる5つのフレーズ

飲み会に気になる相手がいて、お礼のメールを送りたい…そんな時、あなたならどうしていますか?

気になる相手だからこそ少しでも良い印象を持ってもらいたいし、また一緒に過ごす機会を作りたいですよね。

かといって都合だけ良い相手にもなりたくないので、いかに相手に好意や興味をもってもらえるかがメールのポイントとなります。

メールを送るポイントとしては、飲み会後すぐに送るということも好印象ですが、飲み会後すぐのお礼メールは、お互いアルコールが入っているためぼんやりした記憶であるということもあり、あえて次の日に送るとさらに印象が強くなります。

これは気持ちが冷静になり誤字脱字しにくくなること、『まだ俺の事覚えてくれていたんだな。』と思ってもらえるなど、一晩時間を置いた方がメリットが多いのです。

ただ時間が経ちすぎても印象が悪くなってしまうので、午前中のうちに連絡を入れるのがベストでしょう。

せっかく気になる相手がいるのですから、飲み会のお礼メールで他の人と差をつけましょう。 続きを読む・・・

取引先との飲み会のお礼をメールでしてはいけない7つの理由

取引先との飲み会のお礼をメールでしてはいけない7つの理由

皆さんは取引先との飲み会に参加する機会はよくありますか?同僚や気心知れた上司との飲み会なら多少は気楽に参加できますが、他社との飲み会だと身構えてしまいますよね。所属する部署が営業部、またコンサル系の仕事などで取引先と頻繁にやり取りがある部署に所属する人は、飲み会と言えども大切な仕事の一環として、取引先との飲み会に参加していることでしょう。どちらがクライアントであるかにもよりますが、飲み会の後のお礼に抜かりはありませんか?最近の若い人はメール文化が定着しているせいか、何でも手軽にメールで済ませようと、飲み会のお礼までもメールでサラッと、ありきたりの文面で済ませてしまう人がいるようです。それでは年上や年配の取引先の方々への印象があまり良くありません。今日は飲み会後のお礼がメールだけではいけない理由を7つご紹介します。 続きを読む・・・