パワハラ上司をストレスなく上手に転がす5つのテクニック

パワハラ上司をストレスなく上手に転がす5つのテクニック

みなさんは仕事で上司からパワハラ被害を受けたことがありますか?

パワハラ被害とは、罵声を浴びせられる。身体的暴力を受ける。

わざと加重労働をさせられる。病欠や有給を許可してもらえない。

残業や休日出勤を強要される。などがあげられます。

周りに相談できるような人がいれば良いですが、人に言えずにストレスを抱え込んでしまい、精神疾患などの病気に繋がることもあります。

仕事を頑張ることとパワハラを我慢することは違います。

今回は、パワハラ上司をストレスなく上手に転がす5つのテクニックを紹介します。

パワハラ上司にされるがまま我慢するのではなく、逆に上手に扱ってストレスを溜めないようにしていきましょう!是非参考にしてみてください。 続きを読む・・・

パワハラの有罪判例から学ぶ気を付けたい7つの言動

パワハラの有罪判例から学ぶ気を付けたい7つの言動

パワハラと聞いて多くの人が思い浮かべやすいのは、上司が部下に執拗に叱責をし、部下が精神的な屈辱を受けるという状況ではないでしょうか。

実際にそのような判例も多く、また告訴までしなくてもそのような状況になった事がある、聞いた事があるという事例も数多いと思います。

言い方が多少乱暴であっても、業務内容から外れていなければパワハラとは言えないとされることもあり、また乱暴な言葉も1度きりではなく何度も何度も繰り返されるような事があればパワハラに該当することもあります。

こういった叱責・侮辱・脅迫により身体的な傷がなくても精神的な障害を患うことも少なくありません。

今日は指導のつもりで行った言動がパワハラと受け取られていないか、また身近で見た対応がパワハラなのではないかと疑問を持っている方へ、どんな発言や行動がパワハラと認められるのかについての判例をご紹介致します。 続きを読む・・・

パワハラ上司を心理テクニックを使って上手に撃退する7つの方法

パワハラ上司を心理テクニックを使って上手に撃退する7つの方法

人間関係とは、とかく人生において難しいものです。特に職場の人間関係は、様々な事情も手伝ってそう簡単にはいきません。特にその相手が上司である場合、しかも質の悪い上司である場合、力関係のルールのままにあなたが行動することで、最悪の状況を招きかねません。あなたに非がある場合は別として、運悪く人間性に問題のある上司が就いてしまった場合は、その上司自身のミスを巧みにあなたのせいにされたり、上手くいかないことを八つ当たりされたり、ストレスのはけ口に暴言を吐かれたり、というパワハラを上司から受けてしまうことでしょう。今日はパワハラ上司を心理テクニックを利用することで撃退する方法を7つ見てみましょう。 続きを読む・・・