初心者でも失敗しないホットヨガの服装選び9つのポイント

初心者でも失敗しないホットヨガの服装選び9つのポイント

2000年代前半からブームになっているヨガ。美容と健康維持の一つの方法として特に女性を中心に高い人気を保っていますね。
もともとはインド発祥ですが、日本で流行しているヨガは、ニューヨークスタイルの影響を受けています。ヨガの中でも美容やダイエット効果が特に高いと言われるのがホットヨガです。
室温40度、湿度55%程度の高温多湿環境でポーズを行うホットヨガは、デトックス効果の高さと、初心者でもポーズが取りやすいことが特徴です。今日はホットヨガ未体験という方でも気軽に始められるよう、どのような服装を選んだらいいのか、そのコツをお伝えします。
高温多湿環境で失敗しない服装のポイントをゲットしてホットヨガを楽しみましょう。 続きを読む・・・

ダイエットのやる気を今度こそ持続できる7つの方法

ダイエットのやる気を今度こそ持続できる7つの方法

気候がよくなり、外に出る機会も多くなってくると、自然と気持ちもウキウキしてきます。気持ちが前向きになると、ちょっと外出するのにもオシャレをして出かけたいものです。しかし、いざショッピングに出かけてかわいい洋服を試着してびっくり。体型が変わってしまって服が入らない、あるいは服は入ったけれども、なんだか体型が気になって似合っていない・・・なんてことありませんか。今年こそはダイエットに成功しておしゃれな服を着るぞ!と意気込んだものの、やる気がなくなってすぐに辞めてしまった、という方も少なくはないはずです。ダイエットをする理由は人それぞれですが、目標はただ一つ!理想の体型になること。そこで今回は、ダイエットが長続きするための7つの方法をご紹介します。 続きを読む・・・

中性脂肪が低いとなにがいいの?7つの利点

中性脂肪が低いとなにがいいの?7つの利点

普段から健康に気を付けている人でなくても、中性脂肪という言葉は耳にする機会が多いと思います。体についた余分な贅肉が気になりだしてはいませんか。こうした贅肉の大部分は中性脂肪と呼ばれています。皆さんの頭の中では、ついつい「中性脂肪=肥満」と思いがちですが、そもそも中性脂肪は体を動かすエネルギー源となる大切な物質です。食事などで脂質を摂取すると、体内に吸収され生命維持活動に利用されます。ですが、使いきれなかったエネルギーは中性脂肪として蓄積され、皮下脂肪になります。中性脂肪が高いと、動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳卒中といった病気の原因にもなります。また、中性脂肪は肝臓で合成されるので、多くなると肝機能が低下し肝硬変や肝臓がんに移行する可能性があるなど、血管や肝臓に関する病気になる恐れがあります。中性脂肪はエネルギーとしては私たちにとって有効なものですが、過度な中性脂肪は体に悪影響をもたらします。そういう点からも中性脂肪の数値が低いに越したことはないようですね。今日はもっと具体的に、中性脂肪の数値が低いと(正常値以内)得られるメリットについてお教えします。 続きを読む・・・

ストレスで食欲が増えても安心!7つの糖質カット術

ストレスで食欲が増えても安心!7つの糖質カット術

毎日仕事で忙しいと、仕事のストレスを食べる事で解消したい時もあります。しかし、ただ食欲に任せて食べてばかりいると、体重が増えてしまいます。最近は炭水化物を制限すれば、カロリーを抑えられるというダイエット法が流行っています。これは基本的に主食のご飯やパン、パスタ、イモ類などを食べず、またお砂糖が入ったお菓子や揚げ物も一切食べません。でもこれだとご飯好きやパスタ好きな方には、逆にストレスが増えてしまうかもしれません。今日はそれほど厳しい糖質制限をしなくても気軽にカロリーダウンできる方法をご紹介します。ストレスで食欲が増えてしまった時のプチダイエットの参考にしてください。 続きを読む・・・