姑が孫の面倒をつい買って出てしまう5つの上手なお願いテク

姑が孫の面倒をつい買って出てしまう5つの上手なお願いテク

結婚して子供が産まれると色々大変なことも出てきます。小さい子供を連れての買い物やお出かけはとても大変ですし、同窓会や結婚式など、子供を連れては行きづらい状況もありますよね。

上手に周りにサポートをしてもらいながら、息抜きをする状況作りは結構重要な事です。

旦那さんやお友達、兄弟やサポートセンターなど、いざというときに見てもらえる所を確保しておくはもちろんですが、一番お願いしたいのはお姑さんではないでしょうか。

今回は、お姑さんに自ら孫の面倒を買って出てもらえるようなお願いテクを紹介します。上手にお願いして、気持ちよくお姑さんに孫の面倒を見てもらいましょう。



 

姑が孫の面倒をつい買って出てしまう
5つの上手なお願いテク

 

普段からばぁちゃん大好きにする


おばぁちゃん大好き!と言われて嫌な気持ちになる姑はいないです。まずは孫がおばあちゃんのことを好きになるように行動する様に心がけましょう!ちょっとしたことでも「おばあちゃんがしてくれたんだよ!嬉しいね!」「おばあちゃんのこと大好きだもんね!」と子供に自覚してもらうことも大事です。なついてくれるならいつでも面倒見るわよ!と言ってくれやすい状況作りを自ら作っていきましょう。

姑がキャパオーバーにならないように配慮する


ある日突然丸一日お願い!なんて言われてもお姑さんも困ってしまいます。子供の特性などをしっかりと伝えて、短時間からならしていくと良いでしょう。そうすることで、お姑さんからも孫を見ることに抵抗が少なくなっていき、自信も出てきます。それでも小さな子供と長時間関わることはとても体力のいつ事なので、無理にならない時間などはしっかり話し合うことが大切です。

姑を子育ての先輩として持ち上げる


姑には安心して預けられる。と伝えることや、子育てでわからないことは姑に聞くと勉強になる。など、頼りにしている事を普段からしっかりと伝えることが重要です。子育てには口出ししないで!という態度だと、どんなに可愛い孫だろうと、面倒を見るのも恐縮してしまいます。気持ちよく見てもらうためにも、上手に姑を持ち上げておきましょう。

終了時間をしっかりと伝える


何時までには必ず迎えに来ます。と終了時間を明確にすることによって、お姑さんもお迎えまでの時間、計画を立てやすくなりますし、気持ちも楽になるでしょう。買い物などで預ける際には、終わり次第急いで戻りますね。と急いで用事を済ます事を伝える事も効果的です。お姑さんから「大丈夫だからゆっくりしておいで!」なんて言ってもらえるかもしれません。

子供から直接お願い・お礼をさせる


おばあちゃんの家に遊びに行きたい!とか、お泊まり言ってもいい?など、直接孫に言われると、なかなか駄目とは言いづらいものです。そして帰宅するときにはしっかりお礼を言うようにしましょう!孫から「おばあちゃんありがとう。楽しかった。」なんて言われたら、、又遊びに来てね!って言われるはずです。そして、もちろん自らもお礼やフォローをしっかりとすることを忘れないでください。

いかがでしたか。
普段からの孫との関わりによって、いざというときに面倒を見てくれるかどうかが決まってきます。環境や生活環境によっても違いはあるでしょうが、普段から孫の成長をマメに報告したり、直接会う機会を増やすことや、電話する様にすると良いでしょう。子供は母親が好きな人をちゃんと見ています。嫁姑関係は大変なこともたくさんあるとは思いますが、気持ちよく孫を見てもらう為にも、くれぐれも子供の前で姑の愚痴などは言わないように気をつけてくださいね。

まとめ

姑が孫の面倒をつい買って出てしまう5つの上手なお願いテク

・普段からばぁちゃん大好きにする
・姑がキャパオーバーにならないように配慮する
・姑を子育ての先輩として持ち上げる
・終了時間をしっかりと伝える
・子供から直接お願い・お礼をさせる

 

彩~Sai~