出産した女友達に持っていきたい喜ばれるお見舞い品7選

出産した女友達に持っていきたい喜ばれるお見舞い品7選

仲の良い女友達から「産まれたよ」と出産報告をもらうと、すぐにでも赤ちゃんを見に行きたいものです。しかし産後のママはデリケートで、お見舞いは赤ちゃんとママに配慮してこそ喜ばれるものです。それと同様に、お見舞い時に持っていくお見舞い品にも気を遣い、相手に喜ばれるものを選びたいものですよね。出産は病気時の入院と異なり、入院期間も限られています。さらに赤ちゃんのお世話もしなければなりません。そこで今回は、出産した友達が喜んでもらえるお見舞い品7選をご紹介いたします。友達がもうすぐ出産と言う方、すでにお見舞いに行くのが決まっているけどお見舞い品に悩んでいるという方、是非参考にしてみてください。



 

出産した女友達に持っていきたい
喜ばれるお見舞い品7選

 

食べ物は日持ちのするものを選ぼう


お見舞いに持っていく定番の物と言えば、「お菓子」「お花」「フルーツ」と思い浮かべる人も多いはずです。しかし産後のお見舞いに普段の「お見舞い定番の品物」を持っていくと、反対に迷惑になることがあります。
例えばお菓子などの甘いものは、乳腺が詰まりやすくなるため母乳のことを考え控えているママが多くいます。またフルーツなどの生ものは日持ちしないため、いただいてもなかなか食べきらず捨てることになる可能性があるのでNGです。
お菓子を持参するなら小分けになった焼き菓子などで、日持ちがするものを選びましょう。ママが食べられない場合でも、他にお見舞いに来た方におすそわけしたり、退院後に食べることもできます。フルーツを選びたいようでしたら低カロリーで日持ちのする「フルーツゼリー」も喜ばれるアイテムの一品でおススメです。

花束ではなくフラワーアレンジメントがお勧め


お見舞いと言えば「花束」と言うくらい花は定番の品物です。花を持参するなら、匂いのきつい花は避け、色や種類にも気を付けましょう。また花束は花瓶が必要となり、水替えの手間もいるためNGです。花をお見舞い品として選ぶなら、そのまま飾れる「フラワーアレンジメント」がお勧めです。
フラワーアレンジメントは彩り豊かな花がたくさん生けてあり、どの角度から眺めても華やかに見えます。また水の手入れもとても簡単ですので負担も軽く、いただいた方が喜ぶこと間違いなしです。場所によっては生花の持ち込みを禁止する病院もありますので、その場合には、「プリザーブドフラワー」でも代用できます。

授乳中でも飲める飲み物


授乳しているママは、とにかく喉がとても乾きます。そんなママを気遣って、授乳中でも飲める飲み物を持参するのはいかがでしょうか。お茶や水はもちろんのこと、手軽に飲めるジュースや母乳がたくさん出るハーブティーなどがお勧めです。
飲み物はペットボトルや缶に入ったものですと、ごみの分別やごみの量が増え、かえって気を使わせることになりますので、飲みきりサイズの紙パック飲料やスティック状で水に溶かして飲むタイプ、または紅茶パックなどが良いでしょう。
またコーヒーや紅茶などには通常カフェインが含まれているため、ノンカフェインの飲み物を選ばれるときっと喜ばれます。

暇つぶしには雑誌や本がお勧め


出産した友達が初めての出産なのか、二人目以降の出産なのかによっても入院時の生活は変わってくるものです。初めての出産の場合、赤ちゃんのお世話も慣れないため息つく暇もないくらい時間に追われます。しかし2人目以降になると、ママも一度育児を経験している分、少し余裕が出てきます。二人目以降のママには、ホッと一息ついたときに読める雑誌や本などもお勧めです。ただし、雑誌や本は何冊も持っていくと退院時の荷物が重くなるので気を付けましょう。雑誌によっては通常版サイズ以外にもミニ版サイズのものもあります。ミニ版サイズの雑誌はベッドの脇にも置きやすいので便利ですね。

ご飯のお供になるもの


入院先の病院によって出される食事はさまざまです。中には毎日豪華な食事が出るという病院もあれば、学校の給食のような食事という病院もあります。特に総合病院では一般的な病院食を出すところが多く、量も限られています。そんな時、「のり」「ふりかけ」「佃煮」など、ちょっとご飯のお供になる物があるとありがたいものです。しかし、あまりたくさん持っていくと、やはり食べきれないので、小袋タイプに小分けしてあり、日持ちするものがお勧めです。

入院時に重宝するテレビカード


病室にはテレビが設置されているところが多いですが、病院により(特に総合病院などでは)テレビは専用のテレビカードを買って見るタイプがあります。
ママもちょっと息抜きにテレビでも・・・と見ていると、思いのほかすぐにテレビカードがなくなってしまうものです。そんなママのためには、手土産にテレビカードを持って行くことをお勧めします。
テレビカードは退院時、残った分については病院から返金されるので、無駄になることがありません。ただし病院によってはシステムが異なるため、事前に返金ができるかは確認しておいてもいいですね。

迷ったら本人に直接聞く


いろいろ考えたけれど、何がいいか迷って分からない・・・と言う時は直接本人に聞くのが一番です。すでに何人もお見舞いに来ていて、色々な手土産をもらっているという場合もあります。できれば本人が希望するものが一番いいですよね。そして、もう一つ気を付けなければならないのが病院側の意向です。病院によっては「生もの、生花は衛生上ご遠慮ください」と決まっていることもあります。直接本人に聞いて、持って行ってもいいもの、駄目なものを確認すると良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。
今回は出産した女友達に持っていきたい喜ばれるお見舞い品をご紹介いたしました。お見舞い品は何がいいか悩むところですが、なによりも「出産おめでとう!」と、病室をノックして喜びを一緒に分かち合うことが一番喜ばれます。また初めて産後のお見舞いに行くという方は、お見舞い品の内容はもちろんですが、最低限のマナーを守ることも重要となります。
病室に入ったらまず最初に手をきちんと洗い、消毒しましょう。また少し体調が優れない場合などはマスクをして病室を訪れることをお勧めします。
そして相手の体調と赤ちゃんの事を最優先に考え、お見舞いに行きましょう。あなたの優しい気配りにお友達もきっと喜んでくれるはずです。

まとめ

出産した女友達に持っていきたい喜ばれるお見舞い品7選

・食べ物は日持ちのするものを選ぼう
・生花よりもブリザードフラワーがお勧め
・授乳中でも飲める飲み物
・暇つぶしには雑誌や本がお勧め
・ご飯のお供になるもの
・入院時に重宝するテレビカード
・迷ったら本人に直接聞く

彩~Sai~