ストレスでめまいを感じたらまずやってほしい7つの事

ストレスでめまいを感じたらまずやってほしい7つの事

日頃の家事や育児、さらに仕事などでストレスを抱えるという方も多いのではないでしょうか。ストレスが積み重なると、体のあちこちに症状が出てくるようになります。中にはストレスからめまいが起こり、天井がグルグル回ったり、フワフワと身体が浮くような感覚に見舞われて、辛い思いをしている人もいるかもしれません。めまいは、ストレスや自律神経の乱れが内耳や脳幹の働きを阻害してなると考えられています。まためまいだけではなく、同時に耳鳴りの症状が出る方も多くいるのです。そこで今回は、ストレスでめまいを感じたらまずやってほしい7つの事をご紹介いたします。日頃からストレスを感じている人は、急にめまいが起こった時の対処法として是非参考にしてみてください。



 

ストレスでめまいを感じたら
まずやってほしい7つの事

 

大きく深呼吸して落ち着く


精神的に強いストレスや、悩み事などの心理的原因によって起こるめまいを、『心因性めまい』といいます。主な症状としては、視界がグルグルと回って見える『回転性めまい』と、身体がフラフラとふらついて動いているように感じる『動揺性めまい』です。急にめまいが起こったら、まずは大きく深呼吸をして落ち着いてください。特に、急激なストレスの場合(会社で上司に怒られた。誰かに一方的に攻撃されたなど)は、脳がパニックになっている可能性があるので、気持ちを落ち着かせることが大切です。

頭を心臓よりも下にさげる


めまいが起こったら、とにかく頭を下にさげてください。めまいは、頭に血液が届かないことで貧血状態や酸欠状態になっているのです。頭に血液や酸素が行くように、頭を心臓よりも下にするようにします。そうすることで血液や酸素が頭まで届き、めまいがかなり楽になります。しかし、頭を下げるともっとクラクラする場合は『良性発作性頭位めまい症』(特定の頭位を取ることで回転性のめまいが起きる病気)の可能性があるので、その場合は頭を下げないようにしてください。

めまいを抑えるツボを押してみる


めまいは、自律神経や緊張からくるコリや血行障害により起こります。そんな時は、めまいを抑えるツボをおして血行を良くしてみてください。『翳風(えいふう)』耳たぶの裏のくぼみの部分になります。そこを痛気持ちいいくらいの力で3秒ゆっくり押して、ゆっくり離す動作を5回繰り返しましょう。耳たぶをもみながら引っ張るのも良い方法です。『風池(ふうち)』後頭部にあるうなじのちょうど外側のへこんだ部分です。両手で側頭部を包み込むようにして親指を風池にあて、親指で風池を押さえて頭頂に向かって持ち上げるようにゆっくりと力を入れて少し痛みを感じる程度に刺激します。ぜひ試してみてください。

頭の中での考えをシャットアウトする


ストレスによるめまいは、緊張や不安から自分自身を守ろうとするために起こっているのです。「もし失敗したらどうしよう」「また怒鳴られたらいやだな」とあれこれ考えすぎてしまい、考えても答えが見つからないので頭がショートしている状態なのです。めまいが起こったら、頭の中の考えをシャットアウトしてみてください。余計なことを考えないようにします。それでも考えてしまう人は「あ、めまいがきたきた。まわってる~グルグル~」と楽しい感じで全く関係のない事を考えてみてください。そうすると、脳が「めまいを起こすほどでもないか」と錯覚し、めまいが徐々に治まってくるはずです。

横になって目をつぶる


色々試してみたけれども、めまいが改善されない時は横になり安静にしてください。めまいを起こしたとき、立っているとフラフラして気分も悪くなってしまいます。また、天井がグルグル回って見えることもあるので、横になって目をつぶりましょう。目に入る刺激を減らすために、テレビやパソコンも消して静かな場所で横になるようにします。横になっている時に色々と考えてしまうかもしれませんが、余計な考えはシャットアウトしてくださいね。

水分を取るようにする


めまいが起こったら、水分の補充も忘れずにしてください。ストレスはもちろんのこと、水分をしっかりと取れていないとめまいを起こしやすくなってしまいます。めまいは血流が関係していますが、水を飲んで血流を良くしてみましょう。また、水を飲むことで緊張がほぐれて気分が落ち着くことがあります。気分が落ち着くと、いっぱいだった頭の中に少し余裕が出来るので、めまいも少し緩和されることがあります。ただし、大量に水を飲めば良いという訳ではありません。飲み過ぎには注意してください。

念のため嘔吐に備えておく


めまいがひどくなると、頭痛や嘔吐の症状も現れます。念のために嘔吐に備えておいて下さい。横になる時も締め付けない服に着替えて、洗面器と水分の用意も忘れないでください。気分が悪い場合に無理は禁物です。また、首を冷やすと副交感神経を落ち着かせることができるので、徐々に吐き気とめまいが解消されていきます。一度試してみてください。

 

いかがだったでしょうか。
ストレスからくるめまいを治すには、ストレスの原因を取り省く必要があります。すぐに解決できる場合もあれば、考えても解決しない事もあるはずです。考えても解決しないのであれば、あえて考えないようにしてみるのも一つの方法です。誰でも、全くストレスがない生活をすることは難しいので、日頃からストレスを発散する方法を見つけておくと良いでしょう。それでもめまいを繰り返す場合は、我慢せずに病院に行くことをお勧めします。ストレスからくるめまいを毎回我慢して、それがまたストレスにならないように上手にストレスを発散させてくださいね。

まとめ

ストレスでめまいを感じたらまずやってほしい7つの事

・大きく深呼吸して落ち着く
・頭を心臓よりも下にさげる
・めまいを抑えるツボを押してみる
・頭の中での考えをシャットアウトする
・横になって目をつぶる
・水分を取るようにする
・念のため嘔吐に備えておく

 

彩~Sai~