女友達の結婚式スピーチでみんなを泣かす7つのネタ

女友達の結婚式スピーチでみんなを泣かす7つのネタ

大切な友達から結婚式でスピーチを頼まれたら、嬉しいですよね。でも当日緊張してしまって、何も話せなかったり、思わず新婦の失敗談などを話してしまい、せっかくの晴れの日を台無しにしてしまったという話を聞く事もあります。大切な友達の結婚式のスピーチで失敗などすれば、一生後悔する事になってしまうかもしれません。スピーチの内容は前もってエピソードを集めて、大勢の前でも話せるようにしっかり練習をしておきたいものです。でも、どんな話をすれば良いかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方の為に、女友達の結婚式で感動させ、泣かせるスピーチのネタをご紹介していきますので、これらを参考に、新郎新婦だけでなく会場にいるゲストみんなを感動させられる話をしてみましょう。



 

女友達の結婚式スピーチで
みんなを泣かす7つのネタ

 

新婦が自分を助けてくれた話


友人スピーチでは、新婦の人柄の良さを話す事が多いようです。でも、ただ優しいとかしっかりしているという言葉だけではなく、みんなによくわかるようなエピソードを思い出して話してみましょう。長く親しい付き合いがあるのなら、お互い助けたり助けられたりした事があるのではないでしょうか。例えば自分が失恋した時、仕事で失敗した時など何か落ち込んでいる時に、新婦が親身になって話を聞いてくれ、勇気づけてくれたなど、そんな話でも構いません。何かアドバイスをもらったなどではなくても、ずっと傍にいてくれた事で落ち着けたなどでも良いです。ジッと話しを聞いてくれる人は、聞き上手で安心出来るものです。新婦が友達の事で親身になってくれ、自分が救われた事がゲストに伝わるように話しましょう。

新婦が苦難を乗り越えた話


反対に新婦が辛い思いをした時に、頑張ってそれを乗り越えた時のエピソードを話しましょう。飼っていたペットの調子が悪くなった時につきっきりで看病したとか、クラブでレギュラーを取る為に頑張っていた話、進路に悩んでいたけど自分で最適の道を選ぶ事ができた話などをして、優しいだけじゃなく、苦難があってもしっかり乗り越える強さがあるところをわかってもらえるように話しましょう。ただ新郎以外の男性の話や、新婦が話されて困るようなものは、いくら友人で知っていても話してはいけません。事前に新婦にこの時のエピソードを話しても良いか、確認した方が良いですね。

新郎を愛しているのがわかる話


新郎新婦の馴れ初めを話し、新婦が新郎の事を愛しているんだとわかってもらえるような話をしましょう。いつも新郎を喜ばす事ばかり考えていたなど、話を聞いているだけで温かくなれるようなエピソードがあれば話しましょう。新郎を思う気持ちがストレートで子供のように純粋であれば、感動が生まれます。例えば、手芸は苦手だったのに、新郎の為に一生懸命セーターを編んでいたとか、とても寒い日にデートで待合せよりずっと早くから待っていたなど、いじらしく思えるエピソードはないでしょうか。また新婦が新郎の事を話す時はいつもキラキラ目が輝いていて、幸せそのものだというコメントなども良いでしょう。ただこれも、2人だけの秘密にしているような事は、話さない方が無難です。

両親を大事にしている事がわかる話


新婦のご両親と付き合いがあるなら、新婦から聞いた両親への想いなどを話してはいかがでしょうか。新婦から直接両親へ手紙などを読むようになっているかもしれませんが、新婦が言えないような話が出来るかもしれません。新婦が子供の頃にご両親からもらったプレゼントを今でも大切にしているとか、ご両親の健康をいつも気遣っていたとか、ご両親を喜ばせる為に新婦が頑張っていた事などがあれば話してみましょう。新婦自ら話すと自慢話になるような事でも、友人からだと心温まるエピソードになります。ご両親の事をいつも考えている新婦だという事が伝わるように話してみましょう。

会場にはいない友人からの祝福の言葉


結婚式には、招待できる人数に制限がありますから、友人全員が呼ばれるとは限りません。でも出席できない友人の中には、新婦の結婚を喜んでいる人がいるのではないでしょうか。中学や高校時代のクラスメートや大学時代の友人、また職場関係の人からでも良いです。結婚式に出席してはいないけど、自分がコンタクト取れる人がいれば、その人からの祝福メッセージを伝えましょう。サプライズとなって、新婦に喜ばれるはずです。またゲストにも、会場には来られない程たくさんの人から新婦が愛されている事を伝える事ができます。もしあなたが中学や高校時代の友人であれば「覚えていますか」などの言葉と共に懐かしい友人の名前を告げ、文化祭などみんなで頑張ったエピソードを添えるとより感動してもらえるのではないでしょうか。

新婦を自慢に思っている事が伝わる話


新婦が友人で良かったと思っている事を、素直に話しましょう。容姿が綺麗、スポーツが万能、勉強や仕事が出来る、ユーモアがある、優しく思いやりがある、料理が上手など、自分より新婦の方ができると感じる事を上げて、こんな新婦が自慢なんだという思いが伝わるように話してみてください。なぜ自分が新婦と友人になりたいと思ったのかなどを、話すのも良いでしょう。今まで新婦に話をした事がなければ良い機会です。「初めて知り合った時には、こんなに長く親しく付き合う事になるとは思いもしなかったけど、長く一緒にいれて本当に良かった」などのコメントを入れると感動が生まれます。

結婚を心から喜んでいる事が伝わる話


新郎を紹介してもらった時の新郎の第一印象などを話し、結婚すると聞いて相手が新郎で良かったと思えたという風に話してみましょう。また結婚すると聞いて、思わず大きな声で喜んだなど、嬉しかった事を伝えましょう。それから新郎へ向かって「今日の○○は、本当に輝いてます。こんな良い女性は中々いませんよ。○○は私にとってかけがえのない友達です。どうか幸せにしてあげてください」など、新婦が自分にとってかけがえのない友達である事を強調し、新郎に新婦を幸せにしてもらいたいと伝えてみましょう。少しくらいオーバーな言葉になっても、結婚式ならOKです。

 

いかがでしたか。
結婚式のスピーチで、会場の人達の涙を誘うネタにはどんなものがあるか、わかっていただけたでしょうか。スピーチに多い、新婦の性格や意外な一面を話しただけでは、感動が生まれづらいです。でもそこにドラマがあると感動に繋がります。またスピーチは内容も大切ですが、話し方も大切です。焦らず落ち着いて、心を込めてゆっくり話しましょう。それから、うつむいて手元の下書きの紙ばかりを見るのは止めましょう。新婦のエピソードを話す時はゲストを見て、また自分が新婦に対する思いを話す時は、新婦を見て語りかけるように話しましょう。感動するスピーチをして、新婦だけでなくその場のいる全員が幸せを感じてくれたら嬉しいですね。

まとめ

女友達の結婚式スピーチでみんなを泣かす7つのネタ

・新婦が自分を助けてくれた話
・新婦が苦難を乗り越えた話
・新郎を愛しているのがわかる話
・両親を大事にしている事がわかる話
・会場にはいない友人からの祝福の言葉
・新婦を自慢に思っている事が伝わる話
・結婚を心から喜んでいる事が伝わる話

 

彩~Sai~