スピーチって案外簡単!誰でもぺらぺーらと話せる5つのコツ

スピーチって案外簡単!誰でもぺらぺーらと話せる5つのコツ

スピーチって緊張しますよね。

スピーチを任せられた瞬間から”どうしよう、どうしよう””何を話せば良いのだろう”と気持ちが張りつめてしまいます。

よほど得意な人でない限りはそんな人が大半だと思います。

では、すらすらと上手に話している人たちは一体どのようにしているのでしょうか。

簡単そうに見えて実はたくさん練習しているのでしょうか。

まさか思いつきで話せているのでしょうか。

そもそも本当にみんな緊張しないで話しているのでしょうか。

実はすらすらと上手に話すのにはコツがあるのです。

この記事は、そんな”スピーチ”と聞いただけで緊張してしまうという人でも簡単に話せてしまう5つのコツをお話します。



 

スピーチって案外簡単!
誰でもぺらぺーらと
話せる5つのコツ

 

とにかく暗記!


まず最低限、原稿を丸暗記しましょう。

一語一句間違えないようになるまで暗記しましょう。

スピーチをするとき、原稿はなるべく見ないのがコツです。

なぜなら一度原稿を見てしまうと、ずっと原稿を目で追ってしまいます。

そうなると、見ている人たちには”緊張しているのかな””自信がないのかな”というふうに見えてしまいます。

また暗記しておくと自分も落ち着きを保て、パニックに陥ることなくスピーチをすることができますので、おススメです。

 

演じる練習


原稿を丸暗記したら次は”演じる”練習です。

演じるとは、まるで今思いついてスピーチしているように話すという事です。

例えば、説得力のある話し方をする役者さんや身近な人などを思い浮かべて、どんな風に話すかをイメージしながらその人になりきってスピーチしてみるというのもひとつです。

身振り手振りを交えるなどしてとにかく堂々としているように”見せる”のがコツです。

 

景色を想像して、目を見て話す


スピーチをするときの景色を想像しましょう。

聞く人から見る景色ではなく、スピーチをしているときに見える景色です。

これを想像できないと、いざステージに立ったときにたくさんの人の視線に圧倒され、急に緊張感がピークに達してしまいます。

そうなると頭が真っ白になります。

そうならない為にも、ステージから見える景色を想像するのがコツです。

そして一人一人の目を見て話すことを意識しましょう。

スピーチをするときは誰よりも自信を持つことがコツです。

俯いてモジモジ話すのではなく、しっかりと一人一人の目を見て、”自分が一番だ!”と自信を持って、あるいはそう思い込んで挑みましょう。

 

キーワードを繰り返す


練習通りにやったはずなのになんだか言葉がサラサラと流れてしまい、イマイチ伝わらないということがあります。

良い事を話していても、話し方に抑揚がないと大事な言葉も流れてしまいがちです。

そうなってしまわないようにするコツはスピーチの中で、”ここを特に伝えたい”というポイントを前後の言葉を少し変えて2回言うようにするという事です。

もちろんこれも原稿にして、練習、暗記します。

同じ言葉が2回出てくる事で、そこだけは強く印象に残ります。

 

間を利用する


スピーチが苦手な人は、間が空いてしまわないようについつい早口になってしまいがちです。

逆にスピーチが上手な人は”間=沈黙”を利用します。

スピーチを聞いている人たちは、聞きながらもそれぞれにさまざまなことを思ったり考えたりします。

途中で間が空く事で、みんなの視線を再度集中させることができます。

また同時に少し間が空くことで、聞いている人の脳を整理することができます。

緊張のあまり空いてしまった間であっても、それをうまく利用することが危機回避にもなります。

ゆっくり、句読点を意識しながら話すようにしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。
一番大事なコツは、自分に自信を持つということです。

完璧に暗記をすることと、スピーチの内容に自信を持つ事が、自分に自信を持つということに繋がります。

”演じる””目を見る”など、一見難しそうに感じるかも知れません。

でも、周りの空気にのまれることなく気持ちを強く持っていれば、緊張どころかその場の空気を楽しむ事までできてしまいます。

上手くコツをつかめば、スピーチが苦手な人からスピーチが得意な人に変わることも難しくないかも知れません。

 

まとめ

スピーチって案外簡単!誰でもぺらぺーらと話せる5つのコツ

・とにかく暗記!
・演じる練習
・景色を想像して、目を見て話す
・キーワードを繰り返す
・間を利用する

 

 

彩~Sai~