隣人との騒音トラブルを回避するための5つの生活防音策

隣人との騒音トラブルを回避するための5つの生活防音策

間取りや外観などが気に入ったマンションやアパートでも、住んでみるまでは隣人がどんな人なのかわかりません。隣人同士でトラブルになる一番の原因は、騒音です。普通に生活をしているだけなのに、隣人から騒音だとクレームが入ったり、逆に毎日遅くまで、隣人の騒音に悩まされたりするなど、加害者にも被害者にもなる可能性があります。もしトラブルになって気まずくなっても、そう簡単に引っ越せるとも限らず、これからもそこに住み続けることを考えると、トラブルになる前に対策を取りたいものです。そこで今日は隣人との騒音トラブルを回避できるよう、生活の防音策をお教えしますので、騒音トラブルを心配されている方は参考にしてみてください。



 

隣人との騒音トラブルを
回避するための5つの生活防音策

 

壁際には高い家具や防音壁


まず一番音が響くと考えられる壁際の対策を考えましょう。壁の材質や厚さなどにより、音が伝わりやすくなっている場合があります。予算が許し、また賃貸の場合は大家さんからの許可が取れるようでしたら、プラスチックダンボールなどの吸音材や防音材を壁に取り付けてみましょう。これは大掛かりな工事ではなく、自分でできる対策ですのでお勧めです。それが難しいようでしたら、タンスや本棚など大きな家具を壁際に置いてみましょう。これだけでも防音になりますが、更に家具と壁の間に発泡スチロールを入れる事ができれば、もっとしっかりした防音効果を望めます。
また、音が出るテレビやステレオは壁の近くに置かないように心がけましょう。もしどうしてもそこしか置く場所がない場合には、壁から最低でも50cmは離すようにしましょう。

窓には隙間テープや二重サッシ


音は壁だけではなく、窓からも入ってきます。窓の対策としては、二重サッシにすることが一番効果的です。二重サッシは防音効果も抜群で、窓からの音をしっかり遮断してくれます。予算的に難しい場合には、カーテンを厚手なタイプに変えたり、窓に隙間テープを貼って、わずかな隙間をなくすだけでも、音はかなり遮断されます。また間取り的にあまり開け閉めしない窓や、景色を見ない窓がある場合には、緩衝材としてよく使用されるプチプチシートを窓に貼るのもお勧めです。余談ですが、プチプチシートは防音効果があるばかりでなく断熱効果もあり、防寒対策にも優れています。

ドアにはドアクローザのネジの調整


壁と窓への防音対策をしっかりしている方でも、ドアへの対策を忘れる方が結構いるようです。音はドアからも漏れますので、しっかり対策が必要です。ドアの周りには隙間テープを貼り、より隙間がないようにしましょう。また玄関ドアについているドアクローザのねじがしっかり締まっているかを確認してみましょう。
ドアクローザとは、玄関ドアの内側上部についている箱のような部品で、開けたドアをゆっくり、静かに閉めるための装置なのですが、取り付けねじがゆるんでいますと、ドアを閉める速度が速くなり「バタン」と大きな音を立てる場合があります。
もしご自分の玄関ドアの閉まる音が大きい場合には、ご主人や大家さんへ相談し、ドアクローザのねじの緩さ加減を確認してみましょう。

水回りは水量の調節


台所やトイレ、洗面所、浴室など水を使う場所についても防音対策は必要です。隣人よりも階下へ響き渡るケースが多いものの、水の音も響きやすいので注意するに越したことはありません。例えばお風呂の音はだいたい60dB(デシベル)~75dBくらいですが、これは掃除機と同じくらいの音の大きさです。掃除機の音はうるさいと世間一般的に言われますが、お風呂の音も思いのほか大きいということがわかります。
水回りでまず気をつけたいのが、水の量です。ジャージャーと栓を全開で水を出すのと、流量を抑えるのとでは、ずいぶんと音の大きさに違いが出ます。
またお風呂に入る時は、立ってシャワーを浴びるよりバスチェアーなどに座って浴びる方が音を抑えることができますし、台所の蛇口には、消音キャップをつけるなどの工夫をするのもいいでしょう。トイレについては用を足している時に何度も流すことがないように心がけたり、トイレの水の栓を少しきつめにしておきますと水の量を調節でき、音も抑えることができます。

音の大きさや音が出る時間を考慮


生活騒音で苦情が出やすいのは、掃除機や洗濯機、乾燥機などの電化製品を使った時です。これらは、たとえ小さい音であっても、皆が寝静まった夜遅い時間などに使うと、音が響き、苦情につながります。音の大きさや音を出す時間に気を配りましょう。例えば、洗濯機には、ゴム製の防振マットを敷きましょう。エアコンの室外機が隣人の近くにある場合には、使用する時間帯を考えましょう。またテレビやステレオは、夜間はヘッドホンで聴くなどの対策を取ったり、目覚まし時計も音だけではなくバイブレーション機能がついたものを使用するのも効果的です。
そして、更に生活騒音の中で一番問題となりやすいのが、楽器です。ヘッドホンを使って消音できる機能がある電子ピアノなどは、夜間使用するときはヘッドホンで対策を講じることができますが、通常のピアノなどには消音装置はありません。ピアノを弾くご家庭では、まずきちんと隣人に了承を得て、弾く時間帯をお互い合意するなどの心配りが必要です。

 

いかがでしたか

隣人との騒音トラブルを回避できる生活の防音対策のやり方がわかって頂けたでしょうか。
音に対する感じ方は人それぞれです。好きな音に対しては寛大でも、嫌な音になると敏感になってしまいがちです。また価値観が同じ人が隣人となるとも限りません。だからこそ日ごろから防音対策をしっかり立てていれば、相手がどんな価値観を持っていても安心できるのではないでしょうか。
高いお金をかけなくても防音できるものはたくさんありますので、まずはそこから初めてみましょう。また防音対策だけではなく、日ごろから隣人と友好関係を築けるよう、挨拶をしっかりしたり、何か問題があるかも知れないと感じたら、早めに謝りに行くなどの隣人に対する気配りもお忘れなく。
今日、ご紹介した生活の防音策を参考に、生活騒音によるトラブルにまきこまれない平穏な生活を送りましょう。

まとめ

隣人との騒音トラブルを回避するための5つの生活防音策

・壁際には高い家具や防音壁
・窓には隙間テープや二重サッシ
・ドアにはドアクローザのネジの調整
・水回りは水量の調節
・音の大きさや音が出る時間を考慮

彩~Sai~