親の離婚を冷静に受け入れるための7つの考え方

親の離婚を冷静に受け入れるための7つの考え方

一生添い遂げる約束をして結婚をしても、性格の不一致やお互いの感覚のすれ違いなどが重なっていくと離婚を考える人は少なくありません。「熟年離婚」という言葉が流行したことも記憶に新しいですね。

しかし子どもがいるとなると話は変わってきます。子どもの年齢や家族の状況により、離婚の受け取り方は様々です。しかしどんな理由であれ、子どもが「親から捨てられてしまった。」と思わざるを得ない状況であることには変わりありません。

親の離婚とは、子どもにとってとても大きなストレスを与えるものなのです。しかし、夫婦間がうまくいっていない状況下もまた、子どもにとってストレスです。

今回は、どうしても両親の離婚を避けられない状況に陥った時、どのように親の決断を受け入れるべきかを7つの考え方にまとめて提案します。



 

親の離婚を冷静に受け入れるための
7つの考え方

 

現在の家庭内をよく観察する


まず、親が離婚をするまでに至った経緯を考えましょう。可能であれば両親共に話を聞きたいところですが、もしそれが難しいのであれば両親それぞれの様子をよく観察するしかありません。両親どちらかに何らかの負担があったのか、価値観の違いやずれが大きくなりすぎたのか。子どもにとって、両親の離婚は重大事件です。それが何の前触れもなく起きるはずはないのです。

離婚後の生活を考える


もし自分に選択権があるのであれば、両親どちらかと住むのを自分で決めなければなりません。これはとても勇気のいる決断でしょう。離婚後に定期的に会う約束をしたとしても、もういつでも会えるわけではなくなるのですからすぐに決断するのは困難です。中には「私は絶対母親派」などと決めている人も中にはいるでしょうが、今後の経済的な生活なども考慮したうえで十分に考えましょう。

信頼できる友人に相談する


前述したように、親の離婚は子どもに多大なるストレスを与えます。本人に自覚はなくても、少なからず子どもの心は傷ついているのです。しかしその不満を親にはぶつけられない人も多いでしょう。そんな時は信頼できる友人などに、自分が思っている事すべてを吐き出しましょう。たくさん泣いてしまうかもしれない、迷惑をかけてしまうかもしれないと思うかもしれませんが、家族のことで悩んでいる時こそ友人の出番なのです。たくさん頼って心を少しでも軽くしましょう。

自分の思いをノートに書く


そこまで親密な友人はいない、友人に話してみたがまだすっきりしないという時は、自分が今不安なことや悲しいことなど思っていることをすべてノートに書き出しましょう。改めて自分の考えを客観的に見て、両親へ思いを伝える時も冷静になれるはずです。

大きな声を出す


カラオケで大きな声を出して歌ったり、海に向かって大声で叫んだりしてみましょう。自分の中のモヤモヤしたものを吐き出すように、ありったけの声を出してみてください。まずは自分の中に少しでも余裕を作る事が必要です。出せるものは全て出しましょう。

両親の立場になって考える


自分の中に少しだけ余裕を作ったところで、次は両親それぞれの立場になって考えてみましょう。最初に家庭内をよく観察したことで、両親の間の溝にも少しは気づいたかもしれませんね。そこを考慮した上で、子どもがいるのにも関わらず離婚を選んだ両親はどのような気持ちなのかを想像しましょう。心苦しい決断をされた親も少なくはないはずです。

両親と話し合う


これまでのステップを少しでもこなして自分の中に余裕をつくった上で、両親と今後のことについて話し合いましょう。状況にもよりますが、自分の思いもストレートにぶつけて構いません。これまで自分が考えてきたこと、どんな思いで親の離婚を受け止めようとしているのか、今後の生活の不安などすべて打ち明けましょう。離婚してしまうとはいえ、家族には変わりありません。話し合う機会を作れるのであれば、最終的には絶対親と一緒に話し合うべきです。納得のいかない離婚になってしまったとしても、家族間で気持ちを伝え合うことは諦めないください。

いかがでしょうか。
簡単に書いていますが、これらのことをこなすにはとても時間が必要です。何度も書きますが、親の離婚は子どもにとって多大なストレスです。自分が思っている以上の負担がかかっていることを自覚しましょう。そのうえで上記のことを試して少しでも自分への負担をやわらげ、親の離婚を冷静に受け止めらるような精神状態にすることが必要です。すぐには受け入れられず苦しい思いをするかもしれません。しかしそんな時こそ周りの信頼できる仲間や兄弟などと支え合い、親の離婚もいつか前向きに考えられるようになることを願います。

まとめ

親の離婚を冷静に受け入れるための7つの考え方

・現在の家庭内をよく観察する
・離婚後の生活を考える
・信頼できる友人に相談する
・自分の思いをノートに書く
・大きな声を出す
・両親の立場になって考える
・両親と話し合う

 

彩~Sai~