夫が秘かに考える妻との離婚の原因9つ

夫が秘かに考える妻との離婚の原因9つ

結婚生活の中で、一度は離婚を考えたことがある人もいるかもしれません。最近では、3組に1組の夫婦が離婚をするという時代です。生涯寄り添うことを誓い、愛し合って結婚したはずなのに、いつの間にか夫婦の間に溝ができてしまった・・・というカップルも少なくはないのです。もちろん、離婚にいたるまでの原因は様々ですが、離婚を考える原因は男女で大きく異なり、女性の場合「性格の不一致」「不倫」「親族問題」「暴力」が離婚理由の上位にあげられます。そこで、今回は男性の視点からみた、夫が密かに考える妻との離婚原因をご紹介します。気が付かないうちに、夫を追い詰めていたということにならないためにも、是非参考にしてみてください。



 

夫が秘かに考える妻との
離婚の原因9つ

 

家事をしない


最近では「カジダン(家事旦)」という言葉も流行っていますが、家事を夫に全て任せて奥さんは何もしないでは、男性も不満が溜まってしまいます。しかし女性は家事だけでなく、仕事も育児もこなさなくてはならないという人も多くいるはず。男は仕事、女は家事というのは時代遅れですが、夫婦で不満が出ない程度に家事を分担できるのが理想です。家事が負担になるようなら、一度夫婦で話してましょう。意外と男性は女性の大変さが分かっていない事が多いので、出来る範囲で家事の協力を要請してみてみるのも良いかもしれません。

容姿に気を遣わない


誰もが年齢を重ねれば、年齢相応の容姿になっていくものです。これは男性も女性も変わりません。子どもを産めば少なからず体型は変わってしまいますし、お洒落をする時間も減ってしまうのは当たり前。とは言え、お洒落に無頓着になり、すっぴんにジャージ姿で毎日過ごしていては男性もがっかりしてしまいます。きっと、「昔はもっとお洒落だったのに」と思っているはずです。毎日お洒落をすることは無理でも、外出するときは少しお洒落をしてみてください。男性は、奥さんがお洒落をして綺麗でいてくれることが嬉しいものです。

悪口が多い


女性は男性に比べておしゃべりが大好きです。一日あったことを、仕事から帰った夫に報告する人もいるのではないでしょうか。嬉しい出来事や子どもの様子を聞いていると、男性も「家庭っていいな」と感じるはずです。しかし、誰かの噂話や悪口を夫によく話している、という人は要注意。妻の話はいつも誰かの悪口ばかり・・・では聞いていて嫌になってしまいます。特に、夫の家族の悪口は禁物です。険悪なムードになりかねません。愚痴や不満は夫ではなく、友達に聞いてもらうようにしてくださいね。

すぐに怒る


女性はホルモンの関係もありますが、男性よりもイライラすることが多いのは事実です。家族だから、夫だからと気を許してイライラをぶつけてばかりではありませんか。イライラされてうれしい人はいません。すぐに怒るような性格は、「性格不一致」として離婚の原因にあげる人が多いのです。とはいっても、夫にイライラしてしまうことはよくあること。なるべく口調に気を付けて、言葉を選ぶようにしてみてください。どうしてもイライラがおさまらない時は、深呼吸すると効果があります。

夫に依存する


何でも夫に相談して決めている、という人もいるのではないでしょうか。もちろん、家庭内で重要な事は夫婦で話し合って決める必要がありますが、相談をしなくても良い事まで夫の意見を聞くのは相手もうんざりするはずです。夫を立てる行動だとしても、男性からすると依存しすぎと思われているかもしれません。夫婦はお互いが自立し、助け合って生活していくのが円満の秘訣です。何も相談しないで全て自分で決めてしまうのも問題ですが、適度に夫に頼るようにしてみてください。

親族とうまく付き合わない


結婚すると、お互いの親族とも付き合っていかなければなりません。しかし、中には夫の親族とは折り合いが合わない、苦手だという人も少なくはないはずです。だからと言って、夫の実家や親族と全く付き合わない、あるいは嫁と姑でもめ事が絶えないとなると、夫も板挟みになってしまいます。それが原因で、夫婦喧嘩が絶えないということも珍しくありません。夫の親族とうまく付き合う方法は、ある程度の距離を置いて付き合うことです。

お金を浪費する


お金の価値観の違いは、男女ともに離婚を考える大きな要素になります。男性からすると、妻の金銭感覚は人生を左右するほど重要です。「外食や、出来合いのものが多い」「ブランド物をよく購入する」「衝動買いが多い」など、当てはまるものはありませんか。また、収入よりも支出の方が多い、家計費を上手くやりくりできないという場合は要注意です。まずは、日頃の支出をきちんと夫婦で把握してみてください。何が必要で、何が節約できるかを夫婦で共有することが大切です。

スキンシップを嫌がる


子どもが生まれたり、結婚生活が長くなるにつれ、スキンシップは疎遠になりがちな夫婦も多いのではないでしょうか。スキンシップが少ないことを、不満に感じる男性はとても多いのです。女性がいつまでも女性として扱ってほしいと望むように、男性もいつまでも男女の関係でいたいと思うものです。女性からすると、「そんなことで離婚にまで発展するの」と思うかもしれませんが、男性からすると立派な離婚理由になるのです。

夫に要求ばかりする


何でも相談でき、話せる相手だからこそ、わがままや自分の要求は言いやすいものです。しかし、度を越した要求ばかりしていると、夫も奥さんにうんざりするはずです。普段、相手の要求もきちんと聞いていればともかく、夫の要求は通らないのに、妻ばかり要求が通るとう点に不満を抱える男性も多いはず。何か相手に要求するときは「私も○○するから、あなたも○○してくれる?」と、妥協案と一緒に交渉してみるとよいでしょう。

いかがでしたか。

今日ご紹介した夫が密かに考える離婚原因は、妻側の立場からすると意外な事が多いかもしれません。しかし男性は女性に比べ、思いっきり不満を誰かにぶちまけるということがあまりありません。そのため、心の中に不満を溜めているという人も少なくはありません。それが急に爆発した時には、もう離婚をとめられない状況になってしまうこともあるのです。そうならないためにも、たまには夫婦の時間を作って、「いつもありがとう」と労いの言葉をかけてみてください。きっと、今よりも夫婦円満になれるはずですよ。

まとめ

夫が秘かに考える妻との離婚の原因9つ

・家事をしない
・容姿に気を遣わない
・悪口が多い
・すぐに怒る
・夫に依存する
・親族とうまく付き合わない
・お金を浪費する
・スキンシップを嫌がる
・要求ばかりする

 

彩~Sai~