夫を嫌いになりそうな妻が今すぐできる9つのやり直し術

夫を嫌いになりそうな妻が今すぐできる9つのやり直し術

出会い、恋愛、この人となら・・と幸せを思い描いてスタートしたはずの結婚生活。しかし一緒に過ごす時間が長くなるほど、夫の嫌な部分が目に付き、落胆のため息が増えてしまう人も少なくないはずです。あるデータによれば、「一度は離婚を考えたことがある」と答えた人は8割に上ると言われています。理由はどうあれ、離婚を考えたことがあっても実際に離婚に踏みきる人はそれほど多くはないのです。そこで今回は、夫を嫌いになりそうな妻が今すぐできるやり直し術をご紹介いたします。すでにじわじわと夫の事が嫌いになりかけている人はもちろんの事、まだ大丈夫だけれども将来は不安、これから結婚をするという方も是非参考にしてみてください。



 

夫を嫌いになりそうな妻が
今すぐできる9つのやり直し術

 

嫌いな点を紙に書き出す


心の中で「嫌いかも」と思うスイッチが入ると、負の感情は無限ループのように何度も浮かびあがり、渦巻いて大きくなります。そんなときには夫の嫌いな点を、とにかく思いつくままに紙に書き出してみましょう。ポイントは何でもためらわずに書くこと。すると、だんだん冷静になってきて「なんだ、この程度か」と思えてくるものです。書いた紙はシュレッダーなどで処分してしまえば気持ちもすっきりします。紙に書くだけなので、いつでも手軽にできるのでお勧めです。書くという行為は理性的な行為で、この動作により心が落ち着くという効果があります。

自分を基準にして相手を判断しない


自分が出来ることを相手もできて当然と思っていませんか。人にはそれぞれ向き不向きがあり、生活してきた環境や価値観、さらに男女によっても違うのです。相手を自分の基準に合わせようと思う事が、イライラの原因に繋がります。夫婦でそれぞれの役割があると思い、基本的に相手に合わせる姿勢が重要です。

リペア・アテンプト(修復努力)をしてみる


リペア・アテンプトとは、険悪なムードや話の流れが悪い方向に向かっている時に、その悪い流れを止めるような努力をすることです。相手をクスッと笑わすようなことを言ってみたり、子どもの口癖を真似してみたり、その場の空気を変える言動であればどんなものでもOK。「クスッ」と笑ったことでその場の空気が変わり、その瞬間二人の関係がよくなります。このリペア・アテンプトで重要なのは、片方がその合図を出したら、もう片方もそれに応じるように心がけることです。

少し距離をおく


夫婦といっても元は他人です。ずっと一緒にいると、お互いの嫌な部分が必要以上にたくさん見えてしまいます。たまには夫婦の距離を置いて、一人で出かけたり、友達と会ったり、趣味に没頭してみるのも良いかもしれません。日常の生活と違う空間に自分を置いて、非日常的な時間を過ごすことは気持ちをすっきりさせる効果があります。好きなことをして気持ちを切り替えることで、イライラしていた物事が許せることもあるのではないでしょうか。

夫に多く期待しない


「自分の期待にこたえてくれない」夫婦に限らず、これが「嫌い」の発端になることが多いという分析があります。「家事を分担してほしいのにやってくれない」「子育てにもっと参加してほしい」その他、金銭面、仕事面等々、幸せな夫婦生活を思い描くと夫には多くを期待するものです。そのときあなたは、他の誰かと夫を比べていませんか。ドラマの「理想の夫」、友人の料理上手な夫・・・隣の芝生は青く見えるものです。夫への期待値を下げてみてください。そうすると、夫が子どもと一緒に遊んでくれたり、家事を少し手伝ってくれただけでも「ありがとう」という気持ちになれるはずです。

夫のいいところを意識的に挙げる


夫のいいところを意識的に挙げてみてください。いくつ挙げられますか。「ちっともいいところが見つからない」と言う人は、嫌いなところと対にして考えてみてください。例えば「家事は出来ないけれど、子煩悩」「仕事が忙しすぎるけれども、年に1回は旅行に連れて行ってくれる」などです。どうですか、嫌いなところと好きなところを対にすると、夫の良い面がいくつか出てきませんか。「あら、意外といいところ沢山あるのね」と気付けば、夫の嫌なことも忘れてしまうかもしれません。

週末には楽しい予定を入れてみる


あえて週末に楽しい予定を入れて、夫婦が会話をするきっかけを作ってみるのも良い方法です。夫婦で映画に行ったり、旅行に出かけたり、家でDVD鑑賞やプチパーティでもなんでもOKです。そして外食でも家でもどちらでも良いので、夫婦一緒においしい物を囲んで食べてください。一緒に美味しいものを食べると、食事のおいしさや楽しさと、一緒に食べている相手の記憶が、脳の中で混同して記憶され「一緒にいて幸せだな」と感じさせる効果があります。

夫との会話の内容をポジティブにする


夫が嫌と思い始めると、ついつい夫に対しても愚痴や不満ばかり言ってしまうという人も多いはず。もちろん言われる相手もいい気はしませんし、愚痴や不満を言っている自分に対してもイライラしてくることがあるはずです。また、ネガティブな会話から喧嘩に発展して夫婦仲が険悪なムードにもなりかねません。夫との会話はポジティブな内容に変えてみてください。例えば「今日は一緒にケーキが食べたかったから、おいしいケーキ買ってきたの」「面白そうな映画がやっているから、一緒に見たいし行かない」などです。ほのぼのとする、ポジティブな会話を心がけてみてください。

不満を相手に伝える


不満を相手に伝えることは難しいものです。でも難しいからと伝えずにこらえて自分の中にためていると、鬱積した負の感情は大きくなるばかりです。日頃から相手を傷つけずに、不満を夫に伝えることは夫婦関係ではとても重要です。ポイントは夫を責めずに、自分がどう感じているかを伝える。何に不満を感じているのかを自分の中でしっかり把握し、感情に流されずに夫に伝えるようにしましょう。一緒にいる時間が長くなればなるほど、コミュニケーションは不足しがちです。日常のコミュニケーションを大切にして、不満も伝えやすい関係を作っておくことが一番です。

 

いかがだったでしょうか。
夫を「嫌い」と思い始める原因は人それぞれ異なるはずです。とは言っても、半分は自分が原因という事も考えられます。自分の心に余裕がないと夫に対しても、「どうして手伝ってくれないの」「なんで分かってくれないの」とネガティブな方向に気持ちが向いてしまいがちです。そしてそれが火種となり、夫婦喧嘩が増えることでかえってストレスが増え、夫を「嫌い」という悪循環に陥ることがあるのです。そうならないためにも、「嫌い」度が低い間に修復できるように、ご紹介した方法を是非試してみてください。

まとめ

夫を嫌いになりそうな妻が今すぐできる9つのやり直し術

・嫌いな点を紙に書き出す
・自分を基準にして相手を判断しない
・リペア・アテンプト(修復努力)をしてみる
・少し距離をおく
・夫に多くを期待しない
・夫のいいところを意識的に挙げる
・週末には楽しい予定を入れてみる
・夫との会話の内容をポジティブにする
・不満を相手に伝える

 

彩~Sai~