女友達との飲み会で「あら素敵!」と思わせる7つの服装ポイント

女友達との飲み会で「あら素敵!」と思わせる7つの服装ポイント

日頃の思いや出来事を語り合い、共感し合ったり、腹筋が崩壊しそうなほど大笑いしたりし合う女友達との飲み会。

気の合う仲間との飲み会は日頃のストレスも発散できて、みんなのエネルギーでまた明日から頑張るぞというパワーまで充電できる、遅刻してでも参加したい一大イベントですよね。

そんな楽しい一日にあなたはどんな服装で出かけますか。

実は男性よりも女性の方がずっとずっと女性の服装を見ていることをご存知でしょうか。

女性にとって、おしゃべりをしながら同時に服装をチェックするという技術は幼い頃から備わっていると言っても良いほど自然なこと。

そのため、その目も厳しい物があります。

ただ流行の服を着るだけでなく、その人に似合っているか、そしてちゃんと手入れされているかというところまで瞬時に見抜いてしまいます。

この記事はそんな女友達との飲み会で「あら素敵!」と思わせる7つの服装のポイントについてのお話です。



 

女友達との飲み会で
「あら素敵!」と思わせる
7つの服装ポイント

 

基準はトップス


飲み会に着ていく服を選ぶときは、ひとまずお家で全身着てみて鏡でチェック。

おしゃれな人は鏡の前で靴まで合わせてみますよね。

そのときに是非基準にしてほしいのは、トップスです。

なぜなら、飲み会の席で目に入るのは上半身だからです。

残念ながらボトムスも靴も実はあまり印象に残りません。

そしてトップスの色は合わせやすいモノトーン系を選ぶ女性が多いので、あえてオレンジや水色など自分に似合う鮮やかな色をチョイスするとパッと目を引く服装になります。

最近よく目にする”パーソナルカラー”を参考にすると、自分に似合う色が見つけられるかも知れません。

 

ヘアスタイルもぬかりなく


おしゃれとは切り離せないヘアは飲み会の席でもやはり重要なポイントなので、あえて服装の一部にしちゃいます。

男性との飲み会ならば、なんといっても揺れるアイテム”ポニーテール”が最強なのですが、女友達の場合は違います。

しっかりコテで巻いてから編み込みにするなどの凝ったヘアスタイルか、アップにしたりおろしたりを繰り返すことができるヘアクリップがさりげなく目を引きます。

ショートやボブなど髪が短い場合はヘアオイルなどでツヤを出しましょう。

帽子を被る場合は、脱いだときにぺしゃんこになる前髪を想定してさりげなく隠すようにしましょう。

ヘアバンドやバレッタを持参するのも良いでしょう。

 

上級者は”次の季節”


パッと目を引く「あら素敵!」ポイントの上級編は”次の季節を取り入れた服装”です。

春ならば夏、夏ならば秋、秋ならば冬、冬ならば春です。

例えば冬ならば、春のパステルカラーを取り入れたり、デニムなら薄いブルーにしたり。

夏ならば、夏の終わりから秋を思わせるブラウンやアースカラー、真鍮のアクセサリーなど渋めの色を取り入れます。

次の季節を取り入れることで、新鮮さが出て洗練された印象になります。

ポイントは”少し”取り入れるということ。

たくさん取り入れると季節外れに見えてしまうので要注意です。

 

スマホケースも服装の一部


飲み会となると、写真を撮るなどとにかく大活躍のスマホ。

テーブルに置いたままにする人も多いのではないでしょうか。

そこで意外とじっくり見られているのがスマホケース。

スマホケースはその人の個性が表れるアイテムの1つで、もはや服装の一部です。

話題がころころ変わる女子会では”そのスマホケースかわいいね”という話題もかなりの確率で出ます。

思わず隠したくなるようなぼろぼろのスマホケースだけは避けましょう。

 

そのアウター、毛玉ついてない?


飲み会の待ち合わせを外でする場合、最初に目にするアウター。

デザインや色もその人を表現する服装のポイントになりますが、それよりも大事なのは実は清潔感です。

寒い季節は毎日のように着用するのでよく見ると汚れがあったり、手首や脇の下、リュック派の人は背中や肩の前側にも毛玉ができたりします。

毛玉が目につくとたちまち”くたびれ感”が出てしまいます。

また時々しか着ない物でもおそらく毎回クリーニングに出すということはなくクローゼットの中に押し込まれていますよね。

シワや色あせはありませんか。

アウターはあまりじっくり見ないし、一番汚れやすいアイテムなので要注意!です。

待ち合わせからお店までの道のりで、お喋りしながらどうしても目に入るのがアウターです。

 

やや個性的なアクセサリーが目を引く


細かいところまで気を抜けないのが、女友達との飲み会。

アクセサリーもしっかり見られています。

ピアス・イアリング、指輪、ネックレスなどなど。

小さな一粒ピアスでもちゃんと見られていますよ。

アクセサリーは、少し珍しいデザインのものが目を引きます。

顔周りのアクセサリーはヘアスタイルとのバランスで選びましょう。

珍しいデザインとはいえ、あまり個性的な物は良くない意味で目を引く場合があるので気をつけましょう。

 

バッグ、ウォレット、メイク、・・・とにかく細かく


1脚ずつの椅子ではなく、飲み会にありがちなベンチタイプの座席の場合どうしても目に入るのはバッグです。

むしろ女性にとってバッグはみんながどんなものを持っているのかとても興味があるアイテムです。

さらにそこからちらりと見えるウォレット、パッと目を引くメイクなどどんなものが良いと一概に言えないものばかりですが、そんな細かい部分もやはり瞬時に見られているものです。

 

いかがでしたでしょうか。

”えっ?!そんなところまで?”と思われた方も多いのではないでしょうか。

でも決して難しいことではありません。

大切なのはその人らしい服装をすること。

”その人らしい=全体的なバランスが良い”人は輝いて見えます。

輝いている人の服装は、おばあちゃんのお下がりのバッグだって、素敵に見えるものです。

是非”あなたらしい”服装で飲み会を楽しんできてください。

まとめ

女友達との飲み会で「あら素敵!」と思わせる7つの服装ポイント

・基準はトップス
・ヘアスタイルもぬかりなく
・上級者は”次の季節”
・スマホケースも服装の一部
・そのアウター、毛玉ついてない?

・やや個性的なアクセサリーが目を引く
・バッグ、ウォレット、メイク、・・・とにかく細かく

 

彩~Sai~