結婚式の二次会にピッタリな服装選び7つのポイント

結婚式の二次会にピッタリな服装選び7つのポイント

近年、挙式・披露宴はスタイルの幅に広がりをみせていますね。ホテル、結婚式場、レストラン、海外、プチ・・・挙式・披露宴がそうであるように、二次会にも様々なスタイルがあります。新郎新婦の好みや年齢、招待客との関係性などによって内容も三者三様です。会場の雰囲気に合わせて、招待いただく私たちも場にふさわしい服装を心掛けたいですね。フォーマルすぎて浮いてしまわないか・・平服ってジーンズでもOKなの・・・?そんな不安をなくして、気持ちよく新郎新婦をお祝いしてあげたいですよね。どうしようかと悩みがちな二次会の服装選び。ここでお伝えするポイントを実践すれば、二次会の場にふさわしく、新郎新婦へのお祝いムードをさらに盛り上げ、あなた自身もきっと楽しむことができます。



 

結婚式の二次会に
ピッタリな服装選び7つのポイント

 

会場のタイプを知ろう


二次会の招待を頂いたら、まずは当日どのような会場なのかをチェックしましょう。レストランやホテルのバンケットのような、かしこまった会場なのか、はたまた、居酒屋やライブハウスのような、ワイワイ盛り上がる会場なのか。会場によってもふさわしい服装は異なります。ネット検索して会場の写真を見れば雰囲気もわかるはずです。まずはきちんと会場チェック、これが基本です。

フォーマルな二次会の場合


ホテルのバンケットや、あるいはクルージングのような二次会の場合には、フォーマルな服装がぴったりです。披露宴をイメージした服装選びが良いでしょう。 ただあくまでも主役は新郎新婦。主役より目立たないような服装を選びましょう。女性は膝下丈のシンプルなドレスとパンプスなどが良いですが、ショールを羽織るなどして肌の露出は抑え目にすることを心がけましょう。上品に見せることが大事です。

セミフォーマルな会場の場合


おしゃれな洋風ダイニングでの立食パーティや、レストランでの着席パーティでは、セミフォーマルなスタイルがおすすめです。披露宴から続けて出席する場合には、着替えを持参するか、もしくはカーディガンを羽織るなど工夫して、フォーマル感を控えると回りから浮かなくなります。デザインがオシャレでも綿製品のワンピースやドレスは、カジュアルになってしまいセミフォーマルになりませんので避けた方が無難です。素材も重要なポイントとなります。

カジュアルOKなパーティーでは?


ライブハウスやカラオケボックス、また居酒屋などを利用して、ワイワイ楽しく盛り上がるタイプのパーティには、男女ともに多少くだけた服装でも大丈夫です。普段よりも少しだけよそ行きの服装を選ぶのがぴったりです。素材は綿製品でも良いでしょう。クロークに上着を預けることもあるので、トップスもお祝いを意識してオシャレなものを選ぶといいですね。

避けたい服装


招待状に、平服でお越しください、と書かれていても、平服は普段着という意味ではなく略礼装ということです。つまり、フォーマルほどかしこまる必要はないが改まった席でも失礼にならない服装、ということです。ですので、Tシャツとジーンズ、素足にサンダルという出で立ちは相応しくありません。また、お祝いの席ですので、肌の露出が過度に高いのもふさわしくないので注意しましょう。シックに決まるから・・と全身黒や黒網タイツもお祝いの席では避けた方がよいでしょう。

過度な華やかさは禁物


お祝いの場だからと、華やかさを演出しようとすると、気合入れすぎ感が周囲に伝わってしまいます。例えば、ロングドレス、また生花を髪に飾ると華やかすぎますので、避けたほうが無難です。また自国以外の民族衣装も避けましょう。二次会は仮装パーティーではありませんので失礼にあたります。派手すぎず、適度な華やかさを演出できるよう心がけましょう。

ヘアスタイルや小物選びも落ち度なく


服装に続き、小物選びやヘアスタイルも重要なポイントです。まずは足元から。サンダルやミュールなど、かかとのないものや、ブーツ、スニーカーはふさわしくありません。パンプスを選ぶのが無難です。また、バッグは小ぶりのものを選びましょう。大きなカバンは場違いです。アクセサリーで避けたいのはブラックパール。不幸を連想してしまいますのでこれはNGです。ヘアルスタイルは、アップスタイルやハーフアップスタイル、ショートヘアでも少しセットしてヘアアクセサリー着用が良いでしょう。

 

いかがでしたか。
二次会ではお祝いする気持ちが一番大事とはいえ、服装で浮いてしまっていては周りの目も気になり楽しみも半減ですよね?基本のNGスタイルを避け、さらに会場の雰囲気に合わせた服装を選べば、お祝いをさらに盛り上げることができるうえ、TPOをわきまえて周囲への配慮ができる大人として羨望の的となり、あなたの評価が上がること必至です。ここにあげた7つのポイントを実践して、あなたの服装選びのセンスの良さをさりげなくアピールしてみましょう!

まとめ

結婚式の二次会にピッタリな服装選び7つのポイント

・会場のタイプを知ろう
・フォーマルな二次会の場合
・セミフォーマルな会場の場合
・カジュアルOKなパーティーでは?
・避けたい服装
・過度な華やかさは禁物
・ヘアスタイルや小物選びも落ち度なく

 

彩~Sai~