猫がストレスを感じていたらまずやってほしい7つのこと

猫がストレスを感じていたらまずやってほしい7つのこと

猫好きが増えて、猫ブームになりつつある昨今。猫を飼う人が増えたことで、同時に地域の野良ネコや不幸な猫たちが減ることを願ってやみません。とても可愛い猫たちですが、犬に比べて人間の言うことをききにくかったり、自由気ままな生き方をしているところがまた、大きな魅力と言えるでしょう。自由気ままと言えども、猫はとても神経質で繊細です。人間の接し方がいつの間にか猫のストレスになっていることも少なくありません。今日は猫がストレスを抱えている時にまずはやって欲しいこと7つをご紹介します。少しでも早く猫のストレスを取り除いてあげて、ゆったりのんびり、猫らしく気ままな時間を過ごさせてあげましょう。



 

猫がストレスを感じていたら
まずやってほしい7つのこと

 

よく鳴くようになった時は遊ぼう


猫によっては元々よく鳴く子もいて、人間が何か言う度に反応して鳴き返してくる場合もありますが、大抵の猫はおとなしく、普段然程鳴きません。しかし、何故かいつもに増してよく鳴く、なんだかいつもと違う、声質もちょっと違うぞと感じたら、猫にストレスがかかっている可能性があります。体力や健康に問題がなさそうなら、おもちゃなどで一緒に遊んで、身体を元気に動かして猫のストレスを発散してあげましょう。

長い時間毛づくろいをしている時は周囲の環境の変化を探ろう


猫は人間に触られたり、自身の身体が何か他の物に触れた時に、身体に付いた自分以外の臭いを取るためによく毛づくろいをします。しかし、その毛づくろいがいつもより長い、しかも同じ部分を何度も何度も、ちょっと気が狂ったように早いスピードで舐め続けている場合は、不安を感じたりイライラしているなど、猫にストレスがかかっている可能性があります。家の中の臭いが変わった、また新しいものを置くようになったなどの環境の変化があれば、元に戻してみてください。

ご飯を食べなくなった時はとびきり美味しいのを用意しよう


動物がご飯を食べなくなるというのは、とても良くない状態です。生命活動に影響を与え、徐々に体力を失いかねないからです。生物の基本は健康、そしてその健康のためには食事が欠かせません。猫が急にご飯を食べなくなるのは、引っ越しをして環境が変わってしまった時や、周囲の物音がうるさい時などのストレスによる場合があります。取り除けるストレス源は早めに取り除き、いつもより高価で美味しい食事をあげてみて、ご機嫌をとってみるのも一つの手です。

物陰に隠れて出て来なくなった時は触らないようにしよう


いつもは元気に家中を駆け回っていたのに、最近何だかいつも物陰に隠れて出て来なくなったな、という場合は、猫がストレスを感じているに違いありません。物陰に隠れているということは、人や何かに接したくない、触られたくないというアピールです。見ず知らずのお客さんなどが来た時によくある行動ですね。そんな時は少しそっとしてあげて、ゆっくり遠くから声を掛け続けて呼んでみましょう。徐々に猫のストレスが緩和して、物陰から出てくるでしょう。

急に攻撃的になった時はおやつでご機嫌を取ろう


温和な猫が急に攻撃性を見せることがあります。まるで野生の本能が急に呼び覚まされたかの如くです。いつもなら飼い主にスリスリしてきていたのに、すれ違いざまに急に足に噛みついて来たり、作業のために動かしている手を急に引っかいてくることがあります。猫がストレスを感じていつもと違う攻撃性を見せているのです。こんな時はマタタビや大好きなおやつをあげてすぐに心を落ち着かせてあげると良いでしょう。

爪とぎが激しい時は名前を呼ぼう


専用の爪とぎ、或いはちょっとワイルドな猫ちゃんはお家の柱や壁を利用して爪とぎをします。いつものようにササッと済ませるなら良いのですが、長時間、そしてかなり動きが激しい爪とぎをしている場合は、爪とぎの直前に何らかのストレスが猫に加わった可能性があります。爪とぎに八つ当たりしているような状態ですから、少しそのまま自由にさせてあげて、名前を何度も呼んであげて我に帰るようにしてあげましょう。

何度も同じ行動を繰り返している時は運動させよう


一定のリズムで同じ行動を繰り返すことがありますが、これも猫のストレスの典型的な症状と言えます。しっぽや手をリズミカルにガジガジと噛み続けたり、走っては急ブレーキをかけることを繰り返すなどは、運動不足のイライラからくるストレスの可能性もあります。猫のストレスを軽減するためにも、一緒に遊んでたくさん元気に走り回れるような環境を作ってあげましょう。

いかがでしたか。
ストレスが多い期間が長く続くと、猫はいずれ病気を発症してしまう可能性があります。いつもと何か違うな、と気付いてあげられるのは飼い主しかいません。普段からその猫の特徴や様子をよく観察し、飼い主がいち早く細かな変化に気付いてあげて、すぐに猫のストレスを取り除いてあげる努力をしましょう。そうすれば、猫たちはますます気の利く飼い主に懐き、幸せな猫生を長く送ることができることでしょう。猫と人間のハッピーライフを是非楽しんでください。

まとめ

猫がストレスを感じていたらまずやってほしい7つのこと

・よく鳴くようになった時は遊ぼう
・長い時間毛づくろいをしている時は周囲の環境の変化を探ろう
・ご飯を食べなくなった時はとびきり美味しいのを用意しよう
・物陰に隠れて出て来なくなった時は触らないようにしよう
・急に攻撃的になった時はおやつでご機嫌を取ろう
・爪とぎが激しい時は名前を呼ぼう
・何度も同じ行動を繰り返している時は運動させよう

 

彩~Sai~