無視する人がいてもストレスをためない7つのやりくり術

無視する人がいてもストレスをためない7つのやりくり術

友達や彼氏と喧嘩したり、職場の人間関係やママ友との関係に悩んだりした経験はありませんか。子どもの頃と違って大人になってからの人間関係は、自分と気が合う相手以外でも付き合わなければならなくなります。そのため、ちょっとしたことで相手とトラブルになることも珍しくはありません。時にはまったく自分には身に覚えがないのに、相手に無視されることもあるかもしれません。誰でも無視をされていい気はしないはずです。それが長い間続くと、無視される側もストレスがたまってしまいますよね。心身ともに疲れてしまい、日常生活に支障が出ては大変です。そこで、無視する人がいてもストレスをためない7つのやりくり術をご紹介いたします。是非参考にしてみてください。



 

無視する人がいてもストレスをためない
7つのやりくり術

 

自分に原因が無いか考えてみる


無視する人の心理として、「相手に対して何かしら怒っている」「嫉妬」「人見知り」などがあげられます。まずは、原因が自分になかったかを考えてみてください。本人に聞くのも方法ですが、無視をしている相手に原因を聞いても、ほとんどの場合が「自分で考えたら」と言われ、原因を聞きだすことは難しいはずです。思い当たる節が無い場合は、共通の友達や知人にそれとなく聞いてみるのも良いかもしれません。原因が分かったら、素直に非を認めて相手に謝りましょう。原因が見つからない場合は、自分ではなく相手に問題がある可能性があります。

相手によっても対応を変えてみる


無視する相手と今後どうしたいかによっても、対応は変わってきます。相手とこれからも仲良くしたいと思うのであれば、その思いを相手に伝えてみてください。もちろん、自分に非がある時はきちんと謝ります。相手と知り合い程度、あるいはこれからは距離を置いて付き合っていくというならば、あいさつ程度の関係にすればよいのです。必ずしも原因が、自分にあるとは限りません。特に女性が無視をする原因の多くが、「嫉妬」が絡んでくるものです。

お互いが考える時間だと割り切る


相手にきちんと謝ったのに、無視が続くこともあるかもしれません。そんな時は、お互いが考える時間だと割り切ってみましょう。とは言え、自分も相手を無視してしまうとそのまま疎遠になる可能性があります。相手と顔を合わせたら、挨拶程度はきちんとしてくださいね。また、自分の気持ちが少し落ち着いたら、相手に連絡してみるのも良い方法です。頻繁に相手に連絡をすると、しつこいと思われるので気を付けてください。

無視する人は周りからの信用も失う


子どもに「お友達とは仲良くしようね」という親も多いはずです。しかし、子どもにはそう言いながら、自分はできないという人もたくさんいるのです。特に会社などは、自分一人で仕事をしているわけではなく、組織で働いています。そのため同僚や上司、部下は同じ会社で働く仲間のはずが、そうは思わない人もいるのです。その中でも無視をしたり仲間外れにしたりする人は、幼稚な人と思われ信用を失ってしまいます。無視されたら、無視することでしか伝えられないかわいそうな人なのだな・・・と思ってみてください。そう思うことで、すっとストレスも消えるはずです。

深入りはしないようにする


急に無視をされると、自分に非があったのだろうかと悩みますよね。何とかして相手の機嫌を直そうと、誰もが思うのではないでしょうか。中には、何度も無視される原因を聞き出そうとする人もいるはずです。相手は「言わなくても分かってほしい」と言う心理の元、無視をしているのです。何度もしつこく無視する原因を聞き出そうとすると、かえって相手を怒らせてしまいます。相手が原因を話してくれない場合は、しばらくそっと見守りましょう。気にし過ぎると、ストレスが貯まってしまいます。

全ての人に好かれようと思わない


できれば人間関係は良好に越したことはありません。しかし、自分の周りにいる全員から好かれようとすると、ストレスが貯まってしまいます。中には自分と合わない人もいる、と割り切ってみてください。無視する人は自分とは合わない人なのです。合わない人のためにストレスをためるなんて、時間がもったいないと思いませんか。そう思うことで、今までモヤモヤしていた気持ちが晴れるのではないでしょうか。

自分の趣味や好きなことでストレス発散


無視されることでストレスが貯まり、仕事や家事に手も付かないという事もあるかもしれません。嫌なことは、趣味や好きなことで発散させてみてください。趣味が無いという人は、ショッピングや映画を見るのでもかまいません。楽しいと思える時間を作ることで、その時間は嫌なことを忘れることができるはずです。

いかがだったでしょうか。
無視をされると、誰でも嫌な気持ちになるものです。時に女性は、「嫉妬」や「プライド」から相手を無視することも少なくはありません。もちろん、自分に非がある時はきちんと相手に謝る必要があります。しかしそうでない場合は、相手と少し距離を置いてみてください。とは言え、自分も相手を無視するのは解決にはなりません。距離は置いても、あいさつなどの最低限のマナーは忘れないようにして下さいね。

まとめ

無視する人がいてもストレスをためない7つのやりくり術

・自分に原因が無いか考えてみる
・無視する相手によっても変わってくる
・お互いが考える時間だと割り切る
・無視する人をかわいそうな人だと思う
・深入りはしないようにする
・全ての人に好かれようと思わない
・自分の趣味や好きなことでストレス発散

 

彩~Sai~