虫歯が原因?口臭が気になる方の7つのセルフチェック項目

虫歯が原因?口臭が気になる方の7つのセルフチェック項目

海外に比べて、日本ではエチケットとして口臭を気にする人が少ないといわれています。

しかし、日本人でも口臭が気になる時はあります。

例えば、仕事で初対面の人と話をする時に、口臭が気になる時はありませんか?

口臭が気になると、その後その人に対してあまり良い印象を抱きません。

特に女性では人の口臭が気になる事が多いのではないでしょうか。

また、人の口臭が気になった時、自分の口臭も臭うのではないかと不安になりますよね。

一般的に虫歯が口臭の原因となる事は広く知られています。

しかし、口臭の原因は虫歯だけとは限りません。

虫歯以外にも口臭の原因となる因子はたくさんあります。

今回は、口臭が気になる方に参考にして頂きたいセルフチェック術をご紹介します。

セルフチェックで、気になる口臭を予防しましょう。



 

虫歯が原因?
口臭が気になる方の
7つのセルフチェック項目

 

舌の変化を見る


舌を鏡で見てみると、多かれ少なかれ白い垢のようなものが付いていますよね。

これは舌苔といって、誰しもに付いているものです。

体調が悪かったり、胃腸が弱っていたりすると舌が真っ白になるほど舌苔が多くなってしまうこともあります。

この舌苔は虫歯の原因菌が多く存在する歯垢と同じように、細菌が集まってできたものです。

この舌苔は、口臭の原因になります。

自分の舌苔が口臭の原因となっているかどうかチェックするためには、舌をティッシュでこすり、匂いを確かめて見てください。

すっぱいような匂いがすると、口臭が出ていると思われます。

 

歯ブラシでチェック


口臭の原因としてよくあげられるのは虫歯です。

しかし、正確に言うなら口臭の原因は虫歯そのものではなく、虫歯の原因菌であるミュータンス菌によって引き起こされるのです。

そのため、たとえ虫歯が無くてもミュータンス菌が口内に存在していれば、口が臭っている可能性はあります。そ

れをチェックするためには、食後いつも通りに歯磨きをした後、何もつけていない状態の歯ブラシで歯を一通り簡単に磨き、その歯ブラシの臭いを嗅いでみて下さい。

臭いが気になったなら、口臭が強くなっているかもしれません。

 

食後の唾の味


口臭が強く、人からも感じられるようになると食後の唾液に酸味を感じるようになります。

酸味を感じるのは、口の中が酸性になっているためです。

口の中が酸性になっているという事は、虫歯や口臭の原因菌であるミュータンス菌が活発に働いているという事になります。

そのため、食後の口内に酸味を感じる場合には口臭が出ている可能性があります。

食後はなるべく早く歯磨きをしましょう。

出先などで歯磨きが難しい時には、口を濯ぐだけでも口臭予防になります。

歯磨きまでは出来なくても時間があるなら携帯用の歯磨きティッシュで歯をこすると、口臭だけではなく虫歯の予防にもなります。

 

唾液の量


口臭の原因は、虫歯の有無よりも唾液の量の方が重要です。

唾液の量が少ないと、口内の洗浄作用が弱くなってしまいます。

そのため、虫歯や口臭の発生しやすい口内環境となってしまいます。

特に、日常的にタバコを吸う方は、唾液の分泌量がタバコを吸わない方の唾液の分泌量の約半分にまで少なくなっているという研究結果もあります。

もし口臭が気になりながらもタバコを吸っているようなら、まずはタバコをやめてみましょう。

タバコをやめることで、口臭だけではなく虫歯にも予防効果が期待できます。

 

マスクをしてみる


自分の口臭が気になる方は、マスクを使う事で簡単に確かめられます。

まず、鼻まで覆うようにマスクをして下さい。

マスクをしたら、空気がマスクの隙間から入り込まないように両手でマスクの端を押さえ込んで下さい。

両手で円を作るような形にすると、うまく押さえられます。

そのまま、マスクの中で息を吐き臭いを嗅いでみて下さい。

もし臭気を感じたら、口臭が出ているかもしれません。

もし虫歯がある方は、虫歯を治療する事で口臭の軽減が期待されます。

 

機械で調べる


口臭が気になる方は、機械を使って簡単に調べる事ができます。

少し前までは何十万もする機械を使い、医療機関で調べてもらう必要がありましたが、今では安い物ですと2000円程で口臭チェッカーを購入する事ができます。

ポケットに入れておけるほどに小さなものですので、口臭が気になる方はエチケットとして持っておくと安心です。

機械を買うのはもったいない気がする、という方は他人に息の臭いを嗅いで貰う方法もあります。

 

オキシドールを使う


口臭チェックにオキシドールを使う方法もあります。

薬局などで市販されているオキシドールを10倍程に薄めます。

薄めたオキシドールで口を濯いだ後、コップに吐き出してみて下さい。

吐き出したオキシドールが泡立っていれば、口臭が発生しています。

オキシドールは口臭チェックの他に、虫歯の予防も出来ます。

オキシドールには殺菌作用がありますので毎日の歯磨きの後、10倍に薄めたオキシドールでうがいをして下さい。

オキシドールでうがいをする事で、虫歯や口臭の原因菌を殺菌する事ができます。

 

いかがでしたか。
口臭のセルフチェック法は手軽に行えるものが多いので、気になった時にチェックしてみて下さい。

また、口臭の予防にはきちんとした歯磨きが一番です。

きちんと歯磨きをする事で、口臭と同時に虫歯も予防する事ができます。

口臭と虫歯は原因菌に同じものが多いので、口臭の予防は結果的に虫歯の予防にもなるのです。

口臭は自分ではなかなか気付けないものです。

しかし、他人からしたら口臭が臭う人というのはけして良い印象を持てません。

口臭のセルフチェックで、円滑なコミュニケーションを取れるようにしましょう。

まとめ

虫歯が原因?口臭が気になる方の7つのセルフチェック項目

・舌の変化を見る
・歯ブラシでチェック
・食後の唾の味
・唾液の量
・マスクをしてみる
・機械で調べる
・オキシドールを使う

 

彩~Sai~