胸の痛みに不安を感じたときに疑うべき乳がん以外の3つの病気

もしも、突然胸が痛み出す日が増えたなら、女性であればまず真っ先に乳がんを疑うのではないでしょうか。しかし、胸に痛みがはしる病気は乳がんだけではありません。胸にどのような痛みがあるのか、胸と同時に他の場所が痛みを感じることはないのかなど、様々な症状を照らし合わせる事で、乳がんによる痛みなのか、乳がん以外の病気なのか、ある程度予測できます。胸の痛みは重大な病気の前症状である場合も少なくはありません。胸が痛む時には、乳がんを始めとした乳房の病気の他にも、心臓、肺、肋骨など大切な臓器や骨に何か重大な異変が起きているサインかも知れませんよ。もし当てはまる項目が多ければ、なるべく早めに病院を受診するようにして下さい。もし重大な病気であった場合、早期発見早期治療が運命を分かつ事だってありますから。  胸の痛みに不安を感じたときに疑うべき乳がん以外の3つの病気  胸にチクチクした痛みがある乳腺症 よく芸能人の方などが乳がんである事を告白する時に「胸にチクチクした痛みがあって乳がんだと気づいた。」「胸に針で刺されるような痛みがあって。」等と表現している事が多いですよね。それもあってか「チクチクした痛み。」を感じると乳がんを疑う方が多いのですが、チクチクした痛みを感じる病気は乳がんだけではありません。むしろ、乳がん以外の病気である場合の方が多いのです。胸にチクチクとした痛みの症状が出た時に、一番に疑われる病気は乳がんではなく乳腺症です。乳腺症が疑われるのは、女性の生理前などホルモンバランスが崩れた時に、胸にチクチクとした痛みを感じる、乳房が張る、乳房全体が痛いなどの症状が出る場合です。しかし、乳腺症の場合、生理が終われば痛みが収束します。生理が終わっても胸のチクチクした痛みが収まらない場合には別の病気である可能性があるので、早めの病院受診をおすすめします。また、出産後、授乳期にあるお子さんをお持ちのお母さんによく見られる胸の痛みの正体は、乳腺炎である事が多いです。乳房の中で母乳が乳腺に詰まり、炎症を起こす事で起きる症状で、乳房にしこりが出来るために乳がんと勘違いする事がありますが全くの別物です。乳がんではありませんが、乳腺炎は放っておくと強い痛みが出ますので、早めに処置する事が大切です。  胸に息苦しい痛みがある狭心症 胸全体にぐーっと押しつぶされるような痛みを感じた場合には、乳がんのような乳房の病気よりも、心臓の病気が疑われます。乳がんの場合、乳房にしこりが見られる事が多いのですが、しこりもなく、胸全体に痛みがある事も心臓の病気の特徴です。胸が圧されるように痛む場合は、狭心症を疑いましょう。狭心症になると、胸全体から背中が痛み、息が苦しくなります。また、心臓が不自然に動悸するといった症状も見られます。狭心症の場合、乳がんの長引く痛みとは違って、圧されるような痛みがおおよそ15分ほどで収まりますので「治ったから大丈夫」と病院に行く事無く放置してしまう事が多いのですが、狭心症を放置していると心筋梗塞に繋がります。心筋梗塞が起こってしまった場合、死亡する確率が30%と跳ね上がります。狭心症が疑われる時点で病院を受診する事で、薬物療法、冠動脈形成術と治療の幅も広がりますので、胸の圧されるような痛みを何度か感じるような場合には病院を受診して然るべき処置を受けるようにして下さい。  胸と同時に背中にも痛みがある肺がん 胸に痛みが出るがんは乳がんだけとは限りません。肺がんも、胸に痛みが生じます。ただ、肺がんであった場合、胸の痛みとは別に背中も痛みます。また、咳が長く続くのも肺がんの特徴です。乳がんと決定的に違うのは、乳がんの場合は乳房にしこりが出来ますが、肺がんの場合にはしこりができません。もしも、咳が続く、胸に痛みがある、背中が痛む、痰に血が混じる、といった症状が見られる場合にはすぐに病院を受診するようにしてください。肺がんの場合、どれだけ早期発見早期治療を行えるかがキーポイントとなります。現在、肺がんの治療は大きく分けて2つあります。薬物療法と放射線での治療が有効なものと、早期に肺がんを見つけ、手術で出来るだけがん細胞を取り除く事が有効なものとに分けられます。ですが、どちらもがんが出来るだけ進行する前段階で処置する事が大事です。肺がんはどれだけがんが進行しているかによって、生存率に雲泥の差が出ます。  いかがでしたか。 今回は胸の痛みがある場合に疑われる乳がん以外の病気を大きく3つに分けてご紹介しました。今回は乳がん以外の病気を紹介しましたが、乳房に違和感を感じる場合には乳がんである可能性もあります。特に男性は、乳がん=女性の病気というイメージから、発見が遅れるケースが多くあります。もし胸に痛みが出たような場合には、けして自分は大きな病気にかかるはずはないから大丈夫だ、と思わないように、早めにかかりつけの病院を受診する事が大切です。早期発見早期治療で、重篤な病気を大事になる前に処置する事が出来ますよ。  まとめ 胸の痛みに不安を感じたときに疑うべき乳がん以外の3つの病気 胸にチクチクした痛みがある乳腺症 胸に息苦しい痛みがある狭心症 胸と同時に背中にも痛みがある肺がん

もしも、突然胸が痛み出す日が増えたなら、女性であればまず真っ先に乳がんを疑うのではないでしょうか。

しかし、胸に痛みがはしる病気は乳がんだけではありません。胸にどのような痛みがあるのか、胸と同時に他の場所が痛みを感じることはないのかなど、様々な症状を照らし合わせる事で、乳がんによる痛みなのか、乳がん以外の病気なのか、ある程度予測できます。

胸の痛みは重大な病気の前症状である場合も少なくはありません。胸が痛む時には、乳がんを始めとした乳房の病気の他にも、心臓、肺、肋骨など大切な臓器や骨に何か重大な異変が起きているサインかも知れませんよ。

もし当てはまる項目が多ければ、なるべく早めに病院を受診するようにして下さい。もし重大な病気であった場合、早期発見早期治療が運命を分かつ事だってありますから。



 

胸の痛みに不安を感じたときに
疑うべき乳がん以外の3つの病気

 

胸にチクチクした痛みがある乳腺症


よく芸能人の方などが乳がんである事を告白する時に「胸にチクチクした痛みがあって乳がんだと気づいた。」「胸に針で刺されるような痛みがあって。」等と表現している事が多いですよね。それもあってか「チクチクした痛み。」を感じると乳がんを疑う方が多いのですが、チクチクした痛みを感じる病気は乳がんだけではありません。むしろ、乳がん以外の病気である場合の方が多いのです。胸にチクチクとした痛みの症状が出た時に、一番に疑われる病気は乳がんではなく乳腺症です。乳腺症が疑われるのは、女性の生理前などホルモンバランスが崩れた時に、胸にチクチクとした痛みを感じる、乳房が張る、乳房全体が痛いなどの症状が出る場合です。しかし、乳腺症の場合、生理が終われば痛みが収束します。生理が終わっても胸のチクチクした痛みが収まらない場合には別の病気である可能性があるので、早めの病院受診をおすすめします。また、出産後、授乳期にあるお子さんをお持ちのお母さんによく見られる胸の痛みの正体は、乳腺炎である事が多いです。乳房の中で母乳が乳腺に詰まり、炎症を起こす事で起きる症状で、乳房にしこりが出来るために乳がんと勘違いする事がありますが全くの別物です。乳がんではありませんが、乳腺炎は放っておくと強い痛みが出ますので、早めに処置する事が大切です。

胸に息苦しい痛みがある狭心症


胸全体にぐーっと押しつぶされるような痛みを感じた場合には、乳がんのような乳房の病気よりも、心臓の病気が疑われます。乳がんの場合、乳房にしこりが見られる事が多いのですが、しこりもなく、胸全体に痛みがある事も心臓の病気の特徴です。胸が圧されるように痛む場合は、狭心症を疑いましょう。狭心症になると、胸全体から背中が痛み、息が苦しくなります。また、心臓が不自然に動悸するといった症状も見られます。狭心症の場合、乳がんの長引く痛みとは違って、圧されるような痛みがおおよそ15分ほどで収まりますので「治ったから大丈夫」と病院に行く事無く放置してしまう事が多いのですが、狭心症を放置していると心筋梗塞に繋がります。心筋梗塞が起こってしまった場合、死亡する確率が30%と跳ね上がります。狭心症が疑われる時点で病院を受診する事で、薬物療法、冠動脈形成術と治療の幅も広がりますので、胸の圧されるような痛みを何度か感じるような場合には病院を受診して然るべき処置を受けるようにして下さい。

胸と同時に背中にも痛みがある肺がん


胸に痛みが出るがんは乳がんだけとは限りません。肺がんも、胸に痛みが生じます。ただ、肺がんであった場合、胸の痛みとは別に背中も痛みます。また、咳が長く続くのも肺がんの特徴です。乳がんと決定的に違うのは、乳がんの場合は乳房にしこりが出来ますが、肺がんの場合にはしこりができません。もしも、咳が続く、胸に痛みがある、背中が痛む、痰に血が混じる、といった症状が見られる場合にはすぐに病院を受診するようにしてください。肺がんの場合、どれだけ早期発見早期治療を行えるかがキーポイントとなります。現在、肺がんの治療は大きく分けて2つあります。薬物療法と放射線での治療が有効なものと、早期に肺がんを見つけ、手術で出来るだけがん細胞を取り除く事が有効なものとに分けられます。ですが、どちらもがんが出来るだけ進行する前段階で処置する事が大事です。肺がんはどれだけがんが進行しているかによって、生存率に雲泥の差が出ます。

いかがでしたか。
今回は胸の痛みがある場合に疑われる乳がん以外の病気を大きく3つに分けてご紹介しました。今回は乳がん以外の病気を紹介しましたが、乳房に違和感を感じる場合には乳がんである可能性もあります。特に男性は、乳がん=女性の病気というイメージから、発見が遅れるケースが多くあります。もし胸に痛みが出たような場合には、けして自分は大きな病気にかかるはずはないから大丈夫だ、と思わないように、早めにかかりつけの病院を受診する事が大切です。早期発見早期治療で、重篤な病気を大事になる前に処置する事が出来ますよ。

 

まとめ

胸の痛みに不安を感じたときに疑うべき乳がん以外の3つの病気

・胸にチクチクした痛みがある乳腺症
・胸に息苦しい痛みがある狭心症
・胸と同時に背中にも痛みがある肺がん

 

彩~Sai~