面接の第一印象で好感を与える為に実践すべき7つのテクニック

面接の第一印象で好感を与える為に実践すべき7つのテクニック

会社の採用試験を受ける時、誰でも面接官に好印象を与えたいと思うはずです。面接を想定して事前に会社の情報を収取したり、服装を考えたりと準備をする人も多いはずです。もちろん面接をする側も短時間の面接で、その人が会社にふさわしい人物かどうかを見極めなければなりません。そのため、出会った時の第一印象がとても重要となります。面接時間は、多くの場合30分程度です。この短い時間で応募者側は、面接官に出来るだけ好感も持ってもらわなくてはいけません。そこで今回は、面接の第一印象で好感を与えるために実践すべき7つのテクニックをご紹介いたします。すでに面接の予定が入っているという人はもちろんのこと、今は面接の予定がないけれども、今後仕事復帰を考えているという人も是非参考にしてみてください。



 

面接の第一印象で好感を与える為に
実践すべき7つのテクニック

 

身だしなみを再確認


第一印象はとても重要です。最初に抱いた印象が、その後の評価にまで影響をおよぼすこともあるほどです。その第一印象が決まるのは、出会ってからの6秒とも言われています。これは出会って目があって、挨拶をするところまでが大体6秒なのです。その短時間で相手はあなたのファッションや、表情を確認しているはずです。まずは相手に好印象を持ってもらえるように、身だしなみはきちんとしてください。大切なのは清潔感です。高価な服を着ていても服が汚れていたり、シワだらけでは第一印象も良くありません。また、足元にも気を付けてください。服に合った靴を選び、汚れていないかなども確認してくださいね。

メイクを上手に使って好印象に


身だしなみと同じくらい大切なのがメイクです。面接だからとメイクに気合を入れ過ぎて、服装とあっていない派手なメイクになっていませんか。反対にノーメイクもNGです。面接官に好感を持ってもらえるように、ナチュラルメイクを心がけてください。ポイントは「アイメイクは控えめにする」つけまつげやカラーコンタクトなどは、派手なイメージを与えるので控えてください。「キリッと太めの眉毛」真面目な雰囲気を出せ、顔を引き締めることが出来ます。「うっすらチーク」ピンクかオレンジ系のものがナチュラルに見え、好感度もUP。「口紅はピンクやオレンジ系」健康的に見えるベージュ系がお勧めです。

笑顔を忘れずに


面接の時、緊張して顔が引きつってしまう人もいるかもしれせん。しかし、ずっと怖い顔をしている人よりも、笑顔が素敵な人の方がきっと印象は良いはず。初対面のとき笑顔で接してくれたら、それだけで相手を魅力的に感じ、好感を抱くものです。反対に「無表情の人」「表情が暗い人」「笑顔がない人」は印象が悪くなってしまいます。緊張していても笑顔を忘れないようにしてください。笑顔で話すことで、自然と声のトーンも上がり緊張もほぐれるはずです。

美しい姿勢を意識する


身だしなみやメイクに気を付けていても、姿勢がわるいと全てが台無しになってしまいます。姿勢が悪いと、自信がないように見られるため印象が良くありません。反対に背筋がピンとして、歩き方がきれいな人を見ると、「仕事ができそう」「私生活もきちんとしてそう」と良い印象を受けませんか。面接の時だけ頑張って美しい姿勢にするのも良いですが、日頃から美しい姿勢を心がけて生活するようにしてみてください。美しい姿勢を意識してみると、気持ちも引き締まるはずです。

話し方にも気を付ける


面接では見た目も大切ですが、言葉使いも重要なカギとなります。見た目に好印象であっても、言葉使いや話し方が悪いと印象が悪くなってしまいます。だからと言って、普段使っていない敬語で話そうとすると、ぎこちなくなり相手に言いたいことが伝わりません。敬語に自信がない場合は、少なくとも「です」「ます」の丁寧語を使うようにしてみてください。また敬語だけでなく、声の大きさも気を付けなければなりません。声が小さいと聞き取りにくく、自信がない人と思われてしまいます。さらに、早口な人はせっかちに見え、逆にゆっくり話す人はなんとなく頼りないなどの印象を与えてしまいます。事前に自己紹介などは練習しておくことをお勧めします。

相手を見つめすぎない


話す時は、相手の目を見て・・・と言われたことがありませんか。面接でも忠実に守って、面接官の目をじっと見つめる人もいるはずです。しかし、相手の目をじっと見過ぎるのも良くありません。アイコンタクトの基本は、両眉と口元を直線で結んだ三角ゾーン内を見るように意識することです。面接の半分位の時間をアイコンタクトするように意識を持ちましょう。面接官が複数人いる場合は、一人にアイコンタクトをするのではなく、周りの面接官にも自然と目を向けることで印象もUPします。

人の話は最後まできちんと聞く


面接前に想定される質問の答えを、いくつか用意しているという人も少なくはないはず。しかし、面接官の質問が終わる前に答えてしまうと、「ちゃんと話を聞いているのだろうか」「自分の意見ばかりを主張している」と思われてしまいます。また最後まで話を聞かない事で、面接官が求めている答えとは違う事を言ってしまった・・・ということにもなりかねません。志望動機が優れていても会話が成立しないと、「コミュニケーション力がない」と判断されてしまいます。面接官の質問は最後まできちんと聞き、質問の内容に沿って答えるようにすることで印象も良くなります。

 

いかがだったでしょうか。
内定をもらえるかどうかは、面接次第と思っている人も多いのではないでしょうか。そのために、志望動機や自分の長所やアピールポイントを挙げて、事前準備をしている人も少なくはないはず。しかし面接官は、志望動機やその人の長所だけで採用を決めている訳ではありません。服装や話し方、コミュニケーション能力なども採用基準となっているのです。面接を受ける前に、今回ご紹介した面接の基本マナーをもう一度確認してみてください。面接官に良い印象を与えることで、きっと良い結果にもつながるはずです。

まとめ

面接の第一印象で好感を与える為に実践すべき7つのテクニック

・身だしなみを再確認
・メイクを上手に使って好印象に
・笑顔を忘れずに
・美しい姿勢を意識する
・話し方にも気を付ける
・相手を見つめすぎない
・人の話は最後まできちんと聞く

彩~Sai~