厄介な近所トラブルを未然に防ぐ9つの隣人交際術

厄介な近所トラブルを未然に防ぐ9つの隣人交際術

皆さんが住んでいるところ、もしくは次に引越しする場所は、どのようなところですか?新しい家の立ち並ぶ新興住宅地、ファミリー向けマンション、ワンルーム中心のアパート、土地柄的に古い顔なじみの多い閑静な住宅街など色々だと思います。どんな所に住んでいても、住んでみないことにはご近所さんがどんな人か分かりません。ご近所さんが優しく気さくな人ならいいのですが、ちょっと変わっている人や厄介な人だったら不安が尽きないですよね。
誰もが煩わしいご近所トラブルは避けたいものですし、ご近所さんといい関係でいられるのが一番です。今日は、そんな方のためにご近所トラブルを未然に防ぐ隣人交際術を紹介します。



 

厄介な近所トラブルを
未然に防ぐ9つの隣人交際術

 

明るい表情であいさつを


まずは基本中の基本であるあいさつをしっかりしましょう。どのような環境で暮らしていても、ご近所の方と顔を合わすことはあります。中には出勤時間が重なる人もいるでしょうし、本当に年に1、2回しか顔を合わせないという人もいるかもしれません。いずれにせよ顔を合わせたときにそっぽ向いて無言で通り過ぎたりせず、朝なら「おはようございます」、夕方なら「おやすみなさい」といった一言を忘れないようにしましょう。笑顔であいさつをされて気分を害する人はいません。顔を合わせたときには明るい表情でまずはあなたから気持ちよくあいさつをしましょう。きっと相手の方もあいさつを返してくれるはずです。

親しき仲にも礼儀あり


顔を合わせたときにあいさつをしていると、ちょっとずつお互いの距離が近づいてきます。同じ年頃くらいの子どもがいると、ご近所づきあいが加速することもありますよね。でもご近所さんであることには変わりはないので、あいさつや話をする内容、物事をお願いするときの姿勢などは日ごろから気を付けておきたいものです。少し仲良くなった時こそ気が緩み、相手に失礼なことをしてしまうことがよくあります。「初心忘るべからず」のことわざ通り、礼儀やマナーなどは気を付けて振る舞うようにしましょう。

引っ越したときは始めが肝心


引っ越して新しい場所に住むことになった日から、新しい近所付き合いが始まります。先に住んでいるご近所さんにとっても、新しく来た人がどんな人なのか、不安と興味があるものです。最初が肝心ですので引っ越してきた日の当日、遅くとも翌日には必ず手土産を一つ持ってしっかりあいさつに回りましょう。最近では引っ越しをしてもあいさつ回りをしない人が多いですが、あいさつ回りをすることでご近所付き合いが確実にスムーズになります。面倒くさがらずに引っ越した際には早めにあいさつ回りをすることをお勧めします。

話す内容に注意しよう


仲が良くなると、あいさつだけでなくちょっとした話もするようになるものです。ご近所さんもあなたのことを好意に思ってくれている証拠ですよね。ですがこのとき気を付けておきたいのが、ご近所さんと話す内容です。あなたもエレベーターで乗り合わせたご近所さんにいきなり家族構成を聞かれたり、時事ニュースの意見を聞かされたりしたら、ビックリしますよね。話す内容にも節度と礼儀を守ることが必要です。顔を合わす頻度の少ないご近所さんほど、天気などの他愛のない会話がお勧めです。

うわさ話には加わらない


これは、上で述べた「話す内容」にも通ずるものですが、話す内容で厄介なのが、うわさ話です。ご近所さんの中にはうわさ話が好きな人がいるかも知れません。ただ、うわさ話は、ご近所トラブルの発端になる事が多いため、トラブルに巻き込まれないためにも加わらない方が賢明です。もし、会話中についうっかりうわさ話が始まってしまったような場合には、何かしらの理由を付けてその場を離れることをお勧めします。

物音は意外と騒音


夜、みんなが寝静まる時間では、ちょっとした生活音が騒音と受け取られることがあります。まだ夜泣きをする赤ちゃんがいたり、ペットを飼っているお宅、夜勤のために夜中や早朝に帰宅する方などは、いま一度生活音に気をかけてみましょう。ご近所さんへ配慮するほんの少しの気配りで生活音を抑えることはできます。ただ、赤ちゃんの泣き声などやむを得ない場合には、日ごろからご近所関係を良好に保っておき、事あるごとに「夜泣き気になりませんか。いつもすいません。」と一言謝るだけでも、ご近所さんは理解し、騒音トラブルに発展しにくくなります。

ルールを守ってゴミ出しを


環境を大事にするこのご時世、厳しいゴミ出しのルールが決められているところもありますが、自治体から決められたルールはまず最低限守りましょう。ルール通りに分別するのはもちろんのこと、マンションなど共有のゴミ置き場が設置されている場合でいつでもゴミを出そうと思えば出せてしまう状況だとしても、ゴミ収集日の当日もしくは前夜にゴミ出しするなどの心配りが必要です。また、指定ゴミ袋が透明の自治体でゴミ袋の中身が見えてしまう場合にはプライベートが見え隠れするようなゴミを内側に入れて外からは見えないようにするなどの配慮もお忘れなく。

行事には参加しよう


町内会の行事や共有スペースの清掃などは、せっかくの休みの日にあることが多くて、ちょっと面倒だと思われる人も結構います。ただ、自分が面倒だと思っていることは、みんなも面倒だと思っているものです。だからこそ、面倒でも積極的に参加するように心がけましょう。こうした行事に参加することで、日頃交流するチャンスのないご近所さんたちとコミュニケーションを図れ、円滑なご近所付き合いがうまれます。

マンションの共有部分はキレイに


住んでいるところがマンションの人は、共有部分の管理もご近所の目が光るポイントになります。マンションの共有部分である玄関前の廊下やベランダにも気を配りましょう。廊下の前に明日出す予定のゴミが無造作に置かれていたりしませんか。また、ベランダに置いた観葉植物の葉が階下のベランダに落ちてはいないでしょうか。共有部分の清掃に業者さんが入っていることもありますが、まずはご自分でチェックして共用部分をキレイに保つよう心がけましょう。

 

いかがでしたでしょうか。
今回ご紹介した隣人交際術は、どれも人付き合いの基本となるものばかりです。思いやりを込めて人と接すれば、きっと思いやりが戻ってきます。その逆も然りです。「人はすべて、自分の鏡」と考えてご近所付き合いを続けていれば、自然とトラブルとは無縁なご近所付き合いができるはずです。この隣人交際術を参考に良好なご近所関係を築いてください。

まとめ

厄介な近所トラブルを未然に防ぐ9つの隣人交際術

・常識の範囲内であいさつを
・親しき仲にも礼儀あり
・引っ越したときは始めが肝心
・話す内容に注意しよう
・うわさ話には加わらない
・物音は意外と騒音
・ルールを守ってゴミ出しを
・行事には参加しよう
・引っ越したときは初めが肝心
・マンションの共有部分はキレイに

彩~Sai~