研修スピーチでみんなの集中をキープさせる7つのコツ

研修スピーチでみんなの集中をキープさせる7つのコツ

スピーチは、どんなに準備をしていても誰でも少なからず緊張するものですよね。
一生懸命準備をしたのにもかかわらず、終わった後に「あの部分をこうしておけばよかった、聞き手は飽きずに聞いてくれたか」と悩んだ経験はありませんか?スピーチしている最中に居眠りをされてしまい、がっかりした経験はありませんか?聞き手が飽きてしまっているのを感じて辛い思いをした経験はありませんか?
スピーチで一番つらいのは、聞き手が集中して聞いてくれないことですよね。
しかし、ちょっとしたコツを知って準備しておけば、実は聞き手のみんなの集中をキープすることができるんです。今日は、研修スピーチでみんなの集中をキープさせるコツをご紹介します。



 

研修スピーチでみんなの集中を
キープさせる7つのコツ

 

雑談や、自分の実体験を交える


スピーチの中でちょっとした雑談、できればスピーチに少し関連する自分の実体験を話しましょう。そうすることによって、聞き手は「この人はおもしろそう、スピーチを聞きたい」と興味がわき集中してくれるはずです。スピーチのどの部分に交えても構いませんが、本題に入る前の一番初めか、前半が交えやすいでしょう。自分の実体験でなくても、家族や知人から聞いた話でも問題ありません。具体的な話をして聞き手の興味をひくことが大切です。

抑揚をつけて話す


抑揚がなく、一定のリズムで話が続くと、どうしても聞き手は集中力が途切れてしまうものです。無理に抑揚をつけようとすると不自然になったり、逆にぎこちなくなってしまうので大事な部分は大きな声でゆっくりと話すように意識してみましょう。それだけでメリハリがついて聞き手の関心が続くようになります。

ジェスチャーを取り入れる


聞き手の多くは、スピーチする人を見ながら聞いているものです。全くポーズを変えずにスピーチしている人よりも、身振り手振りを加えながら話をされたほうが、単純に見ていて飽きません。聞き手の集中を保つためには、スピーチの内容だけでなく、話し手の存在感も必要です。これは耳から入ってくる情報よりも、目から入ってくる視覚的情報の方が更にインパクトがあり大切だからです。また、ジェスチャーを取り入れるとスピーチしている本人も緊張がとけ、リラックスしてよりよいスピーチができる効果も期待できます。

沈黙をあえてつくる


スピーチをする側は、沈黙を恐れる人が多いのではないでしょうか。しかし聞き手にとっては、連続で延々と話が続く方がかえって集中力が途切れてしまうものです。こういう場合にはあえてちょっとした沈黙の時間、つまり「間(ま)」をうまく取り入れてみましょう。
間とは、何も話さずに黙っている時間のことです。急に話が途切れると「あれ、どうしたんだろう?」となり聞き手が一気に集中します。1秒程度の短い間や、数秒の長い間など、場面場面において使い分けるとよいでしょう。間の取り方が難しいと感じる場合は、深呼吸を入れてみましょう。深呼吸をすれば数秒間の沈黙でも自然につくることができます。

聞き手の目を見て話す


話し手は自身の緊張から、聞き手の顔を見ずに話してしまうことはよくあることです。しかしそれでは誠意も伝わりにくいですし、スピーチの説得力もなくなってしまいます。ここは勇気を出して、相手の目を見て話しようにしましょう。聞き手の目を順番に見ながら話すようにすると、聞き手も、「自分を見て話してくれる」と感じてくれます。そうすると、話し手と聞き手の間に互いの信頼感が生まれます。その信頼関係ができれば、自然と聞き手をひきこむことができ、集中して聞いてもらうことができます。

聞き手に問いかける


どんなに魅力的な内容のスピーチであっても、ただ聞いているよりは途中で問いかけがあったり、考えさせられたりする参加型のほうが飽きないものです。スピーチは一般的に聞き手が話す一方通行になりますが、目の前にいる聞き手と直接会話しているつもりで話しましょう。問いかけをして、相手に考えさせるのもいいですし、指名して考えを発表させるのもお勧めです。この問いかけによって聞き手もほどよい緊張感を保つことができ最後まで集中して聞いてくれるはずです。

短い時間で終わらせる


スピーチの持ち時間が決まっている場合は、それに合わせて話をする必要がありますが、
特に決まりがない場合でもだらだらと話すのではなく、自分で時間を決めて話すようにしましょう。一般的に、集中力がもつのは3分程度と言われています。この3分を目安にワンサイクルを完成させ、3分ごとに上で述べた間を入れたり、問いかけを入れたりとして聞き手の集中や緊張を解いてあげならがスピーチを進めていくことがとても重要です。

いかがでしたか。
今日お伝えした7つのコツを意識するだけで、確実にみんなの集中をキープさせる研修スピーチができるようになるでしょう。スピーチを事前に準備する時間がある場合には、しっかりと7つのコツを取り入れて練習してみてください。中には難しいものもあるかもしれません。まずは1つずつでも構いませんので、ご自身が試しやすいものから取り入れてみてください。必ず、今まで以上に聞き手の集中をキープできるスピーチになるはずです。

まとめ

研修スピーチでみんなの集中をキープさせる7つのコツ

・個人的なことや雑談を交える
・抑揚をつけて話す
・身振り手振りを取り入れる
・沈黙をあえてつくる
・聞き手の目を見て話す
・聞き手に問いかける
・短い時間で終わらせる

 

彩~Sai~