会社同僚とのカラオケで必ずウケる7人の鉄板女性シンガー

会社同僚とのカラオケで必ずウケる7人の鉄板女性シンガー

学生の頃、よく友達とカラオケに行ったという人も、社会人になるとプライベートよりも、付き合いで飲み会やカラオケに行く機会が増える事だと思います。カラオケが好きな人なら、自分の十八番を持ち合わせているかもしれませんが、中にはカラオケが苦手と言う人もいる事でしょう。しかし苦手だからと、カラオケに行っても座ったまま何も歌わないというのでは、周りからもいい印象を受けません。せっかくカラオケに来たのだから、何か1曲でも盛り上がる歌を歌ってみてください。そこで今回は、会社の同僚とのカラオケで必ずウケる7人の鉄板女性シンガーをご紹介いたします。カラオケが苦手と言う人はもちろんのこと、カラオケ大好きと言う人も是非参考にしてみて下さいね。



 

会社同僚とのカラオケで必ずウケる
7人の鉄板女性シンガー

 

バラードからアップテンポまで『DREAMS COME TRUE』


30代以上の女性なら、学生の頃によく聞いたアーティストなのではないでしょうか。ヒット曲も多く、ドリカムの曲を聞くと思わず口ずさんでしまう人も少なくはないはずです。またカラオケが苦手と言う人でも、ドリカムの曲は知名度も高いので、みんなが一緒に口ずさんでくれるはずです。なので、多少音程が外れても分かりません。『LOVE・LOVE・LOVE』『決戦は金曜日』『未来予想図Ⅱ』『うれし、たのし、大好き』は知名度が高く、みんなが歌える曲なのでお勧めです。

大人の女性を出すなら『今井美紀』


ドラマやCMでも数多く曲が使われているため、懐かしいと感じる人も多いのではないでしょうか。その中でもカラオケでの人気は『PRIDE』『PIECE OF MY WISH』で、この曲を十八番にしているという人も少なくはないはずです。音域がそれほど広くないので、途中から苦しくなったりする事もありません。また、今井美紀の曲は大人の女性のイメージが強く、同世代だけでなく上司や先輩とカラオケに行ったときにも歌える鉄板曲です。

男女ともにファンが多い『渡辺美里』


渡辺美里の曲も、学生の頃にテレビやラジオでよく耳にしたことだと思います。『My Revolution』『サマータイム ブルース』『卒業』『夏が来た!』などのヒット曲があり、彼女の曲を聞いて元気をもらったという人も多いのではないでしょうか。男性だけでなく、女性ファンも多いので、同世代のカラオケでも盛り上がるはずです。歌に自信が無いという人は、音域がそれほど広くない『My Revolution』がお勧めです。

低音でも歌いやすい『宇多田ヒカル』


宇多田ヒカルのデビュー曲『Automatic』は、いきなりミリオンセラーとなるほど大人気でした。実際にCDを購入したという人も多いはずです。CMや映画の主題歌などにも多くの曲が使われているため、CD購入者でなくても、一度は彼女の曲を耳にしたことがあるのではないでしょうか。『traveling』『Can You Keep A Secret?』などはテンポがよく、カラオケでもウケる曲です。また、歌にあまり自信が無いという人は『First Love』『Automatic』『COLORS』など、ゆっくりしたテンポで歌いやすい曲を選曲してみてください。

みんなで盛り上がる『モーニング娘』


みんなで一緒に盛り上がるなら、モーニング娘がお勧めです。特に『LOVEマシーン』はみんなで盛り上がれる定番曲です。歌だけでなく、振りもつけて歌えばウケること間違えなし。一人で歌うのが恥ずかしいという人は、モーニング娘の曲を選んで、みんなにも一緒に歌ってもらいましょう。他にも『恋愛レボリューション21』『ハッピーサマーウェディング』『ザ☆ピ~ス!』などもみんなで盛り上がる曲です。

青春時代を思い出す『JUDY AND MARY』


30代女子にとって、ジュディマリは青春時代そのもの・・・という人もいるのではないでしょうか。学生時代、カラオケで必ずジュディマリの曲を歌っていたという方も少なくはないでしょう。『そばかす』『散歩道』『OVER DRIVE』などは、ジュディマリのファンでなくても一度は聞いたことがあるはずです。少しキーは高めですが、大きな声で堂々と歌いきってみましょう。

体も自然と動いちゃう『PUFFY』


PUFFYの曲はテンポが良いので、自然と体を曲に合わせて動かしたくなります。メロディーも覚えやすく、みんなが知っている曲が多いので、歌って盛り上がること間違え無し。歌いだした瞬間から、みんなも一緒に歌いたくなるはずです。『これが私の生きる道』『アジアの純真』『渚にまつわるエトセトラ』など、PUFFYの曲はどの曲をセレクトしても比較的歌いやすすいので、ぜひ歌ってみてください。

いかがだったでしょうか。
友達と行くカラオケと違って、会社での付き合いで行くカラオケは選曲に悩むという人も少なくはないはずです。頑張って最新のヒット曲を歌ってみたものの、みんなの反応がいまいちだったということもあるかもしれません。同僚と行くカラオケなら同年代が多いでしょうから、自分が学生だった頃によく歌ってウケた曲をセレクトしてみるのが良いでしょう。みんなが知っている定番曲を歌うことで、きっとカラオケも盛り上がるはずです。

まとめ

会社同僚とのカラオケで必ずウケる7人の鉄板女性シンガー

・バラードからアップテンポまで『DREAMS COME TRUE』
・大人の女性を出すなら『今井美紀』
・男女ともにファンが多い『渡辺美里』
・低音でも歌いやすい『宇多田ヒカル』
・みんなで盛り上がる『モーニング娘』
・青春時代を思い出す『JUDY AND MARY』
・体も自然と動いちゃう『PUFFY』

 

彩~Sai~