住宅ローンが払えない人が今からでもできる7つの対処法

住宅ローンが払えない人が今からでもできる7つの対処法

夢のマイホームを手に入れて楽しく暮らしていくはずが、急な病気やけが、失業、資金計画のミス、離婚などでローンを支払うことができなくなった方、いませんか?

住宅ローンで新居を手に入れて嬉しい反面、支払い続けられるか不安だ、支払えない場合どうしたらよいのかわからないという方も多いでしょう。住宅ローンとはいわば多額の借金です。借りたお金は返すものというのが一般的モラルですから、支払えないからといって簡単に許されるわけではありません。

しかしどうしても支払えない場合どのように対応すればよいのかを知っているだけで、自分への負担は大きく変わってきます。住宅ローンが払えない!と焦って思いつくままに行動するのではなく、こんな時こそ冷静に今後のことを考えて計画的に行動しましょう。



 

住宅ローンが払えない人が
今からでもできる7つの対処法

 

金銭消費貸借契約をよく読む


住宅ローンが払えない前提でローンを組む方はいないと思いますが、この契約内容はよく読んでおきましょう。この契約内容をよく読んでおくと、もし住宅ローンが払えなくなった場合の対処なども記載されているはずです。契約書は分厚くて字も小さく読むのを敬遠してしまいますが、人生を左右する大事なことが書かれているのですから必ずしっかり読み込みましょう。

住宅ローンの借り換えを検討する


初めて住宅ローンを払えないという状況になったのであれば、現在の金融機関よりも他の金融機関に借り換えすることで利率が下がり、支払額を少しでも減らすという方法があります。借り換え先の住宅ローン諸費用がかかってしまいますが、利息の軽減をすることで総返済額は軽減されるのです。新規借入時と同様の手間はかかってしまいますが検討の価値はあります。

融資元の金融機関に相談する


他の金融機関との借り換えを決定する前に、今の融資元である金融機関にも相談をしましょう。住宅ローンの借り換えをしたいという相談をすれば、検討先の金融機関と同様の金利に下げてもらえる可能性もあります。また、借り換え自体が難しいという年代の方も融資元の銀行にはすぐ相談するべきです。住宅ローンが返せないからといって何も言わずに滞納してしまうのは金融機関側から見てもとてもイメージが悪いですが、すぐに相談があれば何らかの対応をしてくれるはずです。言いにくいことだとは思いますが、抱え込んでもどうしようもないことなのですぐに相談しましょう。高金利の別の金融機関からさらに借金をしてまでローンを払おうとするのは決してやめてくださいね。

生活費の見直しと改善をする


住宅ローンが払えないという状況を少しでも避けるためには、日常生活における費用の見直しや改善も必要です。節約は必要ですが、だからといって食費などを削って家族の健康を害すようでは元も子もありません。見直すのであればまず最初に生命保険や自動車保険などの保険関係の見直しを検討しましょう。住宅ローンを組む際に必ず団体信用生命保険へ加入しますが(民間金融機関の場合)、現在組んでいる生命保険と内容が重複しているという場合もあります。その他保険の見直しをすることで保険料が大幅に減額される可能性があります。保険料の見直しは必ずしておきましょう。

弁護士や司法書士に相談して、任意整理をする


任意整理とは、弁護士や司法書士が金融機関と直接交渉をして、支払いが可能になるような条件にしてもらうことです。裁判所が関与しないので、自己破産とは違い裁判所に提出する書類などもありません。しかし利息が減る一方で債務全体の減額率は低く、任意整理手続きに応じない業者が増えているという実態もあるので注意が必要です。

売却を検討する


住宅ローンを三カ月連続で滞納すると、金融機関が自動的に住宅を競売にかけてしまいます。そもそも住宅ローンの返済猶予は三ヶ月から一年ほど(金融機関によって違いあり)ですが、三ヶ月を過ぎると金融機関から借入残高の一括返済を求められます。それと同時に強制的に競売にかけられるのですが、競売にかけられる住宅は想像以上に低価格で売られます。なので、もし競売で売れたとしてもさらにローンだけ残ってしまうということになるのです。しかし三ヶ月も滞納する前に早めに任意売却をすれば、ローンの差額をかなり減らすことができる可能性が出てきます。任意売却とは、専門の不動産コンサルタントがローンを組んだ利用者と金融機関の間に入って売買契約をすることです。任意売却をすることによって市場価格に近い高額の売却が期待できます。これにより、無理のない返済計画に基づいた少額返済が可能になるのです。また競売にかけられるとなると裁判所が介入してくるので精神的にもダメージを受けやすいですが、任意売却であれば諸費用を負担することなく自分で決められることも多い為精神的負担が少なくて済みます。せっかく手に入れたマイホームを手放すのはとても心苦しいことですが、家族の幸せは家だけではないはずです。家族の笑顔を守る為にも、少しでも最善の方法を選択しましょう。

個人再生をする


これは住宅ローン以外にも債務がある場合に有効な話ですが、自己破産をすると家が競売にかかり引っ越しを余儀なくされるところ、住宅ローン以外の債務についてのみ整理することができるのが個人再生(正確には住宅資金特別条項を定める個人再生手続き)です。この手続きをするには、建物に金融機関の抵当権が設定されていることが条件にあるので、よく契約を確認してください。また住宅ローンの抵当権設定の際、住宅ローン以外のカードローン等を担保する為の抵当権を第二順位で設定していると手続きができなくなってしまうので注意してください。この個人再生についても、なるべく早く専門の司法書士等に相談をした方がよいです。何事も手遅れになる前に、様々な方法を考えておきましょう。

いかがでしたでしょうか。
夢の我が家を購入する時は、嬉しい気持ちなどが先走って払えなくなった場合のことをあまり考えなくなってしまいますよね。しかし、人生はいつ何が起こるかわかりません。突然の病気、失業、どうしても避けられない不運などもあります。住宅ローンが払えない!と焦ってしまうのではなく、そうなった場合を想定してどのように対処するか事前に家族で話し合っておくことはとても大切なことです。住宅ローンが払えないということはあまり考えたくありませんが、もしそうなった場合にも焦らず家族を支えていけるよう、最低限の情報を頭に入れておいてくださいね。

 

まとめ

住宅ローンが払えない人が今からでもできる7つの対処法

・金銭消費貸借契約をよく読む
・住宅ローンの借り換えを検討する
・融資元の金融機関に相談する
・生活費の見直しと改善をする
・弁護士や司法書士に相談して、任意整理をする
・売却を検討する
・個人再生をする

 

彩~Sai~