自分に甘い私が諦めず、続けるきっかけになった7つの言葉

自分に甘い私が諦めず、続けるきっかけになった7つの言葉

ダイエットや仕事、資格の取得など何か新しいことを始めるとき、「よし、がんばるぞ」と気合を入れて取り組むはずです。しかし時間が経つにつれてモチベーションも下がり、気が付いたら初めの気合はどこへやら。最終的には目標が達成される前に諦めて、辞めてしまったという人も少なくはないはずです。中には自分に甘く、目標を決めたものの理由をつけては「明日から」「来月から」などと先延ばしにしている人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、自分に甘い私が諦めず続けるきっかけになった7つの言葉をご紹介いたします。これから何かをやろうと考えている人はもちろんのこと、今目標に向かって頑張っているという人も、ぜひ参考にしてみてください。



 

自分に甘い私が諦めず、
続けるきっかけになった7つの言葉

 

『失敗したところでやめてしまうから失敗になる。成功するところまで続ければそれは成功になる』


これはパナソニックの創設者、松下幸之助の名言です。経営の神様とも呼ばれ、多くの本も出版しています。どんなことでも途中で物事を辞めてしまうと、それは成功とは言えません。「どうせ私なんか何をやってもうまくいかない」と思っている人は、成功まで続けていないのです。自分に甘い人は、そこはまだ成功途中と思って諦めずに続けてみてください。

『険しい丘に登るためには、最初にゆっくり歩くことが必要である』


これはイングランドの劇作家、詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表するシェイクスピアの名言です。自分に甘い人は、予定を立てずに行き当たりばったりという人が多いのではないでしょうか。初めはハイペースで突っ走り、だんだんとペースダウン。最後はゴール前に挫折する、という経験をした人も少なくはないはずです。最終目標に到達するためには、自分のペースを崩さずにゆっくりでも進めていくことが大切なのです。

『努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない』


これは元プロ野球選手で、読売ジャイアンツの監督でも有名な王貞治の名言です。自分に甘い人は目標設定が低い人が多く、努力しても成果が報われないと思いがちです。それはまだ努力が足りない証拠。努力をしていれば必ず報われます。「だって・・・」と言い訳をする前に、もう少し努力を頑張ってみてください。

『他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ』


これはイギリスの銀行家、政治家、生物学者、考古学者でもあるジョン・ラボックの名言です。人は誰でも他人と自分を比較してしまうものですが、他人と自分は違うのは当たり前。しかし自分に甘い人は「どうせがんばっても○○ちゃんよりできないし」と理由をつけて、努力しない人もいるのです。まずは他人と比較するのではなく、去年の自分と比較してみてください。去年よりも少しでも成長出来ていたら、自分を誉めてあげてくださいね。

『100回叩くと壊れる壁があったとする。でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、90回まで来ていても途中で諦めてしまう』


これは今ではスポーツキャスターやCMでもおなじみ、元男子プロテニス選手の松岡修造の名言です。何かにチャレンジする時、どの程度頑張れば成果が出るのかは人によって異なります。誰でも成功へのゴールが分からないから、途中であきらめてしまうというのです。結果が出なくて、挫折しそうになっても、ゴールはもう目前かもしれません。自分に甘く「もういいや」と思ったら、あと10回頑張って壁を叩いてみてください。

『失敗したからって何なのだ?失敗から学びを得て、また挑戦すればいいじゃないか』


これは世界的に有名なアニメーションキャラクター「ミッキー・マウス」の生みの親ウォルト・ディズニーの言葉です。自分に甘い人の中には、失敗や責任恐れて新しいことにチャレンジはしないという人もいるはずです。ウォルト・ディズニーは何度も失敗を繰り返してはまた挑戦し、私たちに夢と希望を残してくれました。失敗してもまたチャレンジすれば良いのです。

『年をとったからこんなことはできない、そう思ったら今すぐやったほうがいいわ』


これはアメリカの女流作家マーガレット・デランの言葉です。自分に甘い人は「明日からやろう」「来週からやろう」「来年になったら・・・」と物事をどんどんと先延ばしにしていませんか。今私たちがやろうとしていることを、年をとってからはできないことかもしれません。やりたいことは後悔が残らないように、今始めてみてください。

いかがだったでしょうか。
自分に甘い人はどうしても楽な選択を選んでしまいがちです。しかし、それではいつまでたっても目標は達成されません。目標が達成できないと「どうせやってもうまくいかない」「いつものことだし、まあいいか」となってしまいますよね。自分に甘くすぐに挫折してしまうという人は、今回ご紹介した名言を思い出してみてください。また今からダイエットや資格の取得など、何か新しいことを始めるという人も、ぜひ自分に合う名言を見つけて心の支えにしてみてくださいね。

まとめ

自分に甘い私が諦めず、続けるきっかけになった7つの言葉

・『失敗したところでやめてしまうから失敗になる。成功するところまで続ければそれは成功になる』
・『険しい丘に登るためには、最初にゆっくり歩くことが必要である』
・『努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない』
・『他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ』
・『100回叩くと壊れる壁があったとする。でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、90回まで来ていても途中で諦めてしまう』
・『失敗したからって何なのだ?失敗から学びを得て、また挑戦すればいいじゃないか』
・『年をとったからこんなことはできない、そう思ったら今すぐやったほうがいいわ』