不眠だった私が嘘のようによく眠れる7つの秘密のツボ

不眠だった私が嘘のようによく眠れる7つの秘密のツボ

毎晩、リラックスしてゆっくり眠りたいのになぜかなかなか寝付けないという経験、誰にでもあるかもしれません。数日の事ならそれほど気になりませんが、不眠が続くと疲れがとれずに翌日に響きますし、寝たいのに眠れない時間というのはとても辛い時間です。不眠の原因はいろいろありますが、自律神経のバランスが乱れて交感神経・副交感神経のスイッチがうまく切り替わらない事も一つの要因となります。そんな時にぜひ試してほしいのが不眠に効くツボ。ツボの中には副交感神経のスイッチを入れるのに有効なツボがあると言われています。道具も必要なく自分で手軽にできますし、ツボを押すと単純に気持ちが良くてリラックス効果もあります。ここでは不眠に効くツボを7つご紹介します。



 

不眠だった私が嘘のように
よく眠れる7つの秘密のツボ

 

第一・第二安眠点(だいいち・だいにあんみんてん)


耳の後ろ側、耳たぶの下のくぼみから指2本分内側に入ったところが第一安眠点、更に指2本分内側に入ったところが第二安眠点です。肘をテーブルなどについて安定させて親指をツボに当ててから頭の重みをかけて押していくと、簡単に刺激することができます。約10秒押して離す事を左右交互に5分間繰り返すと効果的です。第一安眠点を押しても眠くならない時は第二安眠点を押してみてください。不眠の人は緊張状態が続いて首や後頭部がこっていることが多く、このツボはコリにも効くので、不眠だと感じたらまずこのツボを押してみてください。

百会(ひゃくえ)


両耳をつないだ線と顔の真ん中を通る線が交わる部分、頭の頭頂部にあるツボで、その名前からわかるように、全身のさまざまな症状に有効な万能のツボです。ストレスが多い生活を続けていると自律神経が偏ってしまいますが、この百会のツボはストレスを緩和させる癒しのツボと言われています。片手を握りこぶしにしてツボに当て、もう片方の手を添えて両手で押します。痛気持ちいいぐらいの力で10秒押して離すを5分繰り返すと効果的です。

神門(しんもん)


耳の一番上のくぼみの真ん中にあるツボです。このツボも気になることがあって眠れない、昼間起こった嫌なことを何度も思い出してしまうなど、神経の高ぶりを押さえてくれると言われています。両耳の神門に人差し指を当て、気持ちいいと感じるぐらいの強さで1~2分もみほぐすといいでしょう。

丹田(たんでん)


おへその下約3cmのあたりにあるツボです。あぐらをかき、女性は右手を下、男性は左手を下にして両手を重ねて丹田に置き、目を閉じてリラックスしてから丹田に意識を集中しながら大きくゆっくりと呼吸をします。呼吸は自律神経系でコントロールされていて、丹田で大きな呼吸をすることにより、自律神経系が過緊張になっている場合はリラックスさせます。また、疲れて機能低下している場合は適度の緊張を取り戻させて回復します。なかなか眠れないのは交感神経が優位に立っているからで、興奮した気持ちを丹田に下ろすことで心身ともに落ち着いて安眠に導いてくれます。

内関(ないかん)


手首のしわから指3本分上の真ん中あたりにあります。吐き気などに効くと言われ、乗り物酔いの時などにも良いと言われるツボですが、自律神経のバランスを正常にし、心身をリラックスさせたり、心臓の働きを促すツボでもあります。目を閉じて深呼吸をしながらツボを押し上げるように刺激します。

足三里(あしさんり)


奥の細道の序文で松尾芭蕉が灸をすえたことで有名なツボで、膝の下から約2~3cm外側の、探し当てると足首辺りまでズ~ンと響く感覚があるのですぐにわかります。足三里は全身の血行をよくして疲れた心と体を活性化してくれて、健康増進のための万能のツボで不眠にも効くと言われています。親指やこぶしで気持ちいいぐらいの力でグーッと押したり、トントンとたたいても気持ちがいいので、5分ぐらい刺激するといいでしょう。

失眠穴(しつみんけつ)


足の裏、かかとの真ん中の少しへこんだところにあるツボです。高ぶった神経を落ち着かせて眠気を誘うと言われています。なぜか目がさえてなかなか寝付けないという時におススメのツボです。座って足首を持ち、反対の手で失眠穴を20回程度ゆっくりとたたいて刺激します。布団に寝ころんで両膝を立て、かかとを布団にすりつけるようにするのも効果的です

 

いかがでしたか。
日中しっかり太陽に当たる、程よい疲れを感じるぐらいに体を動かす、ぬるめのお風呂にゆっくりとつかる、就寝時間前にはリラックスして過ごすなど、安眠に良いことをいろいろ試してもどうしても眠れない・・・。そんな時は、不眠に効くとされるツボを押してみませんか。ツボが本当に効くの?と半信半疑でも、目を閉じてゆっくり呼吸をしながら自分の体にじっくりと向き合う時間が、心を安定させて安眠に導いてくれますよ。

まとめ

不眠だった私が嘘のようによく眠れる7つの秘密のツボ

・第一・第二安眠点(だいいち・だいにあんみんてん)
・百会(ひゃくえ)
・神門(しんもん)
・丹田(たんでん)
・内関(ないかん)
・足三里(あしさんり)
・失眠穴(しつみんけつ)

 

彩~Sai~