冷え切った心と体を優しく癒す★ホットカクテル5つのレシピ

冷え切った心と体を優しく癒す★ホットカクテル5つのレシピ

薄暗いバーやレストランで、様々な色のネオンのように輝くカクテル。その色とりどりの美しさは目や心を癒してくれますが、味も様々でとても魅力的な飲み物ですね。一般的にはつめたく冷えた飲み物のイメージですが、最近では寒い季節にも美味しく飲めるホットカクテルにも人気が出てきました。冷たいはずのカクテルをどの様に改良したホットカクテルに人気があるのか、今日は人気の5つのレシピを見ながら、その流行について学んでみましょう。バーでも、そしてお家でも、もっと気軽にホットカクテルを楽しめるアイディアを学んで、ちょっと暗くムーディーな雰囲気にしたお部屋で、おうちバーを満喫しちゃいましょう!



 

冷え切った心と体を優しく癒す★
ホットカクテル5つのレシピ

 

カクテル初心者にも飲みやすい、ホット・カルーア・ミルク


人気が高く、飲みやすいカルーア・ミルク。ホットにしても美味しくないわけがありません!そもそもカルーアはメキシコで生まれました。アラビカ種のコーヒーを原料としたコーヒーリキュールです。ミルクを入れますから、ゆったりとリラックスタイムを過ごすのにも打ってつけのホットカクテルと言えますね。作り方もとっても簡単で、ミルクをレンジやお鍋でしっかりと温めて、そこにお好みの量のカルーアを注いでください。甘さやアルコール度をうまく調整してください。お好みで生クリームやコーヒーパウダー、シナモンパウダーなどのスパイスを入れても、更にコクが出て大人の味になり、美味しくいただくことができますよ。

ちょっと風邪気味の時にもおすすめ、ホット・カンパリ


カンパリ・オレンジ、などでもお馴染みのカンパリ。綺麗な赤い色で、ちょっと苦みのある大人の味のカクテルですね。イタリアのカンパリという人が開発したリキュールです。オレンジやレモンなどの柑橘系のフルーツとよく合うので、このカンパリとレモン、或いはオレンジにはちみつを合わせて温めてみましょう。温めることによってレモンやオレンジがより香り高くなり、身体の芯から温まります。はちみつやビタミンCの作用により、風邪気味で少し熱があったり、のどに少し違和感を感じている時に飲むのにピッタリの、身体に優しいホットカクテルです。カンパリリキュールに熱く沸かしたお湯を適量と、柑橘系のジュース、はちみつをお好みの量で入れ、お好きな甘さ、アルコールの強さに調整してください。色の美しさもよく鑑賞してくださいね。

こちらも体調がすぐれない時におすすめ、ホット・ドラム


寒い季節はどうしても体調不良が起こりやすくなり、冷え性や血行不良に悩まされがちです。そんなお悩みをお持ちの、特に女性におすすめなのが、ホット・ドラム。これはドランブイというスコッチウィスキーをベースとした、ハーブやはちみつの入ったリキュールを使います。ドランブイにレモンジュースをその3分の1くらいの量入れて、熱湯適量と合わせます。シナモンスティックでクルクルと混ぜることで、より本格的な味にパワーアップしますね。ハーブがリズムの狂った身体を整え、風邪などにも優しく作用して、質の良い眠りを誘ってくれることでしょう。薬に頼らず、ホットカクテルで風邪を治せちゃったら最高ですよね!

まろやかで深い味わい、ホット・バタード・ラム


名前からしても、コクがあってとっても美味しそうですね。ホットカクテルの定番とも言われる、人気のホット・バタード・ラムをご紹介します。ラムはサトウキビを原料とする蒸留酒です。お酒として飲むだけではなく、ケーキの生地に練り込んで焼いたり、レーズンを漬け込むのに使われ、スウィーツにピッタリ合うことでも有名ですね。ですからバターにも合うのがうなずけます。作り方は、まずは熱湯を準備し、ラムだけでは甘さが足りないので、作った熱湯で砂糖を溶かします。そこにラム酒を入れます。最後に溶かしたバターを加えてコクを加えるのです。お好みでシナモンなどのスパイスを加えると、より美味しい味わいになります。温かいお部屋で、ゆっくりと味わいたいホットカクテルですね。

はまる女性多数!エッグノッグ


なんと、卵を使ったホットカクテルです。そもそもエッグノッグは、牛乳や砂糖、溶き卵、クリーム、スパイスなどで作ったフワッとした飲み物で、ヨーロッパではポピュラーです。材料を見て予想できる通り、カスタードやプリンのような味です。そこにブランデーやラムなどのリキュールを加えると、ホットカクテルに変身してくれるわけです。まずは卵黄に砂糖を入れて、クリーム状になるまでしっかり混ぜます。ここでの頑張りで完成時のフワッと感がだいぶ変わりますので、気を付けましょう。これに牛乳を加え、弱火でゆっくりと温めていきます。次第にトローっとフワーッとしてくるので、そこにブランデーや、ラム、ワインなどのリキュールと、お好きなスパイスを加えます。まるでスウィーツのようなホットカクテルの完成です。

いかがでしたか。

寒い季節にもカクテルを楽しめる工夫がたくさんありますね。自分のお好きな甘さやアルコール度に調節し易いのも魅力のひとつ。温かいことで冷たいカクテルよりも量はあまり飲めませんから、身体にも優しいですね。楽しく作って、ゆっくりと美味しく飲んで、心も身体も温まりましょう。ポイントになるのはスパイスですが、もちろん好き嫌いがありますから、必ずしも入れなければならないわけではありません。寒い季節の楽しみ方がひとつ増えましたね。

まとめ

冷え切った心と体を優しく癒す★ホットカクテル5つのレシピ

・カクテル初心者にも飲みやすい、ホット・カルーア・ミルク
・ちょっと風邪気味の時にもおすすめ、ホット・カンパリ
・こちらも体調がすぐれない時におすすめ、ホット・ドラム
・まろやかで深い味わい、ホット・バタード・ラム
・はまる女性多数!エッグノッグ

彩~Sai~