自分では気付かなかった5つの歯ぎしりの原因と改善策

自分では気付かなかった5つの歯ぎしりの原因と改善策

朝起きて顎がだるかったり、頭痛や肩こりがひどい!などの症状はありませんか?そんな症状がある人はもしかしたら歯ぎしりが原因かもしれません。

人から歯ぎしりを指摘をされて初めて気づいた人も少なくないでしょう。歯ぎしりとは上下の歯をすりあわせる事だけではなく、歯を強く食いしばる事や、上下の歯をカチカチ鳴らすことも指しています。

今回は、自分では気づかなかった歯ぎしりの原因がわかる5つの方法をご紹介します。歯ぎしり歯や顎への負担がとても大きく、もろくなることもあるんです。歯ぎしりの原因は歯並びだけではありません。

原因をしっかり理解して早めに対処して大切な歯と顎に負担をかけないように気をつけていきましょう。



 

自分では気付かなかった5つの
歯ぎしりの原因と改善策

 

かみ合わせや歯並びが原因


歯のかみ合わせや歯並びがが悪いことが歯ぎしりの原因になることは一番認知されていることです。歯の状態は日々変化しています。体重や体型の変化と同じように、成長や、歯の状態、虫歯や歯周病などの状態にも影響を受けて変化しているのです。歯のかみ合わせに違和感を感じたり、歯が欠けているのを発見したときには、後回しにせず、まずは歯医者さんでチェックしてもらいましょう。

ストレスによる歯ぎしり


何が我慢をしている時や、極度なストレス状態にあるときに歯を食いしばる事がありますよね。これは大人だけでなく、子供にも多く見られる症状で、歯ぎしりの原因の中でも上位に上がる理由だと言われています。また、集中している時にも同様に歯ぎしりをしている人も多いようです。少しでも思いあたる人は気にして気をつけてみてください。

たばこやお酒が歯ぎしりの原因


過度なアルコール摂取や、たばこは体に害をもたらすことがあります。例えば睡眠の質が下がるということがあげられます。睡眠の質が下がり、浅い睡眠が続くことは歯ぎしりの原因にもつながっていきます。更にはいびきの原因にもつながりますので、アルコールの摂取量を気をつけたり、たばこを控えるなどの処置を検討してみてくださいね。

逆流性食道炎が原因


逆流性食道炎という名前を聞いたことありますか。一見、関係がないように思える病名ですが、実は深い繋がりがあります。逆流性食道炎が原因で口内が胃酸で酸性状態になります。その場合、体内では中性状態に戻そうと胃液を分泌するのですが、その際歯ぎしりをする事が多くなるということが知られています。逆流性食道炎の方は認知しておきたい原因の一つですね。

えらがはって、顔が大きく見えてしまうことも


体重が変わっていないのに顔が丸くなった。や最近えらが張ってきたかも。なんて自覚のある人は、もしかしたら歯ぎしりの原因かもしれません。いびきをチェックできる睡眠チェッカーなどの携帯アプリなどで一緒に歯ぎしりもしていないかチェックしてみるのも効果的です。

いかがでしたか。
食べ物を摂取することは生き物に取って欠かせない事ですし、歯や顎は食べ物を食べていくのに重要な大切な部分です。そして、歯ぎしりは歯や顎への負担がとても多いので、歯が欠けたり割れたりするほどの影響があるのです。少しでも、歯ぎしりの原因で気になることがあれが、早めに対処するように心がけて行きましょう!自分では気づかなかった歯ぎしりの原因がわかる方法を参考にして、健康な歯を維持していきましょうね。

まとめ

自分では気づかなかった歯ぎしりの原因がわかる5つの方法

・かみ合わせや歯並びが原因
・ストレスによる歯ぎしり
・たばこやお酒が歯ぎしりの原因
・逆流性食道炎が原因
・えらがはって、顔が大きく見えてしまうことも

 

彩~Sai~