旦那にむかつく気持ちをスッキリ流す7つの発想転換術

旦那にむかつく気持ちをスッキリ流す7つの発想転換術

付き合っていた頃や結婚当初などは、旦那さんが何をしても許してしまう、いわゆる「恋は盲目」の時期があったかもしれませんが、長年一緒にいると、いろんな場面でむかつく事はでてきますよね。元々育った生活環境の違う二人です。自分の感覚では普通でも、旦那さんからはおかしいと言われたり、反対に何でこんな事して平気でいるの?なんて思う事があるかもしれません。そんなことですぐに離婚を考えるまではいかないものの、このむかつく気持ちは一体、どう処理すればいいのでしょうか。そんなモヤモヤしたときは、発想を変える事でうまく切り抜けることができます。
今日は旦那さんにむかついた時には、どう気持ちをスッキリすれば良いか、7つの発想の転換方法をお教えします。



 

旦那にむかつく気持ちをスッキリ流す
7つの発想転換術

 

旦那を大きな子どもだと思う


子どもがしたことなら腹が立たないことでも、旦那さんがするとむかつくという経験はないでしょうか。散らかし放題や、自分勝手な言動などは、子どもがすれば、腹が立ちつつも、「仕方がない」と思えるはずです。でも旦那さんだと、なぜこうしてくれない!とか、なぜそんなワガママができるの?!などと思ってしまいがちです。これは旦那さんを自分と対等に見て、できるはず、してくれて当然と思うからむかつくのです。
こういう場合は、旦那さんを大きな子どもだと思ってみてはいかがでしょうか。身体は大きくても中身は子どもだから仕方ないと思えば、諦める事もできますし、この思いは自分を優位に立たせるものにもなります。「私を思いやる事もなく、むかつく言動をする旦那は子どもなんだ。でも私は大人だから、そんな旦那に寛大な対処ができるのよ」ぐらいに思うと、逆にちょっと優越感が出て、むかつきも薄れてきます。

自分の価値観を押し付けない


結婚式の時、良き時も悪き時も、また病める時も健やかなる時も共に歩むという誓いの言葉があるように、夫婦は結婚する事で運命共同体となります。だから何事も、「二人で」という思いから、いつの間にかご主人のテリトリーに入り込み、自分の価値観を押し付けてはいなかったでしょうか。
夫婦の間に秘密があってはいけない、夫婦なんだから同じ様な考え方をしなければいけないと思っていると、自分と同じ考えを持たない旦那さんに対して、むかつくことが増えてしまいます。運命共同体であり死を分かつまで共に助け合って生きる事と、相手に干渉しすぎて価値観を押し付ける事は全く違います。
旦那さんのむかつく言動は、実は価値観の違いからかもしれません。旦那さんにも彼自身の価値観があり、自分とは違う人間であるという事を認識しましょう。また価値観が違う人に、自分の意見や考えを押しつけることはやめましょう。

大好きだった時の事を思い出す


付き合っていた頃は、良い所がたくさん見えていても、結婚すると共に生活することで全てが見えて、嫌なこともどうしても直面せざるを得なくなります。そしてむかついた時は、旦那さんの嫌な所にしか目が行かなくなってしまうものです。ネガティブな感情は、雪だるま式にどんどん増えていき、あの時もこうだった、この時もそうだったと、旦那さんの悪かった事ばかり思い出してしまうものです。これでは余計むかつくだけで、旦那さんの事が嫌いになってしまう一方です。
こんなときは、旦那さんを大好きだった時の事を思い出してみましょう。つきあっていた頃を思い出し、何が良くて結婚しようと思ったのだろうと、もう一度振り返ってみましょう。嬉しかった思い出や、どんな所に惹かれ尊敬していたかなど、旦那さんの良い所を思い出せるだけ思い出してみましょう。あの頃の良い思い出を振り返れば、むかついてモヤモヤした感情が少しは安らいできます。

旦那がいなくなった未来を考える


旦那さんがいることは、あなたの生活の中で当たり前で、朝仕事に行ったら、夜必ず帰ってくると思っていることでしょう。でも人生に「必ず」という事はありません。朝からむかつくことをされ、ムッとした顔つきで旦那さんを送り出したのが最後、旦那さんが会社で倒れたとか、不慮の事故で亡くなられたなんてことになったらどうでしょう。
また、むかついてもう離婚だ!と、気持ちが高ぶる事がありますが、本当に旦那さんのいない未来というものがどういうものなのか、一度想像してみましょう。今まで共に歩んできたパートナーを失うことは、とても悲しいことだと、冷静になって思えるようでしたら、些細な感情で楽しかった日々もすべてご破算にするところだったと気がつくことでしょう。むかつく感情は一時のことですが、旦那さんがいない未来はこれからずっと続くのです。旦那さんがいない未来より、いてくれる未来の方が楽しいと思えるのであれば、むかつく気持ちも自然と失われていくことでしょう。

可愛い仕返しを考える


どうしてもむかついて仕方ない場合には、いっそうのこと、可愛い仕返しをしてみるのはいかがでしょうか。
お弁当持ちの旦那さんなら、彩のいいお弁当のご飯の上にむかついた気持ちを海苔で表すとか、質素な日の丸弁当にして、ひと言「夕食はすき焼きです」とメモ書きを挟んでみたり、お弁当に細工を施してみるのもいいですね。
また家の時計を少し進めておいて、朝、旦那さんをそのまま会社に送り出したり、さらには旦那さんが寝ている間にアイライナーで顔に落書きをしちゃうなど。
ポイントは、あくまで「可愛い仕返し」です。旦那さんがびっくりするものの、それほど腹を立てない程度が基本です。本気で嫌な思いをさせる仕返しですと、夫婦の関係を悪化させるだけで何の効果もありません。仕返しをして自分の怒りをスッキリさせることも重要ですが、やられた旦那さんもあなたの愛らしい仕返しにクスッと笑ってしまうぐらいの心の余裕を与えることが一番重要です。
相手に心の余裕を持たせてこそ、あなたの仕返しの真意について考えることができます。胸に手をあて、あなたがなぜこんなことをしているのかを旦那さんに考えさせるきっかけ作りとしての仕返しを試みましょう。

鏡を見てにっこり笑ってみる


むかついている時、自分はいったいどんな顔をしているのでしょうか。眉間にシワを寄せ、口元をゆがめた顔になっているかも知れません。毎日そんな顔をしていると大変!普段から眉間にシワが寄った顔になってしまいます。
旦那さんにむかついてイライラしたときは、あえて鏡の前に立ち、自分の表情を観察してみましょう。人間という生き物は不思議と、鏡の前ではいい表情を作ろうと無意識のうちに働きかけるものです。
鏡に映った自分の顔を客観的に見て、怖い顔をしていたなら、その分、鏡の前でにっこりと笑って笑顔を作ってみましょう。自分の表情を良いものに変えるだけで、不思議とむかつく感情は抑えられます。

グッと堪えられたらご褒美


むかついた時は感情的になってしまい、売り言葉に買い言葉と、旦那さんを攻め立ててしまうものです。でもこれでは余計に二人の関係を悪くし、むかつく気持ちもMAXになってしまうだけで、何の解決にもなりません。むかつく感情も時には我慢が必要になります。ですがあなただけ一方的に我慢するのはやっぱり嫌ですよね。
そんな時は、このむかつきをグッと我慢できた自分へ何かご褒美をしてみるのはいかがでしょうか。自分がプチ満足できるご褒美を思い浮かべてみましょう。旦那さんにむかついてもそれがご褒美に変わり、ほんの束の間の幸せを味わえるのであれば、怒りもスッキリ洗い落とせることでしょう。

 

いかがでしたでしょうか
旦那さんにむかついた時の気持ちをスッキリ流す、発想の転換方法がわかって頂けたでしょうか。苦楽を共にしてきた旦那さん、これからまだまだ長い人生をあなたと共に歩んでいかなくてはいけません。
日々のちょっとしたむかつきには今日ご紹介した発想の転換を利用して、自分の心に溜めこまず、その都度、スッキリ流していきましょう。むかつくことは思いのほかエネルギーを使うものです。そんなネガティブな感情に大きなエネルギーを使うなんて勿体ないことです。今日ご紹介した発想の転換方法を試して、旦那さんへのむかつきが減り、あなたが夫婦円満に過ごせることをお祈りします。

まとめ

旦那にむかついた気持ちをスッキリ流す7つの発想転換術

・旦那を大きな子どもだと思う
・自分の価値観を押し付けない
・旦那がいなくなった未来を考える
・大好きだった頃を思い出す
・可愛い仕返しを考える
・鏡を見てにっこり笑ってみる
・グッと堪えられたらご褒美

彩~Sai~