40歳の誕生日を迎える旦那を涙させるサプライズバースデー5案

40歳の誕生日を迎える旦那を涙させるサプライズバースデー5案

歳を重ねるにつれて誕生祝いは少しずつ地味になってきますよね。むしろ忘れてしまうことさえもあります。ずっと一緒にいる旦那さんの誕生日はもう祝っていないという方、ケーキや食事だけ、という方も多いでしょう。

確かにそれだけでも嬉しいでしょうが、せっかく節目を迎える誕生日であれば、旦那さんをもっと喜ばせてみませんか?子どもの誕生日を祝うので精いっぱいという方もいると思いますが、毎年といわず節目の誕生日だけでも盛大に祝ってみると夫婦関係は良好になります。

旦那さんとの会話が減ってきたという方、誕生日をきっかけに歩み寄ってみませんか?恥ずかしくて普段言えないようなことも、誕生日になら伝えられるきっかけになるはずです。

ぜひ旦那さんの誕生日をサプライズでお祝いして、夫婦円満になりましょう。



 

40歳の誕生日を迎える旦那を涙させる
サプライズバースデー5案

 

家族みんなで忘れたフリをする


これはよくある演出かもしれませんが、朝一番に「おめでとう!」と言わず、ずっと黙っておいて後で驚かすというパターンです。もしくは前もって「誕生日はサプライズではない」というアピールのもと、当日は誕生日ケーキを食べて別日にどこかで違うサプライズを用意しておくのです。誕生日祝いはもう終わったんだ。と油断させた隙に突然何かをされると、一気に感動度が増しますよね。子どもも一緒に巻き込むことで母と子で楽しく取り組めますが、子どもが我慢できずに秘密をばらしてしまう可能性もあるので要注意です。

家族や友人からのビデオレター入りDVDを渡す


現代のスマホやパソコンはとても発達しており、写真や動画を取り込むだけで音楽入りのビデオレターなどが簡単に作成できるようになっています。一人でも何人でも構わないので、あなたや子ども、親や兄弟、友人などからのお祝いメッセージを入れましょう。撮影など大変なこともあるでしょうが、旦那さんの感激した様子を想像してください。きっとあなたの頑張りや気持ちが伝わるはずです。素直に喜べない旦那さんだとリアクションが悪いという場合もあるでしょうが、喜んでいるように見えなくてもきっとこのDVDは宝物になることでしょう。ただあまり凝り過ぎるとどんどん大変になってしまうので、頑張り過ぎて日常生活に支障が出ないように気を付けましょう。

行先を告げずに温泉などに連れて行く


旦那さんが好きなアーティストなどいないという場合もあるでしょう。そんな場合は、行先を告げずに温泉などリラックス出来る場所へ連れて行き、日頃の疲れを労わりつつ旦那さんの誕生日を祝いましょう。温泉に入った後はゆっくりマッサージをしてあげると、旦那さんもさらに喜んでくれることでしょう。移動中もできれば行先を隠したいので、あなたが運転できるのであれば不審がる旦那さんを何とか説得して目隠しをしてもらい、車に乗せましょう。しかし旦那さんしか運転できない場合などもあるので、そこは行先などを考慮して電車やバスでの移動にしてみてください。普段と違う交通手段を使うだけで、見る場所などもかなり変わってきます。二人の思い出の場所に行って、当時のことを振り返ってみるのもまた新鮮です。

好きなアーティストのコンサートに突然連れて行く


サプライズなしで誕生祝いが終わったと見せかけて、突然「今日は○○に行くよ」と連れ出して旦那さんの好きなアーティストのコンサートに行くという演出も楽しめます。これは誕生日とコンサートの日程が空きすぎていると難しいので、いろいろ調べてタイミングが合えばやってみてください。どこへ行くかはコンサート会場まで伝えず、もうすぐ着くという所で「あれ、今日○○のコンサートやってるんだ。」とあたかも知らないフリをしながらコンサートグッズのTシャツやタオルを突然渡し、「こんな所にチケットが2枚ある!」と驚いたフリをしてください。旦那さんはもっと驚いて感激しているはずです。移動中気づかれてしまう場合もありますが、最近ちゃんとお祝いできていなかったという人ほどサプライズは成功するので、ぜひ試してみてください。

赤ちゃんの頃から今までの写真をなるべくたくさん集めて部屋中に飾る


これは誕生日前日の夜中などにセッティングしておくとよいでしょう。旦那さんの実家に行く機会があれば、事前に旦那さんの小さな頃からの写真を集めておいてください。誕生日前日の旦那さんが眠りについた後や、当日仕事に行っている間にその写真を部屋中に飾りましょう。可愛いマスキングテープで飾ったり、木製の洗濯バサミに紐を通して写真を挟んだりして、年齢のメモを添えながら旦那さんの成長していく姿が目に見えるように飾り付けしてください。子ども達にとっても、自分のお父さんの赤ちゃんの頃から子ども時代、学生時代などをどのように過ごしていたかは興味深いことです。子ども達と飾りつけをしながら、「お父さん子どもの頃可愛いね。」「こんなことしてたんだね。」などと話すのもまた楽しいです。そして帰宅した旦那さんをみんなで出迎えましょう。自分の写真で飾り付けられた部屋を見て旦那さんは驚いたり恥ずかしがったりと、様々な反応を見せてくれるでしょう。そんな中、家族で普段の感謝の気持ちを伝えると旦那さんの目に涙が…なんてこともあるかもしれません。

いかがでしたでしょうか。
「いい歳して誕生日なんて祝わない。」と思っている方もいるかもしれませんが、誰かの誕生日を祝うということは「あなたが生まれてきてくれてよかった。あなたに出会えたことに感謝しています。」という気持ちを伝える機会でもあります。もうずっとお祝いなんてしていない、普段ケンカばかりでろくに話もできていないという方にこそ、旦那さんの誕生日祝いをしてもらいたいです。そしてそのような方達こそ、サプライズがうまくいくでしょう。旦那さんの誕生日祝いをすることで夫婦仲を良くするきっかけにもなりますし、お互いのことを見つめ直すよい機会になるはずです。ただ、自分が旦那さんの誕生日を盛大に祝ったからといって、自分の誕生日に多大な期待をするのは控えましょう。サプライズ好きでマメな旦那さんなら期待できるでしょうが、そのような旦那さんばかりではありませんよね。期待してしまうと、もし自分の誕生日に何もなかった場合「あなたの時はあんなに頑張ったのに!」とケンカになりかねません。あくまでも純粋に旦那さんの誕生日をお祝いしたいという気持ちで企画することが大切です。嬉しいことを夫婦で分かち合える、そんな誕生日にしたいですね。

まとめ

40歳の誕生日を迎える旦那を涙させるサプライズバースデー5案

・家族みんなで忘れたフリをする
・家族や友人からのビデオレター入りDVDを渡す
・行先を告げずに温泉などに連れて行く
・好きなアーティストのコンサートに突然連れて行く
・赤ちゃんの頃から今までの写真をなるべくたくさん集めて部屋中に飾る

 

彩~Sai~