第一印象がイマイチな30代女性に共通する7つの要改善点

第一印象がイマイチな30代女性に共通する7つの要改善点

会社関係や子供の学校・幼稚園関係、友人の紹介等、初めての方と会う機会は割と多くありますね。でも、人見知りで初めての人と会う事やコミュニケーションをとるのが苦手だという人は多いと思います。自分から話しかけることはもちろん、話しかけられても簡単な返事をすることだけで精いっぱいという人もいるのではないでしょうか。ですが、初めて会った時に持つイメージ、第一印象の影響は意外に大きく、第一印象が悪ければその人との今後の関係はマイナスからのスタートとなり、逆に第一印象が良ければコミュニケーションがとりやすくなり、良好な人間関係を築くことができます。第一印象だけで今後の人間関係を左右されるなんて、もったいないですよね。ここでは劇的にイメージアップできる、第一印象がよくなるポイントを紹介します。



 

第一印象がイマイチな30代女性に
共通する7つの要改善点

清潔感を心がける


初対面の人と会う時に一番大切なポイントです。どんなに顔立ちがきれいでも清潔感がなければ台無しになってしまいます。
服装、メイク、髪の毛などチェックするポイントはいろいろありますが、共通して言えることは決して華美でなくていいので、最低限の手入れをすることが大切だということです。せっかくきれいな洋服を着ていても襟元や袖口が汚れていたり、しわしわになっている、眉が手入れされていない、伸びすぎた爪、あまりにゴージャスすぎる髪型や明るすぎる髪色、これではとても残念な印象になってしまいます。身だしなみを整えて、相手を不快にさせない心遣いが大切です。

健康的に見えるようにする 


明るく元気なイメージの人は周囲の人も元気にしてくれそうで、とても印象がいいですね。パッと見た時に顔色がいいととても健康的に見えます。女性はメイクという方法があるので、自分に合ったファンデーションや明るい色の口紅やチークをいれるのも効果的です。表情が明るい、姿勢がいい人も好印象です。猫背気味の人は普段から背筋を伸ばすように、大切な約束がある前日はしっかりを睡眠をとってお肌の調子を整える、第一印象をよくするためには日頃の心がけも必要です。

自分から挨拶をする


挨拶は人づきあいの基本ですが、もしあなたが人見知りだったら、初対面の人に自分から声をかけるのはとても勇気がいることだと思います。でも、第一印象を良くするためには一歩踏み出して、自分から挨拶をしてみましょう。「こんにちは」「はじめまして」たったそれだけのことで、きちんと挨拶をしてくれる人だなという好印象を持ってもらえるなら、頑張ってみる価値有りですね。

笑顔を見せる


せっかく挨拶をしても、表情が強張っていたら、怒っているのかな?機嫌が悪いのかな?と思われてしまいます。女優さんのように華やかな笑顔である必要はありません。いつもより少し目を開いて口元を少し緩めるだけでとても柔らかい表情になります。笑顔を意識しすぎて無理に笑うと逆に印象が悪くなってしまうので、時々鏡を見て口角を上げてみたり、自然な笑顔の練習をしてみるのもいいですよ。相手に会えて嬉しいという気持ちで接すれば、意識しなくても自然と笑顔になれるでしょう。

目を見て話す


人と話をする時は相手の目を見るということは、子どものころから言われてきた人との関わり方の基本中の基本です。でも、恥ずかしがり屋の人にとってはこれがなかなか難しいんですよね。相手の目を見ようとしても目が合うと思わず逸らせてしまう…。気持ちはわかりますが、キョロキョロしたり人の目を見ようとしなかったりすると挙動不審なイメージを与えてしまいます。できるだけ相手の目をしっかりとみて、どうしても視線を外すときは横ではなく下に視線を移してください。目があった瞬間に横に視線を外されると避けられたという嫌な印象ですが、下だと恥ずかしがっているような印象になるので、特に相手が男性の場合は効果的です。

声のトーンを高くする


声質の高い低いはありますが、声のトーンは意識して変えられます。みんな子どもの頃経験があると思いますが、たった今自分を怒っていたはずのお母さんが電話に出た時に急に声が高くなる、アレです。いつもの地声より半音でも高くすることを意識して話しましょう。声のトーンが暗いと、その人そのものが暗い性格のようなイメージになりますが、逆に声のトーンが明るいと元気な印象を与えます。また、小さすぎる声でボソボソと話すのもNGです。明るいハリのある声で話すように心がけましょう。

上手に会話をする


上手な会話のテクニックとして、相手の言葉を反復するというものがあります。例えば、「私はリンゴが好きです。」と相手が言った場合、「そうなんですか」と返すのではなく、「リンゴが好きなんですね」と答えるようにすると、相手の言葉を肯定している印象になります。また、タイミングのいい相槌も大切です。もし相手の質問の答えを考えているとしても、無言でいては「あれ、聞こえてなかったのかな」と思わせてしまうので、まずはしっかり反応をしましょう。相手の名前をすぐに憶えて会話の中で使用したり、相手の言いたいことをなるべく早く察して共感すると、この人とは話しやすいな、話が合うな、と好印象を与えられます。

 

いかがでしたか。

会話を上手にするには少しテクニックがいるかもしれませんが、そのほかの事は小さいころから親や先生に言われてきた基本的なことを実行するだけで第一印象は格段にアップします。相手の気持ちを思いやって心地よく過ごしてもらおうという気持ちや、会うことを楽しみにし、自分もその場を楽しいと感じることができれば、自然と第一印象は良くなるものです。少しの心がけと、緊張しすぎず自然体でいること、あまり難しく考えすぎずにあなたの人とのつながりを広げ、良い物にしていきましょう。

まとめ

第一印象がイマイチな30代女性に共通する7つの要改善点

・清潔感を心がける
・健康的に見えるようにする
・自分から挨拶をする
・笑顔を見せる
・目を見て話す
・声のトーンを高くする
・上手に会話をする

 

彩~Sai~