毎日摂取して健康に★中性脂肪を着々と減らす7つの食材

毎日摂取して健康に★中性脂肪を着々と減らす7つの食材

中性脂肪とは、人間の体を動かすエネルギー源となる物質で、生命維持活動に利用されたり、使い切れなかったエネルギーは皮下脂肪となって、内臓を守る・体温を維持する等の役割があるため、ある程度の中性脂肪は必要です。ですが、不要な中性脂肪はLDLコレステロールを増加させ、血管の壁にへばりついて動脈硬化や脳卒中などの病気を引き起こしたり、贅肉になったりと、美容と健康を気にする女性にとっては大敵です。中性脂肪を減らすためには食生活の改善と適度な運動が必要になりますが、食事の量を減らしたり、運動もしているのになかなか中性脂肪が減らないとお悩みの方は、食事内容に問題があるのかもしれません。中性脂肪を効果的に減らすためには、食事量とともに食材選びにもポイントがあります。ここでは、効果的に中性脂肪を減らす食材をご紹介します。



 

毎日摂取して健康に★
中性脂肪を着々と減らす7つの食材

 

血液さらさら効果抜群 青魚


中性脂肪を減らす食材の代表選手と言えばやっぱり青魚。サバ・イワシ・サンマ等の青魚に豊富に含まれるEPA・DHAには、LDLコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。特にEPAは血液の流れをよくしたり、中性脂肪を減らす効果の高い成分ですが、魚の脂分に多く含まれるため、焼き魚にしてしまうとポタポタと垂れる油とともに流れ出してしまいます。EPAをより多く摂取するためには、新鮮な刺身や、煮汁ごと摂取できる煮魚で食べるのがおススメです。

美味しく食べて健康になれる りんご


りんごに含まれるりんごポリフェノールにも中性脂肪を減らす効果があります。また、りんごにはペクチンという食物繊維も豊富に含まれていて、このペクチンはヒトの消化酵素によって消化吸収されることがなく、コレステロールの吸収を抑制したり、ブドウ糖の吸収を穏やかにする働きがあります。りんごはお菓子等の加熱したものやジュース等様々な形状で摂取することができますが、食物繊維やビタミンの量は生の方が多いため、そのまま食べるほうが効果的です。ポリフェノールは果肉にも多く含まれますが、皮の部分に多く含まれるため、よりたくさん摂取したい方は皮つきで食べましょう。

美容にも嬉しい 柑橘類


柑橘類の皮に含まれるヘスペリジンという成分には、血流を改善する効果があり、中性脂肪を減らす効果があるトクホ飲料にも含まれています。皮に含まれるため、マーマレードや柚茶などで皮ごと取るようにしましょう。柑橘類の中でもみかんは手軽の食べられるので特におススメです。みかんにはビタミンPとペクチンが多く含まれ、ビタミンPには脂質の分解を抑えて血液中に脂肪が流れ出すのを防ぐ働きがあります。また、みかんを1日2個食べれば1日分のビタミンが取れると言われるほどビタミンCが豊富に含まれているので、美容にも効果的です。

運動効果をUPする 唐辛子


唐辛子に含まれるカプサイシンには、脂肪分解を促進する効果があります。中性脂肪を減らすために有酸素運動を取り入れている方は、運動の30分程前に摂取すると効果的です。ただし、唐辛子は刺激物で毒性もあるので取りすぎは禁物。1回の摂取量は粉末の唐辛子で小さじ4分の1、鷹の爪なら一本程度にしましょう。

健康成分たっぷり 海藻


海藻に含まれるヨードという成分は、脂肪や糖分の代謝を促進させ、中性脂肪を減らし血糖値を下げる働きがあります。他にも血液サラサラ効果の高いアルギン酸やカリウム・アミノ酸・食物繊維等、体にいい成分がたくさん入っています。意識して取らなければなかなか食べることが少ないかもしれませんが、みそ汁に必ずわかめを入れる、炊き込みご飯の具にひじきを入れるなど、普段の食事に少しプラスして習慣にしていくといいでしょう。

食物繊維たっぷり きのこ類


きのこ類は食物繊維が豊富で、マイタケに含まれるX-フラクション、しいたけに含まれるエリタデニンという成分には中性脂肪やコレステロールを減らす作用があります。その他のきのこ類にも中性脂肪を減らす成分が含まれていますが、特におススメなのはしいたけ。マイタケやしめじで効果を得ようとすると1日1パックの量が必要と言われていますが、しいたけなら1日3~4個で効果が得られます。また、しいたけには脂肪や糖分の代謝促進に役立つナイアシンやビタミンB群も豊富です。きのこにはうまみ成分も豊富なので、いろんなお料理に上手に活用してみてください。

色々な食べ方で美味しい キャベツ


キャベツは野菜の中でも食物繊維が豊富で、生のままサラダにしたり、野菜炒め、煮物にしても甘くて美味しく取り入れやすい食材です。おススメな食べ方は野菜炒め。油で炒めるのに大丈夫なの?と思うかもしれませんが、炒め油をLDLコレステロールを下げる働きのあるオリーブオイルに替えることで問題解決です。一緒に炒める食材に、きのこや血液サラサラ成分を含む玉ねぎ、食物繊維が豊富な根菜類など、いろんな種類の野菜をたくさん使いましょう。

いかがでしたか。

中性脂肪を減らす食材はまだまだたくさんありますが、ほとんどの食材に共通して言えることは食物繊維が豊富なこと、煮汁ごと摂取できる煮物や汁物にして食べるといいこと。摂取カロリーを減らすためにヘルシーな和食中心の食生活にするとさらに効果的です。りんごやみかんなどの甘い物に中性脂肪を減らす働きがあることも嬉しいですね。果物を夜に食べると中性脂肪が増えやすいので、朝食後や日中のおやつがおススメです。色々な食材をバランスよく取り入れ、効果的に中性脂肪を減らして健康になりましょう。

まとめ

毎日摂取して健康に★中性脂肪を着々と減らす7つの食材

・青魚
・りんご
・みかん
・唐辛子
・海藻
・きのこ類
・キャベツ

 

彩~Sai~