うるさい隣人と上手に賢く付き合う7つの処世術

うるさい隣人と上手に賢く付き合う7つの処世術

皆さんはご近所さんと上手くお付き合いされてますか?周りには、うるさい隣人さんはいませんか?

近年、ご近所さんとの関わりがどんどん少なくなってきて、隣にどんな人が住んでいるのかさえわからない時代です。

そんな中、様々なご近所トラブルが問題になっています。ご近所トラブルが事件に発展することもめずらしくありません。中には、理解しがたい常識外れのうるさい隣人さんが一方的にトラブルをおこすこともあります。

しかし、多くのご近所トラブルは、ちょっとした気配りで避けられるものです。一度トラブルになってしまうと、同じ場所に住み続けるのは居心地が悪く生活しづらくなってしまいます。

家は癒される場所であるべきです。面倒なご近所トラブルにまきこまれたら大変です。今回は、うるさい隣人と上手に賢く付き合う7つの処世術を紹介します。 続きを読む・・・

モラハラ男が苦手とする女性に共通する7つのふるまい

モラハラ男が苦手とする女性に共通する7つのふるまい

最近はドラマにも度々登場するモラハラ男。テレビで見てるだけでも怖いのに、自分がモラハラ男に係わることになってしまったらどうしましょう?想像するだけで恐ろしいですよね。

モラハラ男は最初は優しく寛容で、付き合ったり、結婚後に豹変することが多く、モラハラが酷くなるまで分からないことが多いのです。

モラハラ男には何も通じない、逃げることが出来ない気がしますが、苦手な女性のタイプがあるのです。それを知っておけばいざという時に、モラハラ男に苦しめられることが回避出来そうです。

モラハラ男に支配されることのないよう、モラハラ男が苦手とするふるまいをご紹介しますので、是非モラハラ男対策に役立てて下さい。 続きを読む・・・

派遣社員は誤解している?!正社員の辛い7つの現実

派遣社員は誤解している?!正社員の辛い7つの現実

働く女性の数は近年増加しています。正社員、契約社員、派遣、パートと仕事のスタイルはさまざまです。

中には正社員を希望していたけれどもダメだった…、という人もいるかもしれません。

一般的に正社員は、派遣や契約社員と比べると「契約期間がない終身雇用」「賞与や昇給などの恩恵が受けられる」「有給休暇がもらえる」「福利厚生が手厚い」など、メリットが多くあるように思われがちです。

定年まで働くことを考えると、断然正社員の方がお得なように感じられますが、実際には良い面ばかりではありません。メリットがあれば必ずデメリットがあるのです。

そこで今回は、派遣社員は誤解している?!正社員の辛い7つの現実をご紹介いたします。 続きを読む・・・

パートナーの寝起きの口臭がひどいとわからせる5つのしぐさ

パートナーの寝起きの口臭がひどいとわからせる5つのしぐさ

寝起きのひどい口臭は百年の恋が冷めてしまうほど嫌なものです。でも、なかなか「口臭がひどいんだけど」と面と向かって言えません。相手が今までも、これからも一緒に歩んでいくパートナーとなればなおさらです。

特に寝起きは、寝ている間に口が乾燥し菌が繁殖しているので口臭がひどくなってしまうのです。そんなことを本人は気づいているはずもなく、寝起きのキスなんてしてこようものなら、思わず口を押さえたくなってしまいますよね。

自分で気づいて口臭対策をしてくれるのが一番ですが、口臭は自分では分かりづらいものなので、期待は出来そうもありません。では、相手を傷つけず分かってもらうには、どうしたら良いのでしょう。

言葉ではなく、自然なしぐさで伝えられたら良いと思いませんか?この方法ならパートナーとの関係が悪くならずに、問題が解決出来そうです。今回は「寝起きの口臭がひどいよ。」と分かってもらえるしぐさを5つ紹介します。 続きを読む・・・

パワハラの有罪判例から学ぶ気を付けたい7つの言動

パワハラの有罪判例から学ぶ気を付けたい7つの言動

パワハラと聞いて多くの人が思い浮かべやすいのは、上司が部下に執拗に叱責をし、部下が精神的な屈辱を受けるという状況ではないでしょうか。

実際にそのような判例も多く、また告訴までしなくてもそのような状況になった事がある、聞いた事があるという事例も数多いと思います。

言い方が多少乱暴であっても、業務内容から外れていなければパワハラとは言えないとされることもあり、また乱暴な言葉も1度きりではなく何度も何度も繰り返されるような事があればパワハラに該当することもあります。

こういった叱責・侮辱・脅迫により身体的な傷がなくても精神的な障害を患うことも少なくありません。

今日は指導のつもりで行った言動がパワハラと受け取られていないか、また身近で見た対応がパワハラなのではないかと疑問を持っている方へ、どんな発言や行動がパワハラと認められるのかについての判例をご紹介致します。 続きを読む・・・