隣のあの子は?ボーナスの使い道9つの代表例

隣のあの子は?ボーナスの使い道9つの代表例

もうすぐボーナス!という時期なると、ウキウキしてきますよね。何に使おうかと使い道を考える時期が、一番楽しいかもしれません。でも職場のみんなは、何に使うのだろうと気になった事はないでしょうか。
ボーナスの額は、景気や会社の業績によって左右されます。ボーナスの額に一喜一憂するのではなく、支給されたボーナスを意味あるものに使うことを考える方が、より有意義ではないでしょうか。家族構成や年齢でボーナスの使い道が違ってきますが、一般的にボーナスは、お給料と違ってご褒美という感覚になる傾向があります。ボーナスの使い道を事前に考えず、気が付けばボーナスを何に使ったか分からないけど底を付いていたという経験がある人も多いのではないでしょうか。
今日は、代表的なボーナスの使い道をご紹介します。あなたはどんな使い道を選びますか。



 

隣のあの子は?ボーナスの使い道
9つの代表例

 

貯金をする


ボーナスを貯金に回す人がとても多く、働く女性の80%以上の人が貯金するという統計結果もあります。ボーナスで貯金する人の割合は年代に関係なく多いのですが、30代や40代より20代の方が、ボーナスの使い道の中で、貯金が占める割合が大きい傾向にあります。これは、30歳以上になってくると、ある程度の貯蓄額がすでにあったり、家族の為に使ったりする事が多くなるからです。
まずは堅実にボーナスの一定額を将来の楽しみや将来に対する不安感の払拭のために貯金してみるのはいかがでしょうか。

旅行をする


ボーナスを旅行やレジャーに使う人も多くいます。毎年、海外旅行をボーナスで行くと決めている人もいれば、子どもの夏休みに温泉旅行やキャンプに行く費用に充てる人もいます。楽しい思い出作りをする為の費用になるので、満足度の高いボーナスの使い道の一つです。
普段仕事を頑張っている自分や家族へのご褒美として、ボーナスで旅行に行くのはいかがでしょうか。

趣味やファッションに使う


洋服やアクセサリー、趣味など、自分の好きな事に使うというのも、ボーナスの使い道としては、毎回上位に上がってきます。ボーナスが出るまでに、洋服やアクセサリー、鞄や靴などを探しにウィンドウショッピングしておき、これ!と思うものを見つけるのも楽しい時間ですよね。
また、ゴルフやダイビングなど、道具にお金のかかる趣味を持っている人は、ボーナスで道具などを買い揃えたりする人も多くいます。自分へのご褒美感覚の使い方なので、ボーナスを使った後も物が手元に残り満足度の高い使い道になります。

自分磨きに使う


趣味やファッションと同様に、エステやスキルアップなど自分磨きに使い人も多くいます。自分磨きをするのは、将来の自分への投資なので、使い道の満足度が高くなる傾向があります。
エステに行くと、贅沢をしているという気持ちになれますよね。たっぷり時間をかけてエステを受け綺麗になれたと感じるので、多くの女性がボーナスの使い方としてエステを選びます。
また、30代、40代の方は、ファッションや外見ではなく、内面を磨こうと考える人が増え、スキルアップの為に語学の勉強したり、資格を取得したりする人が多くいます。教材や受講料などが高くて諦めていた場合にも、ボーナスでなら払えると一念発起して、自分を高める事ができる有意義な使い道を選択しています。

豪華な食事をする


普段ならあまり行かない高級なお店で家族や友達とディナーを食べるのを、ボーナスの使い道として決めている人もいます。また、家でちょっと豪勢なホームパーティーを開く人もいるようです。テーブルコーディネート付きのケータリングサービスなどは、金額は張るものの、手間もかからず楽しめ、贅沢な時間を過ごすことができます。
美味しい食事をするというのは、ストレスの解消にもなりますし、毎月のお給料からでは出せないような金額でも、ボーナスだからご褒美!と思う事で、思い切って特別な時間を過ごすためにボーナスを使えるのではないでしょうか。

家電製品を買い替える


ボーナスで家電製品を買い替えた事がある人は、多いのではないでしょうか。家電製品はどれも結構な金額になるので、毎月のお給料で購入するのは勇気がいるものです。壊れてしまったのなら、すぐに買い替える必要がありますが、調子が悪い程度ならボーナスまで我慢しようとなりますよね。
また、調子が悪い訳ではなくても、良い製品が出ていたら欲しい!と思ってしまう場合もありますよね。いますぐに必要なものではないけど、欲しいという欲望を満たすためにボーナスを使うのもいいのではないでしょうか。

両親や家族に贈り物をする


初めてお給料を貰ったときや、ボーナスを貰ったときに、ご両親にお金やプレゼントを贈った覚えはないでしょうか。その後もボーナスが出たら両親に旅行をプレゼントしたり、食事に誘ったりしているという人が、女性には多く見られます。いつまでもご両親への感謝の気持ちを忘れないというのは、大変素晴らしい事です。また、ご両親だけではなく、いつもの感謝の気持ちとして家族へ贈り物をするのもいいボーナスの使い道ですね。

生活費へ充填


生活費に赤字が続いたときなどには、毎月の生活費に回す人も少なからずいます。浪費をしている訳ではなくても、子供が大きくなって習い事など始めると、教育費が家計を圧迫する事はあり、また突然の家族の病気などで、急な出費が必要となるときもあるかもしれません。生活費が赤字にならないようにしたいところですが、やむを得ない場合に生じた生活費の赤字をボーナスで補填することも現実としてよくあることです。ただ、生活費の赤字が続く状態は決してよくないので、早めに対策を練ることもお忘れなく。

ローンの支払いに回す


住宅や車、その他大きな出費になるものをボーナス払いにしている方も多く見受けられます。毎月のお給料から支払う分が少しでも楽になるようにと、ボーナス払いを選択しているのでしょうが、あまり高い金額に設定していると、業績悪化などによりボーナスが減ったときに払えないという事になってしまいますので、ボーナス払いをする場合の金額設定には注意が必要です。

 

いかがでしたでしょうか。
女性のボーナスの使い道について、代表的なものがわかって頂けたでしょうか。ボーナスの多寡に関わらず、何に使ったか忘れてしまうような使い方ではなく、使った後に満足度の高いボーナスの使い道を選びたいものです。頑張った自分にご褒美をあげる、いまの自分を磨く、将来の自分のために投資する、自分だけではなく周りの人たちのために使う。色々なボーナスの使い道がありますが、ボーナスの使い道を考える上で大切なのは、使った後にこういうボーナスの使い道をしてよかったと思えることです。そうする事で、また仕事を頑張ろうという意気込みが出るはず。今日ご紹介した女性のボーナスの使い道の代表を参考に、有意義なボーナスの使い道を探して下さいね。

まとめ

隣のあの子は?ボーナスの使い道9つの代表例

・貯金をする
・旅行をする
・趣味やファッションに使う
・自分磨きに使う
・豪華な食事をする
・家電製品を買い替える
・両親や家族へ贈り物をする
・生活費へ充填する
・ローンの支払いに回す

彩~Sai~