アレルギーによる鼻炎を1ヶ月で克服する9つの体質改善術

アレルギーによる鼻炎を1ヶ月で克服する9つの体質改善術

かぜでもないのに突然くしゃみや鼻水が出たり、鼻がつまったりしだしたら、それはもしかするとアレルギーによる鼻炎かもしれません。実に日本人の約40%もの人がアレルギー性鼻炎に悩んでいるそうです。アレルギー性鼻炎には、その原因物質によって花粉症のような一定の季節に限って症状が出る「季節性」のものもあれば、ダニやほこりなどの原因により一年中症状が出る「通年性」のものもあります。

毎朝きちんとメイクをしているのにくしゃみ対策のためにマスクをして外出すると、せっかくのメイクも落ちてしまいます。また、鼻をかんでばかりいると鼻の下が真っ赤にただれてしまいお化粧のりも悪くなりますし、鼻がつまると頭がボーっとしてきて集中力も低下したりと、ほんと憂鬱な気分になってしまいますよね。

そんなアレルギーによる鼻炎を克服するのに病院に通うのもいいのですが、「薬はちょっと・・・」と、思われる人は体質改善をするというのはいかがでしょうか。

今日はアレルギーによる鼻炎を体質改善により克服する方法をお伝えします。 



 

アレルギーによる鼻炎を1ヶ月で克服する 
9つの体質改善術

 

 アレルギーの原因を除去・回避する


アレルギーによる鼻炎は抗原(アレルギーの原因)が体内に入ってきたときにアレルギー反応が起きることから発症します。まずは、体内に入る抗原の量を減らすことから取りかかりましょう。

ハウスダストによるアレルギーの人は、掃除機を頻繁にかけたり、家の通気をできるだけよくしましょう。スギ花粉によるアレルギーの人は、花粉情報に注意し、飛散の多い時期は外出を控え、窓や戸も閉めましょう。また、洗濯物も室内に干すなど、花粉に接触しないように心がけましょう。ペットによるアレルギーの人は、ペットを屋外で飼い、寝室に入れないようにしましょう。また床をカーペットではなく、フローリングにするのも効果的です。

室内の湿度や温度などの環境に気を配る


せっかくアレルギーの原因を除去しても、抗原がまたどんどん作られてしまっては身もふたもありません。抗原が作られにくい環境を作ることは体質改善を始めるための前準備です。ハウスダストの悪玉であるダニが最も繁殖しにくい湿度は50%、室温は20~25度と言われています。加湿器やエアコンなどを利用して室内を適正湿度、適正温度に保ちましょう。また、空気清浄機を部屋に置くこともとても効果的です。

アレルギー性鼻炎に効く食べ物を食べる


体質改善をする前準備が整いましたら、まずは毎日の食生活の見直しから始めましょう。食事は、ビタミンやミネラルを多く含んだものを積極的に摂りましょう。海藻類、魚類(青魚)、穀類、いも類、根菜類、発酵食品(味噌、ヨーグルトなど)、乾物類(切干大根や昆布など)などは、とても有効です。料理に使う油もサラダ油は避け、高温になっても酸化しにくいキャノーラ油やオリーブオイルを使用しましょう。また、外食をするならハンバーグやウィンナーなどの洋食より、魚や煮物などの和食がお勧めです。

鼻炎によくない食べ物に注意しよう


アレルギー性鼻炎に「良い食品」だけでなく、「悪い食品」についてもしっかり理解しておけば、怖いもの知らずですね。マヨネーズやバター、加工食品(ハム、ソーセージ)、レトルト食品、インスタント食品、冷たい飲み物、アルコール、食品添加物、唐辛子、こしょうなどの刺激物は、鼻汁を多くしたり鼻を詰まらせやすくします。全部取り除くことは無理でしょうが、食べるときに少し意識をするだけでも体質改善の第一歩につながります。

運動をして体に抵抗力をつける


アレルギーは、体の免疫力・抵抗力の低下や異常によって過剰反応が起きた結果、発症すると考えられています。体の免疫力を上げるために乾布摩擦や水泳などの運動をすることをお勧めします。特に乾布摩擦は続けることで皮膚も強くなり、また風邪も引かず、病気にかかりにくい健康体を作ることもできるので、一石二鳥ですね。

たばこの煙に近づかない


アレルギー症状を悪化させるものとして、意外と知られていないのが、たばこです。たばこの煙は、鼻の粘膜の刺激になり、鼻炎の症状を悪化させる原因となります。更にたばこは、含まれた化学物質を周囲に広め、長期間空中に浮遊しますので、たばこを吸う本人のみならず、その周辺にいる人の衣服や皮膚にも残留しますので、注意が必要です。アレルギーを持つ人は、たばこのそばに近づかないよう心がけましょう。

サプリメントや漢方薬をうまく活用する


アレルギー性鼻炎は、体の腸内細菌=善玉菌を増やすことで免疫力が高まり、症状を和らげ改善することができます。腸内細菌を育てるのに一番大切なことは、「バランスのとれた食事を取ること」ですが、そうは言っても毎日忙しく時間がない時は、どうしても食事だけではカバーしきれない部分が出てきてしまうかもしれません。そんな時は、乳酸菌やビフィズス菌などのサプリメントを上手に使って足りない栄養素をサポートしましょう。また、漢方薬を処方してもらい根本的な体質改善を図ることも有効的です。

睡眠をしっかり取る


アレルギー性鼻炎の症状がひどくなると、夜中に鼻をかむために起きたり、鼻が詰まって眠れなかったりと、十分に睡眠を取ることができなくなります。さらに十分に睡眠が取れないと今度は症状が悪化するため、ここで悪循環が生まれてきます。入眠前に温かい濡れタオルで鼻を覆ったり、「加湿ぬれマスク」をして寝るなど、保湿に気を配り夜しっかり眠れるように心がけましょう。

ストレスをためない


仕事に育児、人間関係などで日常ストレスをため込んでしまうと、イライラしたり落ち込んだりと心身ともに疲れてしまい、免疫力の低下につながっていきます。そんなときは映画や買い物、旅行などの気分転換をしてみてはいかがでしょうか。またマッサージや温泉などリラクゼーションも効果的です。毎日のストレスから解放し、自分を労わる時間を設けましょう。

 

いかがでしたでしょうか。 

体質改善は一見、難しいイメージがあり、また即効性がなく長期にかかる面倒くさいものと思われるかも知れません。しかし、考え方を変えると、体質を変えて、自分の体を鍛え、内面からきれいにすることは、実は健康への「一番の近道」なのです。慌てず、急がず、まずは自分のできることから一つ一つ無理なく始めていけば、あなたのアレルギーによる鼻炎の症状も確実に和らいでくることでしょう。今日、紹介しましたこの記事から、あなたのアレルギーによる鼻炎を克服するための体質改善の第一歩がスタートです。 

まとめ

アレルギーによる鼻炎を1ヶ月で克服する9つの体質改善術

・アレルギーの原因を除去・回避する
・室内の湿度や温度などの環境に気を配る
・アレルギー性鼻炎に効く食べ物を食べる
・鼻炎によくない食べ物に注意しよう
・運動をして体に抵抗力をつける
・たばこの煙に近づかない
・サプリメントや漢方薬をうまく活用する
・睡眠をしっかり取る
・ストレスをためない

彩~Sai~