40代の女性が確実に転職できる5つの面接攻略法☆

40代の女性が確実に転職できる5つの面接攻略法☆

40代になり仕事も一人前にこなせるようになったり、または子育てが少し落ち着いてくると、今までとは違う新しい仕事にチャレンジしてみたいと、転職を考える方がいます。しかし転職と簡単に言っても自分の年齢を考えると「大丈夫かな…」と不安を抱くものです。40代での転職、そう何度も経験したくない、だからこそ絶対失敗したくないですよね。
今日はそんな転職希望を抱く40代女性のために面接をどうやって勝ち抜いていくかのカギをお教えします。面接前にぜひとも参考にしてください。



 

40代の女性が確実に
転職できる5つの面接攻略法☆

 

履歴書は単なる時系列レベルで仕上げる


転職活動において応募した会社にあなたよりも先に訪問して面接されるのは誰でしょう。そう、履歴書です。履歴書は後で述べます職務経歴書と共に書面にて面接される言わば「第一次面接」です。履歴書の段階からすでに面接は始まっているのだと意識しましょう。最近ではパソコンで履歴書を記入する方法も増えてきていますが、中には手書きの履歴書を求める企業もまだまだいます。いずれの場合においても誤字・脱字がないよう、きっちり丁寧に作成するように心がけましょう。また40代での転職は履歴書よりも職務経歴書の内容の方が重要となります。履歴書はあくまでも今までの経歴の時系列を順序立てて書き下ろす程度で済ませてしまっても大丈夫です。

職務経歴書で転職の成功の是非が決まる


履歴書と一緒にぜひ作成してほしいものが職務経歴書です。職務経歴書はあなたが今までどんな会社で何をしてきたのかをアピールするための書類です。これは手を抜かずしっかり書くようにしましょう。ポイントは要点を絞って一点集中型で書くことです。40代にもなると何社かの勤めを経験している方も少なくないかと思いますし、また同じ会社にずっと勤めていたとしても職種を変えている方もいらっしゃることでしょう。色々な経験をしているので、ついついそれらを全部書きたくなってしまいがちですが、「色々な経験をしている=会社が欲しいと思う人材」ではないということを認識してください。会社にとって「欲しいと思う人材」は会社が募集している仕事内容ができる人材です。まずは募集している人材の仕事内容をきちんと把握し、自分の経歴のどの部分がその仕事内容にかぶっているのかを確認しましょう。
確認ができましたら、その部分を細かく職務経歴書にて説明し、あなたが今回募集をしている人材に最適な人間であることを書面上でアピールしましょう。これさえきちんと押さえていれば、他の職種での経歴などはさらっと簡単に書くだけでも大丈夫です。このように職務経歴書にメリハリをつけて、読んでほしいところを確実に読んでもらえるように仕上げましょう。

志望動機についてしっかり言えるように準備


転職時の面接において100%と言っていいほど聞かれる内容が「なぜ転職しようと思ったのですか」と「なぜうちの会社に応募されたのですか」という志望動機です。
確実に聞かれる問題だとわかっているのなら、今から模範解答をきっちり用意して解答できるように準備しましょう。「なぜ転職しようと思ったのですか」という問いには「5年勤めてきて、一通り仕事が回せるようになったので、この経験を生かして更にキャリアアップにチャレンジしたくて転職を決意しました」など、できるだけポジティブな解答ができるようにしましょう。「給料が安かったので」とか「残業が多くてつらかったので」という解答は印象が悪くなりますのでNGです。
また「なぜうちの会社に応募されたのか」という問いに答えるためには、応募した会社の業種や今回応募した仕事内容などを調べて、自分の志望動機に関連性を持たせて話を作ることをお勧めします。
例えば、ゴルフクラブを作るメーカーへの転職なら「趣味がゴルフなので、ゴルフ関連の業界に興味がありました」と言えると、相手の印象も良くなるものです。

40代ならではの自己アピールを作り上げる


40代の転職は20代や30代での転職とは異なり、前職で自分が築き上げた功績がとても重要となります。前職で具体的に何ができて評価を受けていたか、まずは自分でリストアップしてみましょう。ここで注意したいのが「具体的」にということです。面接を受けると「経理部で何でもやっていました」とか「アシスタントとして皆さんの仕事がスムーズに流れるようサポートしていました」などと話す方がいますが、これでは40代の転職を乗り越えることはできません。「具体的に」何をしていたかを名詞や数字を用いて説明できるよう準備しましょう。例えば「経理部で日々の銀行業務や帳簿付けはもちろん、決算の時期には会計事務所の方と連携を取り、財務諸表や申告書を作成する業務まで任されていました」とか「5人の営業のアシスタントを任されており、日々の連絡係はもちろんのこと、お客様の接待にも付いていき営業のサポートをしております」など面接官がイメージしやすいようにストーリーを作り上げましょう。
また、管理職に就いている方は部下との関係についても聞かれますので、何人ぐらいの部下を持っていて、どのようにコミュニケーションを図っていたか、部下の教育のためにどのように貢献したかなどが述べられるようしっかり準備しましょう。

やる気をアピールするのはやめましょう


面接を受ける際にぜひとも覚えておいてもらいたいことが、「やる気をアピールするのはやめましょう」です。20代や30代での転職では「やる気だけが取り柄です」とか「真面目にがんばります」は自己アピールとして通用していたものの、40代の転職においては、これはかえってマイナスとして評価されてしまいます。会社は40代のあなたに「やる気」を求めているのではなく、会社にとって即戦力になるスキルや技術を求めているということをしっかり念頭に入れて面接に臨みましょう。

 

いかがでしたでしょうか。
40代の転職における面接の攻略がイメージついたでしょうか。面接はしっかりとテクニックさえ身につけておけば、怖いことはなく、かえってあなたの自信につながる強い味方となります。下準備をやればやるほど、あなたの実力もアップし、どんな面接でも落ち着いて自分のアピールができるようになります。今日お話ししたポイントを参考に40代で輝かしい転職を実現させてください。

まとめ

40代の女性が確実に転職できる5つの面接攻略法☆

・履歴書は単なる時系列レベルで仕上げる
・職務経歴書で転職の成功の是非が決まる
・志望動機についてしっかり言えるように準備
・40代ならではの自己アピールを作り上げる
・やる気をアピールするのはやめましょう

彩~Sai~